2011年01月04日

toujyouka016.jpg あまりに保身的な

菅政権の体質について、相当なまでに深刻だと、
(菅直人個人の資質に負うところが多いのでしょうけれど。)
わたしが考えることについて、お話したいと思います。

 
それはとても保身的だということです。
「打たれ弱い」とでも言うのか、叩かれると萎縮して、
もともとの理念や政策をどんどん後退させて、
筋を曲げることさえある、ということです。

それは昨年7月の参院選の前から、すでに現れていたと思います。
菅政権が発想するとすぐに、09年総選挙のときの
マニフェストを大幅に後退させていました。
鳩山政権のころ、菅氏は財務大臣でしたから、
そのとき官僚に、だいぶ叩かれたのかもしれないです。


参院選では、菅首相の本来の主張が適切に伝わらず、
「消費税増税」の部分だけが一人歩きして世論の逆風が吹き、
「ありえない敗北」を喫することになったのでした。
官僚機構にとって政権が気に入らないので、
彼らはサポートせず、議論が暴走したのはあるでしょう。

ところがここで「世論に支持されるには、
官僚のご機嫌を損ねないようにして、彼らのサポートを
受けないといけない」と考えて、ますます官僚に
おもねるようになっていくわけです。

実際には、官僚に屈して本来の主張を曲げていくから、
官僚との対決を期待した、もともとの有権者の
支持が離れて選挙に負けたのだろうと思います。
しかしそのようには考えないわけです。


参院選のあとは、「特別枠」「政策コンテスト」という
それまで公約になかったものが、とつぜん導入されます。
これらによって、各省庁の既得権益は
維持されたのであり、政権は官僚機構に
逆らわないことに決めた、ということになります。

ほかにも、官僚との対決姿勢を出していた、
長妻昭氏を閣僚からはずしたり、旧社会保険庁の長官を
スウェーデン大使に任命したりします。
一時期は政治主導のかなめである、
「国家戦略局」の設置まであきらめていました。

前にお話したように、国家戦略局による
予算編成は、菅直人氏の長年の政治理念でした。
官僚に叩かれて萎縮したのか、自分のライフワーク的な構想を、
撤回するところまできていたようです。


一度だけこうした事態から抜け出す、絶好の機会がありました。
それはもちろん9月の代表選で、政治主導の推進を標榜する
小沢一郎氏が出馬を決めたことです。

ところが菅氏は、官僚機構へ屈したのがあきらかに
なっていたにもかかわらず、再選したのでした
小沢氏につきまとう「政治とカネ」の不信感が
強かったのでしょうか? それとも鳩山政権時代の
党運営の不満が残っていたのでしょうか?

10月に入ると、検察が小沢氏の強制起訴を決めます。
これはもしかすると、小沢氏が首相になると思って、
あらかじめ準備していたことも考えられます。
そうだとしたら、官僚に屈した菅氏よりも、
官僚と対決する小沢氏を、民主党の議員やサポーターは
選ぶに違いないと、予想したのかもしれないです。

posted by たんぽぽ at 22:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - あまりに保身的な web拍手
この記事へのコメント
政権交代が何の成果も上げなかったのも、小沢が動けば何とかなるという実態のない期待とその逆の小沢叩きが渦巻いたり、小沢対反小沢のような政局の構図になって矮小化していったこと、そういう点で小沢一郎氏も「やるやる詐欺」の一味だったとして、私はもう小沢氏への期待はなくなりました。
小沢でなければ改革はできないと考えたところが,すでに負けていたんです。
Posted by pulin at 2011年01月07日 07:00
>小沢が動けば何とかなるという実態のない期待と
>その逆の小沢叩きが渦巻いたり、
>小沢対反小沢のような政局の構図になって矮小化していったこと

代表選の争点でしたら、わたしはお話しましたが、
残念ながらこの認識は広まりませんでしたね。
http://taraxacum.seesaa.net/article/161764849.html

政局の構図にしたのは、むしろメディアとか
世論の興味に原因があると思いますよ。
小沢のせいではないし、菅のせいでもないと思います。
(民主党やその関係者は、じゅうぶん対処してきた、
というほどでもないと思うけれど。)


>小沢でなければ改革はできないと考えたところが,

ほかの人たちはいざしらず、
わたしは、そのようには考えていないですよ。

首相に必要なのは、マニフェストをできるかぎり
忠実に行なう「実行力」と考えています。
昨年9月の代表選の段階では、小沢一郎氏のほうが、
菅直人氏よりその実行力があると考えられた、ということです。
Posted by たんぽぽ at 2011年01月08日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック