2010年05月09日

mar0006.gif手当てと控除

以前リンクだけしめして、内容にくわしく触れなかったのですが、
この機会にあらためてご紹介したいと思います。

「子ども手当と扶養控除--「控除から手当へ」の流れとして」
「子ども手当と扶養控除の比較--扶養控除は高所得者優遇」

「子ども手当て」の創設にともなって、
「年少扶養控除」が廃止になるのですが、
「手当て」と「控除」とで、比較をしているものです。
「手当てより控除がいい」という意見があるのですが、
はたしてどうなのでしょうか?

 
従来の「年少扶養控除」は、「所得控除」なので、
所得税率に応じた控除額になっています。
つまり所得が高いほど、たくさん控除されます。
1月22日エントリにある図を、そのままこちらでも載せますが、
オレンジの子ども手当てはずっと一定です。

水色(所得税)とピンク(住民税)の合計が扶養控除額で、
年収200万円だと、控除額は5.5万程度ですが、
年収3000万円だと、18万円ほどになります。
お金持ちほど、たくさん差し引かれて、
有利になるのが一目瞭然だと思いますよ。



計算方法はエントリの最後に書かれています。
「国税庁:所得税の税率」を参照しています。
========
扶養控除は年少扶養控除(15歳以下の子を扶養)のみ。
所得税の控除と住民税の控除の合計。
所得税の控除:税率5%、10%、20%、23%、33%、40%。
38万円の所得控除。
住民税の控除:税率は年収にかかわらず一律10%。
33万円の所得控除。
========

「消費税は一律だから、お金持ちほど有利だ」
というのは、よく言われることだと思います。
これを逆から見ると、もらう手当てが一律であれば、
所得制限などなくても、それだけで低所得者に
有利になると言えるでしょう。


これに対して、税率と関係なく、一律に控除する
「税額控除」というものがあります。
控除される額が同じなので、お金持ちも、
貧しい人も公平だろう、というわけです。

アメリカ合衆国は、子ども手当てに相当するものはないですが、
変わりに「税額控除」が導入されています。
「自助努力」が大好きで、公的医療保険さえ、
社会主義的と言われることがあるのですが、
そんなアメリカでも、子どもの福祉は野放しにできないのか、
格差を是正するシステムが、導入されるみたいです。

ところで、もっとずっと低所得で、納めている税金がすくないと、
税額控除では引き切れないことがあります。
そこで、残りを給付する「給付つき税額控除」という
仕組みが考えられています。
いわばマイナスの税金とでも言うべきものです。

これで、所得のない生活保護の人も公平に扱えます。
しかし、収入に応じて、プラスになったり、
マイナスになったりですから、手続きが複雑化します。
子ども手当て反対の人たちは、事務手続きの簡素化を
重視するようですが、その観点でも、規則の単純な
子ども手当ては望ましいと言えます。

posted by たんぽぽ at 16:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 手当てと控除 web拍手
この記事へのコメント
たんぽぽさん

私のエントリを紹介してくださって、ありがとうございます。

「給付つき税額控除」と「一律の手当支給」は、お金のやり取りについては同じ結果です。

ただ、税金控除で対応する場合、「非納税」かつ「生活保護でない」世帯が漏れてしまいますね。漏れないためにはやはり申請手続きが必要です。納税額が多い人だって、毎年多いとは限りません。失業等で収入が激減し、非課税レベルになっても、申請し忘れていると支援が受けられません。

収入によって申請不要だったり必要だったりするのはかえって煩わしいかもしれませんね。子どもを育てているならとにかく手当を申請、のほうがわかりやすいでしょう。
Posted by kiriko at 2010年05月12日 20:57
kirikoさま、こんにちは。
こちらにもコメント、ありがとうです。

ああ、いえいえ。
せっかくきれいな図が作ってあるので、
これは利用せねばと思って、無断転載(笑)したしだいです。

「控除」は納税額や税制に依存するところが出て来て、
かえって面倒ですし、わかりにくくもなりそうですね。
簡単でわかりやすい仕組みにしたければ、
「手当て」のほうが、やはりずっといいのでしょうね。

ヨーロッパの多くの国で、「控除」ではなく、
「手当て」を採用しているのは、
こうしたこともあるのかもしれないです。


ところで、上のエントリで、子ども手当てから給食費を
天引きする自治体のことをお話したけれど、
こんな運用のしかたも、控除より手当てのほうが、
やりやすくて、わかりやすいんじゃないかな?

「子ども手当から給食費天引き、大分県市長会提案へ」
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/oita/20100410-OYS1T00281.htm
Posted by たんぽぽ at 2010年05月13日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149357607

この記事へのトラックバック