2009年06月02日

toujyouka016.jpg 410000アクセス

このウェブログのカウンタが、410000アクセスを超えました。

それだけです。

posted by たんぽぽ at 22:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | たんぽぽのなみだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 410000アクセス web拍手
この記事へのコメント
いくつかのエントリーにまたがるのでこちらに書きました。

>わたしを嫌っている人のせいで、このウェブログが
>怖い雰囲気になって、安心して出入りできないとか、
>あるいは、本当に怖い目にあったりするのは、イカンと思うのですよ。

たんぽぽさんに好意的な方は、しっかりした方が多いようです。
あまり、考え込まずに、進んで行かれればよいと思いますよ。
外野からの無責任と怒られそうですが。

ところで、
『共同合宿所』の「非嫡出子(婚外子)のハナシ」 のコメント欄に、
「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会の書き込みがありますね。

「5月19日の最高裁申し入れのご報告」
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=455
によると、「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会は
団体賛同されています。

アジア女性資料センターとなんらかのつながりのある団体ではと、
とサイトを調べましたら、ありました。

賛同のお願い : 婚外子差別に関する驚くべき答弁への抗議、
団体賛同のお願い!!
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=351

賛同団体のみな様方への御礼  2005 / 05 / 28 ( Sat )
http://hansabetsu.blog7.fc2.com/?q=%BB%BF%C6%B1%C3%C4%C2%CE%A4%CE%A4%DF%A4%CA%CD%CD%CA%FD%A4%D8%A4%CE%B8%E6%CE%E9

こんなことを国連から勧告されていたそうです。

国連女子差別撤廃委員会第29回会期 日本国報告・審査(2003年)
には、35.委員会は、民法が、婚姻最低年齢、離婚後の女性の再婚
禁止期間、夫婦の氏の選択などに関する、差別的な規定を依然とし
て含んでいることに懸念を表明する。委員会は、また、戸籍、相続
権に関する法や行政措置における婚外子に対する差別及びその結果
としての女性への重大な影響に懸念を有する。

それに対して、
政府は、婚外子の相続権を二分の一とした規定は女性差別撤廃条約
違反であるという意見に対し、「女も男も等しく婚外子として差別
するのだから、女性差別ではない」というのです。
同じく「大人になってから婚外子相続差別を受けるケースもあるの
だから、子どもの権利条約にも反してはいない」ともいっています。

これでは、日本政府は世界から、読解力を疑われそうです。

Posted by どうしたものか at 2009年06月03日 08:18
>たんぽぽさんに好意的な方は、しっかりした方が多いようです。
>あまり、考え込まずに、進んで行かれればよいと思いますよ。
>外野からの無責任と怒られそうですが。

起きてしまったことは、くやんでもはじまらないので、
前向きにいきたいと思います。


>「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会の書き込みがありますね。

どこかな?と思ったら、6番目の記事ですね。
(よくご覧になってますね。)
http://ameblo.jp/jijitsukon/entry-10004797217.html#cbox

>http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=455
>によると、「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会は
>団体賛同されています。

わたしにも見覚えのある団体が、みんな賛同しているので、
つながりがあるというより、おたがいにチェックしあっていて、
ひとつの団体がアクションを起こすと、べつのところが賛同団体になる、
という感じかもしれないです。

>これでは、日本政府は世界から、読解力を疑われそうです。

進捗がぜんぜんないので、苦し紛れの言い逃れしかできないのでしょう。
(2003年で、すでにそういう域に達していたのね。)
Posted by たんぽぽ at 2009年06月03日 22:55

この記事へのトラックバック

裁判員制度と性暴力事件を考えるサイトを立ち上げました
Excerpt: 裁判員船員手続きでの被害者のプライバシー開示問題の経緯と、今後、裁判員制度の導入によって性暴力事件の被害者が被るであろう問題を考えるるサイトを作りました。 私は、このサイトを今後の活動の足がかりにしよ..
Weblog: akira's room
Tracked: 2009-06-03 02:49