2010年08月20日

toujyouka016.jpg 自然主義的誤謬

8月7日8月12日にご紹介の、イルカのお話に
反響がたくさんあったので、以下に触れたいと思います。

「自然主義的誤謬」

「自然主義的誤謬」とは、自然界における事実から、
価値判断や、人間社会の規範を導くあやまりです。
とくに問題なのは、「自然的なものによって
道徳的なものを説明しようとするあやまり」でしょう。

 
前にご紹介した、武田邦彦氏の記事は、
「イルカは母と子のあいだに会話がある」という事実から、
「人間も母親が直接子どもを育てるべきで、
託児所にあずけるべきではない」という
価値判断を導いています。
それゆえ自然主義的誤謬になるわけです。

ほかの例として、浮気の言いわけとして、
「雄は多くの子孫を残そうとするから、
たくさんの雌を追い求めようとするのは、
生物学的基盤による」なんて言うことでしょう。
こんなことを言う男性も、本当にいそうですが、
これも自然主義的誤謬です。

「自然は人間の鑑?− 自然主義の誤謬」

また、前にこのブログでお話した、
「母性は本能だから、女性は子どもを産みたがり、
育てたがるのが、本来あるべき姿だ」とか、
「男性の性欲は本能だから抑えられないのであり、
女性の側が自衛して避けるよりない」なども、
自然主義的誤謬になります。

「母性本能を熟成?」
「生物学的に壊れた?」


これに対して、「母乳はきわめて栄養バランスが
取れているから、赤ちゃんにはできるだけ
母乳を与える」というのは、科学的事実にもとづいた
合理的判断というだけで、なんら誤謬ではないですよ。

「母乳で育てないのは、赤ちゃんに対する
愛情がたりないからだ」のように、よくありがちな
道徳を持ち出してくれば、自然主義的誤謬になります。


自然主義的誤謬で問題なのは、導きたい価値判断に、
都合のいい事実を使うことではないかと思います。
自然界には、鳩の育児放棄など、育てている途中で、
子どもを捨てることもめずらしくなくあります。

この事実を持って、「育児放棄する生物がいるのだから、
人間も育児がいやになったら、子どもを捨ててよい」
という「カチカン」を導いたとしたら、
どのようにお考えになるでしょうか?

「七章 社会の中の進化論 1−進化的倫理をめぐって」


謝辞:
コメント欄で、「ダイヤモンド」の記事
ご紹介してくださった、pulinさま、ありがとうございます。

posted by たんぽぽ at 17:31 | Comment(2) | TrackBack(1) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 自然主義的誤謬 web拍手
この記事へのコメント
社会的な問題を生物学的問題にする人が多いですね。女性は脳が小さいとか。女性差別の問題は社会の構造の問題なのに。
Posted by ハイマートローゼ at 2010年08月21日 07:34
ハイマートローゼさま、いらっしゃいませ。
コメントどうもです。

>社会的な問題を生物学的問題にする人が多いですね

残念ながら、あとを絶たないですね。

「生物学的基盤がある」と言うと、抗しようがないと思われて、
正当化がしやすくなるからだと思います。
Posted by たんぽぽ at 2010年08月21日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

非物質現象
Excerpt: それら私だけが感じとっている諸々の存在感は、他の人がそれをそのまま私とまったく同
Weblog: 哲学はなぜ間違うのか?
Tracked: 2010-08-20 20:15