2013年12月26日

toujyouka016.jpg 親子関係の新たな法律

12月14日エントリで、性同一性障害で女性から男性になったかたが、
精子提供で妻とのあいだにできた子を嫡出子とする、
という最高裁判決が出たことをお話しました。
民法772条の父性の推定を適用したということです。

この最高裁判決を受けて、自民党法務部会が12月17日に協議を行ない、
新しく法律を整備することを決めたのでした。

「新たな親子関係、立法措置で対応検討 自民法務部会」
「新たな親子関係、法整備検討=性同一性障害の最高裁決定受けー自民」
「性同一性障害:性別変更、嫡出子認定 最高裁決定に異論噴出 自民、法整備へ」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 親子関係の新たな法律 web拍手