2008年10月27日

toujyouka016.jpg 性的被害の告白(6)

akiraさまの9月28日エントリの、反論らしい反論の第1号は、alice氏です。
(2008年09月28日 18:28)(2008年09月28日 18:39)
http://blogs.dion.ne.jp/akiras_room/archives/7656126.html

alice氏の言いたいことが、いささかわかりにくいですが、
どうやら水葉氏は、「被害者が痛みを、セクハラと訴えることを、
その程度のことで騒ぐなと、切り捨てたわけではない」とのことのようです。
alice氏は、「本当にそう書かれていましたか?」とも言っています。

「性暴力被害の告白」の最後で、「セクハラ」ということばを
「軽々しく連呼する」から、「深刻な被害が矮小化され」るので、
「強い怒りを感じる」と言うのですから、「その程度で騒ぐな」と、
言いたいことは、あきらかだと思います。
(2008年09月29日 12:11)(2008年10月01日 01:05)

 
また、alice氏に言わせると、水葉氏のいわゆる、
「軽々しく反復されるセクハラ」は、「社会的な(たとえばお笑い番組や
漫画などでの)軽々しい使われ方」だと、わかるのだそうです。
「お笑い番組や漫画」なんて、それこそどこにも書いていないです。
alice氏のほかに、そう考えたかたは、いらっしゃらないようですよ。

「軽々しく反復されるセクハラ」が、「お笑い番組や漫画」なら、
そうわかるよう、水葉さんははっきり書くでしょう。
だれが軽々しく反復するかわからないから、問われているわけです。
(2008年09月29日 13:59)(2008年10月01日 01:05)

さらに、水葉氏が、性的被害を軽いものと、重篤なものにわけることに、
alice氏が肯定している問題があります。(2008年09月29日 12:11)
他人の基準による線引きで、「たいしたことない」と、
被害をわい小化されることで、被害者は訴えることができず、
加害者の免責になることこそ深刻です。
わたしもお尋ねしたのですが、alice氏のお答えはなかったのでした。
(2008年10月03日 23:25)


前にもお話しましたが、「性暴力被害の告白」
「軽々しく反復」のくだりは、「死ぬのはやつらだ」氏や、
「ごん」氏、「さめ」氏から、わたしが受けた、
セクハラ発言や二次加害が、意識されていると思われます。
これについて、alice氏はどう思うかと、わたしは訊いてみました。
(2008年10月01日 01:06)

alice氏によると、「性暴力被害の告白」は、一般論なのだそうです。
(つまり、わたし個人がされたことは関係ないと、言いたいのですね。)
「死ぬのはやつらだ」氏のしたことは、セクハラかどうかは
わからないのだそうです。(2008年10月02日 16:58)
「あなたと寝てみたい」なんて、わいせつな表現があって、
性的かどうかわからないそうですよ。

それでも、きわめて不適切な嫌がらせであり、当時の自分の感情は、
いくら背景があっても行き過ぎだと、言っていました。
当時のalice氏の感情は、「たんぽぽがはりきってエントリを書く、
ネタを投下しなくてもいいのに」でしたね。[2008-07-03]

しかもalice氏は、「死ぬのはやつらだ」氏に同情したし、[2008/07/12 15:42]
わたしがブログを荒らされたことを、喜んでもいました。[2008-07-23 21:21]
ところが、alice氏は、「たんぽぽが嫌がらせされたことを、
自分は喜ばなかった」などと言ってくれましたよ。(2008年10月05日 19:18)
さすがにこれは、「見え透いた弁解」と言われたし(2008年10月06日 22:31)、
わたしも、根拠を挙げて反論しましたが。(2008年10月06日 22:13)


ところで、aliceさんのことは、わたしのブログでは、
7月19日エントリや、8月1日エントリに、すこしご紹介しています。
また、このかたは、「貧すれば鈍す」は、
「貧乏人に対する差別だ」と、言い出したかたでもあります。
(このとき、「死ぬのはやつらだ」氏が、「自分の謝罪コメントを、
たんぽぽが削除した」などと、人聞きの悪い発言をすることになった。)

参考資料:わたしからのレスの一覧。
(2008年10月01日 01:05) (2008年10月01日 01:06)
(2008年10月03日 23:25) (2008年10月06日 22:13)

posted by たんぽぽ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 性的被害の告白(6) web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

虚業に“俺のせいじゃない”と若者は言う
Excerpt:  ついに、バブル後の株価最安値更新をしてしまった。そして、株価少し戻すも景気悪化がヒシヒシと生活を脅かしていることを感じない者はいない。  わが社のやる気十分の若い社員が次のようなことを言い出した。 ..
Weblog: 関係性
Tracked: 2008-10-29 14:52