2018年06月22日

mar0006.gif野党共同提出法案と自民党総裁選

6月14日に野党で共同提出の選択的夫婦別姓法案ですが、
マスコミの話題性はほとんどないです。
6月18日エントリでリンクした時事通信の記事も短いです。

「選択的夫婦別姓法案・野党共同提出」
「選択的夫婦別姓法案・野党共同提出(2)」

6月17日エントリでわたしは
「ささやかでもニュースになることで、
世論に思い出させることができる」と書いたけれど、
実はたいしたことがないと言えます。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:37 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 野党共同提出法案と自民党総裁選 web拍手

2018年06月21日

mar0006.gif民主党政権で実現しなかった理由(2)

6月20日エントリの続き。

2009年に民主党政権が誕生したとき、
すぐに実現するだろうと思った選択的夫婦別姓が、
結局実現しないまま終わったのはなぜなのか、
その原因について考えていきたいと思います。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:01 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 民主党政権で実現しなかった理由(2) web拍手

2018年06月20日

mar0006.gif民主党政権で実現しなかった理由

選択的夫婦別姓なんて、2009年に民主党が政権を取ったとき、
すぐに実現するだろうと思っていた、というかたです。

わたしも民主党が政権を取った直後は、そう考えていました。
当時は同じように考えていたかたも、
少なくないのではないかと思います。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:05 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 民主党政権で実現しなかった理由 web拍手

2018年06月18日

mar0006.gif野党共同提出法案と野田聖子


posted by たんぽぽ at 23:42 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 野党共同提出法案と野田聖子 web拍手

mar0006.gif選択的夫婦別姓法案・野党共同提出(2)

6月14日に野党で共同提出の選択的夫婦別姓法案は、
子どもの苗字は出生時ごとに決めることになっています。
これまで野党が共同提出してきた内容と同様です。

「野党、選択的夫婦別姓法案を提出」

時事通信の記事は短いので全文引用します。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:01 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 選択的夫婦別姓法案・野党共同提出(2) web拍手

2018年06月17日

mar0006.gif選択的夫婦別姓法案・野党共同提出

6月14日に選択的夫婦別姓法案が、
野党共同で衆議院に提出されました。

「「選択的夫婦別氏法案」を5野党1会派で衆院に提出」

立憲民主、国民民主、無所属の会、
共産、自由、社民の5野党1会派は14日、
「民法一部改正案(選択的夫婦別氏法案)」を衆院に提出しました。
同法案は個人の尊重と男女の対等な関係の構築等の観点から、
選択的夫婦別氏制を導入するものです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:32 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 選択的夫婦別姓法案・野党共同提出 web拍手

2018年06月13日

mar0006.gif戦後民法は日本解体の法律?

日本は敗戦後に民法が改正され、婚姻は結婚するふたりが
新しく家庭を作るものとされ、従来のイエ制度はなくなりました。

この新しい家族制度を定めた戦後民法を
「GHQによる日本解体のための法律」などと言う人がいます。
戦後改革による民主化によって、旧支配層が既得権を
失なったことがおもしろくない右寄りの人に
わりとよく見られる意見だと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:39 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 戦後民法は日本解体の法律? web拍手

2018年06月12日

mar0006.gif労働力不足と家族政策の転換

だいぶ前、2014年12月30日エントリで
話題にしたことですが、フランスの家族政策に
ついての記事にある、一連の家族政策の始まりに関する
つぎの指摘について見ておきたいと思います。

「フランスの家族政策(2)」
「【こんにちは!あかちゃん 第24部】少子化乗り越えた フランスから<下>家族を社会の根本に」

家族政策はいつからか。
「農業国であるフランスは、歴史的にも文化的にも家族を大事にしてきた。
第1次大戦で多くの男性が亡くなり、女性が男性の役割を担って
働かなければならなくなり、社会保障が始まった。
第2次大戦後は、その政策に家族の声が反映されるようになる。
フランスでは家族問題を民間でなく公的機関が解決すべきだという世論が強い。
家族は国家にとって基本的な根本問題と認識しているからだ」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 00:11 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 労働力不足と家族政策の転換 web拍手

2018年06月10日

mar0006.gif共産主義・全体主義の人口政策

前のエントリで、個人主義や自由主義が少子高齢化を
招くと信じているかたを取り上げました。
ご主張の通り、個人主義や自由主義を否定することで
人口が増加した社会も存在したことはあります。

それは共産主義国や全体主義国です。
これらは「国や社会のために個人がいる」という考えであり、
個人主義や自由主義を徹底的に否定します。
またこれらの政体は、人口が多いことを国力の源と考えるので、
その家族政策により人口が増えることはあります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:56 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 共産主義・全体主義の人口政策 web拍手

mar0006.gif個人主義・自由主義と人口政策

個人主義や自由主義が少子高齢化を招くと信じているかたです。
もう少し具体的には、家族やジェンダー、ライフスタイルに
おける個人主義や自由主義になるでしょう。
このような認識の人は、日本ではまだまだ多そうです。

実際には、個人主義や自由主義にもとづいた家族政策を
採用する国のほうが、出生率が高い傾向があります。
個人主義や自由主義を否定し、国や社会が特定の家族観を
個人に当てはめる社会ほど、出生率は低下する傾向があります。

「個人主義や自由主義が少子高齢化を招く」という認識は
現実とはまったく正反対ということです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 00:23 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 個人主義・自由主義と人口政策 web拍手

2018年06月06日

mar0006.gif日本社会はうまく回っていない

補助ブログの5月25日エントリでご紹介した、
「日本で女性は主体的に生きられる」と信じているかたは、
次の理由で「日本の社会はうまく回っている」とお考えです。

これを見れば、このかたの言いたいことは
「女はキャリアを持たなくても、男性と結婚して養われることで
生活が安定するから、いまの日本はよい社会だ」
ということなのかと、当然思うことになります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:49 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 日本社会はうまく回っていない web拍手

2018年06月03日

mar0006.gif説得されない選択的夫婦別姓反対派(2)

前のエントリの続き。

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)が
「自分を説得できなければ、選択的夫婦別姓の
実現はありえない」と言い出すのは、
自分が議論で劣勢になったと感じたとき、ということも
結構あるのではないかと、わたしは思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:51 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 説得されない選択的夫婦別姓反対派(2) web拍手

mar0006.gif説得されない選択的夫婦別姓反対派

6月1日エントリの続き。

「自分を説得できなければ、選択的夫婦別姓の
実現はありえない」などと言ってくる反対派(非共存派)は、
実際に説得しようとしても、そもそも不可能だと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:28 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 説得されない選択的夫婦別姓反対派 web拍手

2018年06月01日

mar0006.gif自分が理解できるように説明しろ

選択的夫婦別姓を実現したいなら、わからない人に
推進派たちは詳しく説明する必要がある、
そうでなければ、選択的夫婦別姓は実現しないぞ、
などと言う反対派(非共存派)です。

このような意見を言う人(反対派)は、わりとよくいると思います。
このかたの場合は、「選択的夫婦別姓制度について
わかっていないようなので、ご自分で調べてください」と
言われたので、このように言い返したということです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:00 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 自分が理解できるように説明しろ web拍手

2018年05月26日

mar0006.gifHPVワクチン・無料公開講座

子宮頸がんワクチンの接種について、
理解を深めてもらうための無料公開講座が、
1ヶ月ほど前の4月22日ですが、埼玉でありました。
主催は埼玉県医師会と、日本産婦人科医師会、埼玉産婦人科医師会です。

「子宮頸がんワクチン 理解深めて 無料公開講座 さいたまで22日 /埼玉」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:41 | Comment(0) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - HPVワクチン・無料公開講座 web拍手

2018年05月23日

mar0006.gif嫁を家に迎え入れる夫婦同姓?

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の中には、
「中国や韓国で夫婦別姓なのは、嫁は家に入れない
という差別意識があるから。日本は夫婦同姓なので
嫁を家に入れているから、女性を大切にしている」
という主旨のことを考える人がいます。

この意見に同調する反対派はそれなりの数いて、
反対派の中では結構人気のある意見でもあるようです。
彼らが嫌いらしい中国や韓国を否定しつつ、
日本はジェンダー平等だと現在の夫婦同姓の強制を
正当化できることが、都合がいいのかもしれないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:50 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 嫁を家に迎え入れる夫婦同姓? web拍手

2018年05月22日

mar0006.gifメインサイト開設14周年

きのう5月21日で、メインサイトの開設14周年になりました。

今年は開設記念日を覚えていました。
1日遅れたのは、きのうはブログを更新する
時間がなかっただけです。

つたないサイトで最近は更新もほとんどないですが、
いまだに閉鎖せず、細々ながらしぶとく続けています。

posted by たんぽぽ at 06:45 | Comment(0) | たんぽぽのなみだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - メインサイト開設14周年 web拍手

2018年05月20日

mar0006.gif性行為の同意を得る義務付け

昨年12月の記事ですが、わたしは最近知ったので、
いまさらながらですがご紹介します。

スウェーデンでは性行為の際に、相手の同意を得ることを
義務付ける法案が成立することになりました。
はっきりした同意がないのに性行為におよんだ場合、
強姦罪に問われる可能性があります。

「スウェーデンの男性にセックスの同意を女性から得ることを義務付けへ」
(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:15 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 性行為の同意を得る義務付け web拍手

2018年05月15日

mar0006.gifペーパー離婚した親に思うこと

夫婦別姓の家庭に育った子どもへのインタビュー記事です。
子どもに直接聞いた体験談も、すでにいくつも出ていますが、
その中でもこの記事はとくに詳しいほうだと思います。

「22歳男性が「ペーパー離婚」した親に思うこと」
(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:01 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - ペーパー離婚した親に思うこと web拍手

2018年05月13日

mar0006.gif結婚の現実に足がつかない男性

自分の個人的経験において、恋人になりきらなかった
男性の特徴について語っています。
どういう男性かというと、結婚生活に関して
異様に楽観的にかまえるかたです。
転勤と子育てに対する考えかたを具体例にあげています。

「この人は状況をリアルに想像して言ってるだろうか」と
ツイートのかたはおっしゃっています。
実際、このような楽観的な認識を持っている男性は、
現実に足がついていないだろうと、わたしは思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:01 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 結婚の現実に足がつかない男性 web拍手