2013年06月27日

toujyouka016.jpg 国連無視の閣議決定

国連の拷問禁止委員会で第2回日本政府報告書の審査があり、
そのとき日本の刑事司法は中世並みと言われたことを、
6月9日エントリでお話したのでした。

この審査では従軍慰安婦問題に関する勧告もありました。
「政府や公人による事実の否定、元慰安婦を傷つけようとする
試みに反論するよう」というコメントもあったのでした。
ここには橋下大阪市長の「慰安婦必要」発言も意識されています。

「慰安婦中傷の阻止勧告 「法的な責任を認め、関係者を処罰する」よう 
国連委、日本政府に」

「慰安婦問題、国連委が勧告 「日本の政治家が事実否定」」
「国連委、慰安婦中傷の阻止勧告 日本政府に要求」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 国連無視の閣議決定 web拍手