2009年08月22日

mar0006.gif差別的法規

女子差別撤廃委員(CEDAW)の「総括所見」のうち、
民法改正に関係するところを、見ていきたいと思います。
http://www2.ohchr.org/english/bodies/cedaw/docs/co/CEDAW.C.JPN.CO.6.pdf

17.と18.の、「差別的法規(Discriminatory legislation)」の項目で、
対象になるのは、もちろん、民法改正の4つの内容
選択別姓、結婚可能な年齢、再婚禁止期間、婚外子差別です。

 
前回審査(2003年)のときより前も後も、法改正の要求を
握りつぶしてばかりで、6年間なーんにも進展がないのですから、
おなじお説教を受けるだけなのは、想像にがたくないでしょう。
あまりになにもしていないからでしょうが、「ただちに(immediate)」
「催促する(urges)」と、2回つつかれていますよ。

もとの英文は、オリジナルのPDFの文書を見ていただくとして、
わたしのつたない訳だけ、ここに書いておきます。
差別的法規(Discriminatory legislation)

17. 前回の総括所見で勧告したにもかかわらず、
民法の差別規定が改まらないことを、委員会は懸念します。
改まらない規定とは、結婚できる最低年齢に男女差があること、
女子のみに再婚禁止期間があること、
そして、選択的夫婦別姓制度が導入されないことです。

さらに、民法と戸籍法に、婚外子が相続差別される規定が、
依然としてあることを懸念します。

また、貴締結国が、世論調査で支持が少ないことを理由に、
これらの差別規定を改めないことに対して、
委員会は懸念をしめすことを、特筆しておきます。


18. 貴締結国が、民法改正の実現のために、
ただちに行動することを、委員会は催促します。
つまり、結婚できる最低年齢を、男女とも18歳にすること、
女子のみにある再婚禁止期間を廃止すること、
そして、選択的夫婦別姓制度を導入することです。

さらに、婚外子とその母親に対する、民法と戸籍法で定められた、
差別的規定を廃止するよう、委員会は催促します。

また、世論調査の結果ばかりを理由にしてはならず、
法体系の一部として、条約の条項と整合が取れるよう、
国内法を整備しなければならないこと、したがって民法改正は、
条約に批准した国が義務としてなすべきである、ということを、
委員会は指摘しておきます。

特筆することは、「世論調査」が触れられていることだと思います。
日本政府は、世論調査を言い訳に、民法改正の先送りを続けてきたのでした。
(2001年の世論調査で、賛成が反対を上回ったときも、
世論調査を持ち出さなくなっただけで、相変わらず民法改正に
反対していたので、本当に「言い訳」にすぎないのですが。)

世論調査ばっかり口実にする(solely dependent)のではなく、
批准した国際条約と整合が取れるよう、国内法を改めるのが
締結国の義務だと、今回はっきりと言われてしまいました。
「法体系の一部(national legal system)」だなんて、
なんだか法学の教科書の入門みたいなお話ですね。

批准した国際条約は国内法より上位ですから、とうぜんでしょう。
なんのために条約があるのか、わかっていないと思われも無理ないです。
世論がじゃまをして民法改正ができないのなら、
世論の理解を得るよう努力するのが、日本政府のなすべきことです。
ところが実際には、世論で賛成を増やす努力など、
なにもしていないことは、ご存知の通りです。


ついでですが、世論調査については、国際条約との整合のほかに、
「反対が多いからかえって民法改正が必要」という考えかたもあります。
民法改正に反対するのは、差別を支持していることになります。
世論の多数が差別しているという、深刻な状況ですから、
積極的に差別を禁止するために、法律を整備するということです。

posted by たんぽぽ at 17:11 | Comment(3) | TrackBack(4) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 差別的法規 web拍手
この記事へのコメント
激しく同意。
Posted by どんどこ at 2009年08月24日 07:23
あぁ、「RengeJibuの日記」(URL先)を読んで、
政府とダシにされている国民:世論もそうですが、
司法の問題意識も気になりますね。
こんどの国民審査で対象とされる最高裁判所判事たちは
国際条約と民法の関係を、どう思っているのでしょうね。
Posted by どんどこ at 2009年08月25日 22:55
>激しく同意。

ご同意くださって、ありがとうございます。

>http://d.hatena.ne.jp/rengejibu/20090825

ご紹介ありがとうございます。

「総括所見」のつぎの項目、19と20で、
裁判手続きで条約が使われないのも、勧告されていましたね。
Posted by たんぽぽ at 2009年08月25日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

政権交代へ向けての市民革命祈念イベント「心を一つにし断固闘う」植草バナー賛同ブログのリストアップを始めることにしました。
Excerpt:  今回のイベントは白川勝彦先生の「08月20日 戦略の基本的間違い。」「08月21日 燎原の火を…!!」「08月22日 策士、策に溺れる!」を読んで思いつきました。以下、 ↓Clickでお登紀さんの「..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2009-08-23 09:52

「日本首相が『低所得層は結婚しないほうが良い』」 を次々報じる外国メディア。こんな国辱麻生を日本の若者は放っておくのか。
Excerpt:  若者よ、これでも君は選挙に行かないのか?   ここまで若者を侮辱し、日本以外の外国なら暴動が起きていてもおかしくない。  日本の若者は金タマを抜かれてるのかと言われかねない。  以下、資料として採録..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2009-08-25 12:55

謎の貨物船オデッセイ・ロシアが隠蔽する海賊事件の真相
Excerpt:    ||| 謎の貨物船4週間のオデッセイ |||  謎の貨物船オデッセイに終止符?ロシアが隠蔽するカリーニングラードの秘密  バルト海で失踪してからカーボベルデ沖で発見までの3週間、何が起き..
Weblog: 米流時評
Tracked: 2009-08-25 23:28

女性差別撤廃委員会(CEDAW)の第6回日本審査の総括所見
Excerpt:   日本での女性差別について、なるべく多くの方に見てほしい記事なので、こちらにもお借りします。 ●アジア女性資料センター CEDAWが日...
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2009-09-05 23:36