2013年07月02日

toujyouka016.jpg 憲法24条の改正と家族

自民党の憲法草案は、現行憲法の24条の改定もあって、
ここに「家族」に関する条文を入れて、家族のありかたを
憲法によって規定しようとしていることは、前にお話しています

具体的には、夫婦別姓や婚外子差別の廃止の否定がねらいです。
これらは、彼らが信奉する高度経済成長期の家族像を理想とする
「家族のカチ」に合わないため、反対をしたいのでしょう。

6月13日の衆議院憲法審査会で、その24条の改定のことが
議論になったのですが、そのときの様子がつぎの記事に
書かれているので、ご紹介したいと思います。

「憲法に「家族の助け合い」を入れるべきか?自民党改憲草案に河野太郎議員が反論」
(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 憲法24条の改正と家族 web拍手