2009年12月02日

mar0006.gif国保証取り上げ

11月19日エントリでお話した、東本氏の記事
それに関するAMLでの議論をながめていきたいと思います。

07年3月2日
の「赤旗」では、浅野県政によって、
宮城県における国民健康保険証の取り上げが急増したと言う、
志位委員長のコメントが載せられているのでした。
========
志位氏は、前県政と比べ浅野県政の福祉切り捨てで際立ったものとして、
前県政では国保証取り上げがゼロだったが、
〇五年には二千三百三十世帯になったことを告発。
========

 
>国保証取り上げは、県ではなく市町村の業務

「国保証取り上げ」とは、保険料の不払いが1年以上続いた場合、
保険証のかわりに「資格証明証」が交付されるものです。
これは、AMLの議論の中で、指摘されているのですが、
じつは市町村の業務で、国民健康保険法9条で定められています。

都道府県の業務ではないですから、浅野氏のせいではないですよ。
これを「浅野県政の福祉切り捨て」などという、
「赤旗」の志位発言は、わい曲されていることになります。


>国保証取り上げは、国の法律にもとづいた全国的なこと

東本氏の反論ですが、他の年度や他県はどうなのかを調べています。
「資格証明書」の交付数が、国保証取り上げの数に当たる、
ということで、そのデータを探し出しています。
「被保険者資格証明書交付世帯数(市町村国保)」(PDF)

東北6県だけグラフにすると、つぎのようになります。
どの県も2002年のあたりから増えはじめていて、
宮城県だけの特種事情でないことがわかるでしょう。



赤丸で囲ったのは、「05年の宮城県で2330世帯」という
「赤旗」の志位のコメントに出てくる数字です。
他県や他の年度のことには触れず、このデータだけ出して、
宮城県だけが、とくにひどいかのような印象を
「赤旗」は与えているというわけです。

国保証取り上げが増えてきたのは、全国的なことです。
これは、国民健康保険法が2000年に改正されて(参照)
資格証明書の交付が、市町村に対して義務付けられたからです。
もちろん国で定めた法律ですから、県政のせいではないです。


>滞納者に対する取り上げの比率

AMLの議論では、滞納者数に対する、
資格証明書の交付数の比率が指摘されます。
この比率が大きいほど、保険料不払いの人から
容赦なく保険証を取り上げていると言えるからです。

「「都道府県別滞納世帯数」(平成18年6月1日)」を、
参照したとありますが、おそらくつぎのページの(参考7)の表の、
C/Bを計算したものと思います。
(以下の表は平成19年度なので、若干数字が異なる。)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/01/h0116-1.html

つぎにしめすように、宮城県(宮城県下の市町村)は、
全国的に見ても、資格証明書交付の比率は低くなっています。
(平成19年6月1日で4.17%、すくないほうから8位)
宮城県(下の市町村)は、他県とくらべて
保険証の取り上げを遠慮していることになりそうです。




>まとめ

国保証の取り上げが増えたのは、国民健康保険法が改正されて、
保険料滞納者への資格証明書を交付が、
市町村に義務付けられるようになったからです。

共産党は、国保証の問題には、長いあいだ取り組んできたと、
言うのですから、県政と関係ないことも、
宮城県だけの事情でないことも、当然知っているでしょう。
その上で、「浅野県政のせいで国保証の取り上げが増えた」
などと言ったことになります。

国保証に関する業務が、県ではなく市町村であることは、
ちょっと調べればわかることなのですが、
ご存知ないかたも、たくさんいらっしゃると思います。
それで「赤旗」であのように言われると、
「そうか、浅野県政は、そんなに福祉に冷たかったのか」と
信用させられることになります。

posted by たんぽぽ at 07:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 国保証取り上げ web拍手
この記事へのコメント
 共産党も、女性が委員長になる時代が来ないとだめかもですね。
 社民党はすでに2人目ですし、自民党ですら、自薦ながら総裁候補になったのですから。家父長制的権威主義を維持しているのは、共産党かもしれません。
Posted by 眠り猫 at 2009年12月02日 07:52
コメントありがとうございます。

>共産党も、女性が委員長になる時代が来ないとだめかもですね。

あら、そうなんだ。
(ちょこちょこっと調べたら、そうですね。
というか共産党の委員長は、任期が長いんですね。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E5%A7%94%E5%93%A1%E9%95%B7
共産党は、あの「民主集中性」とかいうので、
党首を決めているのでしたね。

>自民党ですら、自薦ながら総裁候補になったのですから。

総裁選に出馬するには、推薦者がいると思いました。
出られるというのは、一定の人数の信任があるということだと思います。

そういえば、民主党も女性が出馬したことないですね。
こちらは、党の歴史が浅いけれど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E9%81%B8%E6%8C%99
Posted by たんぽぽ at 2009年12月03日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック