2009年08月20日

toujyouka016.jpg 富山県の候補者

『別姓を考える会』が、オンラインのニューズレター
「別姓通信」100号に、衆院選の富山県の候補者に対して行なった、
民法改正についてのアンケート結果が出ています。
富山にお住まいのかたは、投票の参考にされたいと思います。

「5月16日「夫婦別姓ってどんな暮らしなの?体験談を聞く会」報告」
「衆議院議員選挙立候補予定者(富山)「民法改正に関するアンケート」」

質問内容はつぎのようです。
1. 選択的夫婦別姓の導入
2. 「選択議定書」の批准
3. 自分が一人っ子どうしの結婚に直面したとき
4. 女性のみの再婚禁止期間の扱い
5. 「300日規定」は、「現夫の子」にする。
6. 婚外子差別の撤廃
7. 意見を自由に記入

 
注目(?)は、富山1区自民党候補である、バックラッシュの長勢甚遠ですよ。
========
Q1 選択的夫婦別姓:時期尚早・十分な議論が必要
Q2 「選択議定書」の批准:時期尚早
Q3 一人っ子同士の結婚改姓:当人同士の意思
Q4 再婚禁止期間:国において十分な検討がなされるべき
Q5 300日問題・無国籍の子の救済のため「今の夫の子」とする:
 無国籍、無戸籍の子の救済は必要であるが、ケースが様々である。
 国民の更なる議論を望む。
Q6 婚外子差別の改正:婚外子の問題は、家制度の根幹に関わる問題である。
 国民の十分な議論を受け、国において検討すべき。
Q7 民法の改正や男女参画社会つくりに関するご意見:
 男女共同参画は、これからも推進していく
========

全体的には、「時期尚早」とか、「さらなる議論」とか、
遠回しな言いかたをしていて、反論されそうなことを
用心深く言わないところに、反対歴の長さを感じさせます。

長勢氏は、02年の自民党法務部会では、「くだらない議論をやるなと、
地元の支援者に言われる」と言って、選択別姓法案に反対したのでした。
その選択別姓の導入は、ここでも「時期尚早・十分な議論が必要」です。

安倍政権の法相時代に、みずから手を下して反対した「300日規定」は、
「救済は必要」と、いちおうきれいごとを書いておいて、
「ケースが様々」「さらなる議論」とごまかしています。


ほかに、富山3区の柴田巧(無所属)が、民法改正に反対しています。
民主(推薦をふくむ)と、共産の候補者は、回答があったかたは、
全員民法改正は賛成なので、だいじょうぶです。

特筆することとして、賛成の候補者は、Q4.の再婚禁止期間は、
「必要ない」と答えているかたが、結構多いことです。
「100日に短縮」と答えているかたもいますが、
提出予定の法案がそうだから、党の方針に従うという意味で、
そう答えたのであって、必要ないと考えていることもありえそうです。

離婚した前夫と、いまの夫と、どちらの子かわからなくなることなど、
めったにないし、いざとなったらDNA鑑定があるから無意味と、
多くの候補者に理解されているのかもしれないです。
再婚禁止期間が100日残るのは、まだまだ不公平なのですが、
引き続き法律が改正されて、なくなることもあるかもしれないです。

posted by たんぽぽ at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 富山県の候補者 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック