2008年09月25日

toujyouka016.jpg 小沢一郎所信表明

無投票だったので、9月8日にすでに決まっていましたが、
21日に小沢一郎氏が、民主党の代表に選出されました。
これにともなって、臨時党大会(代表選出集会)が行なわれました。
「新しい国民生活をつくる政権奪取へ 小沢代表の3選正式承認」
「<民主党>小沢代表が無投票3選 重点政策の3段階実現宣言」
「「日本を変えるラストチャンス」=小沢代表3選承認、衆院選へ決意−民主党大会」

メインの代表の「所信表明」はこちらです。(全文ある。)
日本がいつのまにか、主要国では、4番目の格差大国
(中国、ロシア、アメリカのつぎ)となったのは、重くのしかかっています。
ビデオを見ると、「自民党総裁は政権を投げ出すことはできても、
国民は生活を投げ出すことはできない」のところで、会場から拍手ですね。
「2008年9月臨時党大会(代表選挙集会) 代表就任挨拶及び所信表明」

 
集会全体を、映像でご覧になりたいかたは、こちらです。
来賓のかたがたのあいさつや、所信表明など、
議事ごとに分割した、動画ファイルへのリンクがあります。
集会の議長は、最年少議員の太田和美氏、鷲尾英一郎氏のおふたりですが、
太田和美さんは、こういうお声なのかと、いまさらながらはじめて聞きました。
「【代表選挙集会】録画配信のお知らせ」

来賓のかたのごあいさつですが、民主党のロゴマークの、
下の円の左下が欠けている(よーく見るとそうなってるよ)理由とか、
新党日本の田中康夫氏が、自民党の総裁選を揶揄するところとか、
なかなかおもしろいですので、ご覧になるといいと思います。

京セラの稲盛和夫氏のお声も、いまさらながらはじめて聞きました。
新人候補者に対して、有権者には「私は若くて未熟です」と語るのがよいと、
お話したくだりは、結構深刻なしゃべりかたですね。
このエントリのようすだと、会場から笑い声も出たとあって、
まじめなお話ながら、なごんだ雰囲気かと思ったけれど。)

各議事をダイジェストした内容も、テキストになっています。
ご用があってお時間のないかたは、こちらをご覧になるといいでしょう。
「野党代表が来賓挨拶、共闘で政権交代誓う」
「各界から来賓挨拶 政権交代で真の民主主義国家へと激励」
「政治生命をかけて、ポジティブに総選挙に臨む 会見で小沢代表」
「新しい国民生活をつくる政権奪取へ 小沢代表の3選正式承認」


わたしとしては、つぎの衆院選こそ、政権交代を強く期待ですよ。
現在の状況でしたら、じゅうぶん可能性はあると言えるでしょう。
思えば、郵政選挙のときは、絶望的な気持ちになっていて、
そのつぎの衆院選で「射程距離圏」に入るとは、ぜんぜん思わなかったです。
ここ1年半ばかりのあいだに、ずいぶんと情勢が変わったものです。

posted by たんぽぽ at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 小沢一郎所信表明 web拍手
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック