2011年02月21日

toujyouka016.jpg 福祉のバランス

少子化対策、すなわち、子どもや家族のための福祉に
コストをかけない社会は、必然的に出生率が低くなるのは、
さまざまなデータが証明していることだと思います。

ところが、少子化対策と高齢者対策とのあいだで、
公的なコストの比を取った場合でも、
相対的に少子化対策のウェイトが小さい、
すなわち、高齢者対策に福祉が偏っていると
出生率が低くなる、というデータがあります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:13 | Comment(16) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 福祉のバランス web拍手