2006年03月11日

toujyouka016.jpg 運動が目的化した人たち?

エントリ本体でなく、コメント欄に書き込んだ人のご意見についてです。
http://fb-hint.tea-nifty.com/blog/2006/03/post_e5bb.html#comments

このかたに言わせると、選択別姓が実現しないのは、
反対派たちの、強靱な抵抗のせいではないのだそうです。
運動自体が目的になっている人たちがいて、
目的をなくさないために、のらりくらりやっているからだそうです。

そういえば、むかしのインターネットの市民団体も、
運動目的の人たちに、主導権を取られるから実現しないのであり、
自分たちのように、実践的な人たちが、運動の主流になれば、
もっと早く実現するはず、などと、信じていた(いる?)のでした。

 
ところで、「運動自体が目的になった人たち」って、
いったいどこにいるんでしょう...?
こんなふうに、ときどきうわさには聞くのですが、
わたしは、いまだ実体を見たことないので、とっても気になります。

わたしの知っている市民団体は、数が知れていますし、
まったく聞いたことない団体だって、たくさんあります。
でも、そこまで法改正実現に、強烈な影響を与える団体だというのなら、
いいかげん存在くらい、知れてもよさそうに思います。
(すくなくとも、反対派の強力な圧力団体は、
マスコミが報じなくても、存在がわかってしまいますからね。)

posted by たんぽぽ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 運動が目的化した人たち? web拍手
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック