2011年03月25日

toujyouka016.jpg 大震災は天罰?

これもだいぶ経っているけれど、
「終わったお話」にするわけにはいかないと思うので、
ここでも話題にしたいと思います。

石原慎太郎都知事の「津波は天罰」発言です。
震災にあわれた、数多くのかたがたには、
「天罰」が落ちたとでも言うのでしょうか?
無神経きわまりないし、あきれてものも言えないです。

「東日本大震災:石原知事「津波は天罰」」
(はてなブックマーク)
「「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」石原都知事」
(はてなブックマーク)

 
ほかにも「我欲を洗い落とせ」とも言っています。
それなら、ほかでもないイシハラ都知事が
まっさきにやることではないのか?と思ったかたは、
すくなからずいるのではないかと思います。

翌日に「天罰」発言を、撤回しておわびしています。
(この人も謝罪と撤回をすることがあるんだと、
わたしは、変な意味で感心しました。)
でも、「添える言葉が足りなかった」と言っていて、
なにがケシカランのかは、わかってないみたいです。

もっとも、イシハラ都知事はふだんから、
このように暴言や失言を繰り返してやまない人です。
震災のときもいつも通りだったとも言えるのでして、
この記事の意味「平常運転」と言えそうです。


自然災害が起きると、「天罰」と言う人は、
残念なことに、世界中のどこにでもいるみたいです。
そういう不心得ものは比較的少数で、
多数派はそれを批判するのが一般的ではあるようです。
(イシハラの場合、多数派が批判をするのか?)

自然災害は天罰ではない、神さまはそんなことしない、
という、牧師さんのツイートをご紹介しておきます。
(あきらかにイシハラを意識している。)



>わたしの憶測

ここからは、わたしの憶測で恐縮ですが、
もしかするとイシハラは、前のエントリでご紹介した、
事業仕分けで耐震化予算を減らされたという流言を
真に受けていて、「天罰」とは耐震化予算削減の
むくいだと言っているのかもしれないです。

イシハラのことですから、政権交代は「我欲に縛られ」た
国民が一時の「ポピュリズム」で起こしたと、
考えていることは、ありえるでしょう。
「天罰」発言は、節電を頼みに来た蓮舫氏との対談のあとです。
「無能な内閣ができるとこういうことが起きる」とも
言っているので、可能性はなきにしもあらずです。

イシハラ氏は、わりと最近になってから、ネットにはまって、
「2ちゃんねる」などを見るようになったらしいので、
「ネットde真実」に目覚めた可能性はあります。
事業仕分けに関するネトウヨのデマも、
そのまま信じていることはありえるでしょう。


付記:
イシハラの「津波は天罰」発言は許せないと
思ったかたがたが、賛同署名をはじめています。
「都知事の震災は天罰発言に抗議するアピール賛同署名」
「都知事の「震災は天罰」発言に抗議する」

posted by たんぽぽ at 22:02 | Comment(17) | TrackBack(1) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 大震災は天罰? web拍手
この記事へのコメント
 早速署名しちゃいましたよ(^_^)v
 もう、都知事選近いじゃないですか。
 今回の震災でね、東京都民、被災地無視したかのように水やら米やらトイレットペーパー買占めはするは、かと思うと福島や茨城の野菜買い控えるわ、23区は計画停電無いわ、地方の皆様にはまるでエゴの塊みたいに思われてるんだろうなあなんて都民である私は肩身が狭くて仕方が無いのに、これで石原のクズが当選したら、もう、東京都民って我欲の塊のバカそろいみたいじゃないですか。

 ああ、もう、どうしたら確実に石原を落選させられるんでしょうねえ。
Posted by イカフライ at 2011年03月25日 23:37
本件、tema親にどう思うか聞いたところ
「前後の話を省略したから暴言に聞こえるんだ。話の流れを汲まなくてはいかん」
とりあえず、親が埼玉県民だったことに感謝。

ところで、前後の会話が分かるweb記事など無いでしょうか?
Posted by tema at 2011年03月26日 00:00
私も早速署名しました。

イカフライ様。
都内も結構揺れたでしょうし、放射能は目に見えませんから、4行目まではある程度仕方無いと思いますよ。ですが、5行目の末尾から6行目にかけては、絶対に阻止して下さい。
わたしゃ県民なもんで、何も出来ないっすから。
頼みましたよ!

『イシハラ天罰ゲーム』かなんか作って、フリーダウンロードさせると良いかも。
イシハラが島にいて、対岸の海辺に敵キャラが現れたら、『天罰!』の掛け声と共に波が・・・とか。
Posted by ニャオ樹・ワタナベ at 2011年03月26日 00:18
石原都知事のこの暴言の「地震は天罰」の下りは酷いし「津波で我欲を洗い落とせ」にしても乱暴な言い方だけど、この震災を日本を変えるきっかけにしたい、と抽象化すると、そのような気持ちは案外多くの人に共有されているように思います。
これで日本の原発行政が変わらなければダメだ、とかにしても本質的には同じですよね。
Posted by pulin at 2011年03月26日 04:28
>pulin様

色々と書きたいことはあるのですが、忙しいので人任せにしちゃいます。
http://kousyoublog.jp/?eid=2569

「天罰」発言をした際の石原本人は、権力者意識と自己顕示欲以外の何物も、一切、心に無かったと断言しておきます。
だから「被害者の人達、可哀想ですよ。」と最後に言ったところで、ちっとも心に響かないんですよ。

>この震災を日本を変えるきっかけにしたい
私もそう思う一人です。
が、それを言うなら、菅総理の「この危機を乗り越え、そしてより良い日本をあらためて作りあげようじゃありませんか。」が、正解ではないかと思います。
Posted by ニャオ樹・ワタナベ at 2011年03月26日 16:57
こんにちは。彼は仏教徒であることが知られているので、それを思い出してその視点で読み直してみると意図がわかるかもしれません。「天罰」の目的語が「にほんのせいじ」「いままでのさいがいへのはんせい」だとすれば、むしろ視点が共有されづらかったという問題が浮かんできます。もし目的語が「個々人」だったらたんぽぽさんやメディアの挙げた問題があると思いますが…ぜひ文脈を知りたいですね。気になります。
Posted by mmm at 2011年03月26日 18:34
あ、追記を…

仏教徒は行動と結果をそのように結び付けて「自己責任」論を基礎にして話を進める傾向があるので私自身は苦手です。
Posted by mmm at 2011年03月26日 18:38
>mmm様

==
asahi.com(朝日新聞社):「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」石原都知事 - 社会

石原慎太郎・東京都知事は14日、東日本大震災に関して、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べた。都内で報道陣に、大震災への国民の対応について感想を問われて答えた。

発言の中で石原知事は「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と指摘した上で、「我欲に縛られて政治もポピュリズムでやっている。それを(津波で)一気に押し流す必要がある。積年たまった日本人の心のあかを」と話した。一方で「被災者の方々はかわいそうですよ」とも述べた。

石原知事は最近、日本人の「我欲」が横行しているとの批判を繰り返している。

==

最後の一文は朝日新聞が付けたオマケ?
これは見ないこととするにしても、明らかに「天罰」の目的は、「日本の政治」でもなく「今までの災害への反省」でもなく、「日本人の我欲」。
しかも現職都知事である自分の立場は「我欲に縛られて政治も」と、「日本人の我欲にその原因がある。」と、ちゃっかりエクスキューズしている。

「仏教徒は自己責任論」ですか?
だとしたらこの男は仏教徒ではない。
全て「日本人の我欲」に責任があると言っている。そして自分もその「我欲」に縛られていた被害者である、と。
まさに天譴論。
自分はその「天」の側におり、「一億三千万の民の我欲が、結果、自分達の中の2万人以上の民の命を奪った。」と言っている。

あえて私の感想は述べない。
Posted by ニャオ樹・ワタナベ at 2011年03月26日 19:30
わーい、コメントがいっぱいだ。
(わたしのウェブログとは思えないくらい。)
みなさん、どうもありがとうございます♪



イカフライさま

>早速署名しちゃいましたよ(^_^)v

どうもありがとうございます。
(わたしがお礼を言うのもみょうかもしれないけれど。)

>今回の震災でね、東京都民、

たしかに、東京はいろいろなことで、
有利だったり、優遇されたりしますからね...

>これで石原のクズが当選したら、もう、東京都民って
>我欲の塊のバカそろいみたいじゃないですか。

東京都民をなさっているかたは、
とても肩身の狭い状況が続いていますね。
(ここへ来て拍車がかかったというか。)
本当に、なんとかしたいですよね。

>ああ、もう、どうしたら確実に石原を落選させられるんでしょうねえ

今回の選挙は残念ながら、有力な対立候補がいないですよね。
4選の覚悟をしなきゃイカンのかと、わたしは悲観気味です。



temaさま

>とりあえず、親が埼玉県民だったことに感謝

たしかに、イシハラ発言も、前後の文脈を見ないと
なんとも言えないことも多々あるんだけどね...
それはさすがに、石橋を叩きすぎているの感がありますね。

>前後の会話が分かるweb記事など無いでしょうか?

これはいかがでしょう?
可能なかぎりの公開された記事を集めているようです。
http://gallerytondemo.blog.shinobi.jp/Entry/117/
http://togetter.com/li/111594
Posted by たんぽぽ at 2011年03月26日 22:18
ニャオ樹・ワタナベさま

>私も早速署名しました

どうもありがとうございます。
(ふたりも応答してくださったかたがいらした。
わたしが紹介したものにしては珍しいですよ。
いつもはたいてい無視されるので。(苦笑))


>http://kousyoublog.jp/?eid=2569

これはご紹介、まことにありがとうございます!
(よい記事だと思います。)

自然災害を「天罰」とするのは、かなり危険があるようですね。
記事にあるように「あきらめ」のような無力感を招くので、
こと政治に関しては、「強い指導力を持った人物に
ゆだねてしまえばいい」という考えに、
なびくことにもなりかねないですね。

(イシハラにとっては、「強い指導者にゆだねればいい」
という人たちが増えれば、都合がいいのかもしれないけど。
イシハラはそういう「ゆだねればいい」という人たちに
支持されているから。)
http://taraxacum.seesaa.net/article/40444072.html


>「仏教徒は自己責任論」ですか?

「自己責任論」ではあると思いますよ。
自然災害の原因まで、人間の行ないだというのですから。

「天罰」というのは、自然災害という偶発的なものが、
人間の行動のせいだとするのですから、
発想自体が神秘主義的だと思います。
現状を解決していくために、こうした「とんでも」は、
役に立たないどころか有害ですらあるでしょうね。
Posted by たんぽぽ at 2011年03月26日 22:19
pulinさま

>乱暴な言い方だけど、この震災を日本を変えるきっかけにしたい、
>と抽象化すると

ニャオ樹・ワタナベさまご紹介の記事にもあるように、
自然災害を「天罰」と人間に原因を還元するのは、
やはり危険な考えかただと思います。
多くの人に共有されそうなら、なおさら慎む必要があるでしょう。
http://kousyoublog.jp/?eid=2569

なにに対して「天罰」が落ちたのかは、
それを主張する人の考えやイデオロギーが入ると思います。
イシハラは、民主党政権と考えている(たぶん)ようだけど、
反イシハラの人たちは、「天罰だというなら、イシハラが都知事を
やっているせいじゃないのか?」となるでしょう。

特定個人のイデオロギーを「神さまの意思」に
すり替えることで、「押しつけ」の正当化が
しやすくなるのは、もちろん危険なことでしょう。



mmmさま

>彼は仏教徒であることが知られているので

なるほどねえ、そうだったんだ。
仏教の発想に引きずられたところは、あるのかもしれないですね。

>もし目的語が「個々人」

朝日の記事を見ると、「我欲に縛られて政治も
ポピュリズムでやっている」などと言っているというので、
日本政治のことを言ってはいるんだと思います。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103140356.html

「我欲に縛られて」「ポリュリズム」ですから、
政治の主体である国民全体(「個々人」)に
「天罰」が来たと考えてもいそうに思います。

>行動と結果をそのように結び付けて「自己責任」論を基礎にして

わたしも自己責任論は苦手なんだ。
気をつけることにしましょう。
Posted by たんぽぽ at 2011年03月26日 22:21
僕自身は天災は天災だと思ってるんですがね。『天誅』はあっても『天罰』はないものと。

ただ、残念ながらうちの家族は『モンスターペアレントがどうのこうの』『菅総理や小沢氏がどうのこうので罰があたった』とこぼしてましたが。

まあ、日本人のメンタリティとしては『やせ我慢』や『燃え尽き』が好みですからね。
それが出来ない人間には『天罰』が下るというのが感性として残っていると思います。
これは蛇足ですが、福沢諭吉は著書『痩我慢の説』で勝海舟を『やせ我慢せぬ者』として名指しで批判しているとか。
Posted by SPIRIT(スピリット) at 2011年03月27日 11:09
>ニャオ樹さん
ありがとうございます!検索のしかたが悪かったらしく、パソコンを使う時間を短くしている今、自力では詳細を書いた記事を見つけられませんでした。

仏教徒は自己責任論にはまりやすい、というのは彼らの哲学に「因果応報」「自業自得」というのが含まれているからです。まあ、結果論といいますか…専門用語はわからないのですけどね。彼がこのような思考をしている点では、明らかに仏教徒だと思います…彼自身も、自らがその「我欲云々」の日本人であることを否定できないと思います。

>たんぽぽさん
自己責任論は、困っている人に更に「それはお前のせいだよ」と面と向かって言うようなもの…宗教や倫理を非人道的なものにしたりと本末転倒にしてしまうところがズレていると思っています。もしある人が生身の人間である他者の間違いを許せないのなら、それ自体が間違いかもしれません…ね。痛々しい。
Posted by mmm at 2011年03月27日 20:46
SPIRIT(スピリット)さま

天災はあくまで偶発的なものですよね。
そこになんらかの意味があるわけではないでしょう。

>残念ながらうちの家族は
>『モンスターペアレントがどうのこうの』
>『菅総理や小沢氏がどうのこうので罰があたった』と
>こぼしてましたが

これは実に困ったことですね。

ニャオ樹・ワタナベさまがご紹介の記事を見ると、
関東大震災のときは、識者たちがこぞって
「天罰だ」と主張したのは、衝撃的だと思います。
当時は、災害に対する心理的な耐性が、ずっと弱かったのでしょう。
http://kousyoublog.jp/?eid=2569

すくなくとも識者のあいだでは、「天罰」だと言う人は
いないようですし、いまのわたしたちは、
もっと合理的に考えられるようになっているのでしょう。
それでも、一般の人たちの中には、「天罰」だと
言う人がいて、注意は必要みたいですね。
Posted by たんぽぽ at 2011年03月28日 22:32
mmmさま

>仏教徒は自己責任論にはまりやすい、というのは彼らの哲学に
>「因果応報」「自業自得」というのが含まれているからです。

因果応報は、わたしも聞いたことがあります。
仏教徒うんぬんと聞いて、わたしもこれと
関係があるのかと思っていたところでした。

>自己責任論は、困っている人に更に「それはお前のせいだよ」と
>面と向かって言うようなもの

たいてい責任を押し付けられるのは、
立場の弱い人たちなんですよね。
強者がますますおごるようになる考えかただと思います。

あと、因果応報とも関係あるけれど、
自己責任論を押し進めていくと、偶然とか、運がよかった
という要素が、受け入れられなくなるのね。
「自分は実力もあったが、運にも助けれた」と
考えなくなるので、成功者がおごりやすくなると思います。
Posted by たんぽぽ at 2011年03月28日 22:33
 お久しぶりです。地元に戻ってきました。
あたしのところは平野なので割と順調にライフラインが復旧しつつあり(少なくともうちは電気ガス水道全部揃いました)、物流も、食べるのに困らない程度にはきています。

 付記の署名、情報収集方向が偏っていたため知りませんでした。先ほど、署名をしました。

震災(というか、原発関連)では大分はらわたが煮えているので、そのことを記事にするついでに、あたしのブログでも紹介してみようかと思っています。
Posted by 七重 at 2011年03月30日 15:01
七重さま、おひさしぶりです。

>地元に戻ってきました

お帰りなさいませ。
生活のほうも、日常が取り戻されつつあるようで、よかったです。

>付記の署名、情報収集方向が偏っていたため知りませんでした。
>先ほど、署名をしました

ご協力ありがとうございます。
(わたしがお礼を言うのも変だけど。)
かく言うわたしも、見つけたの、偶然だったんだけど。

なんにしても、行動を起こしているかたは
いらっしゃるんだなと思ったしだいです。

>そのことを記事にするついでに、
>あたしのブログでも紹介してみようかと思っています

ぜひぜひ、書いてみてくださいね。
Posted by たんぽぽ at 2011年03月30日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

一般人が無謬とは言わないけどさ
Excerpt:  お久しぶりです、七重です。 地元に戻ってきて、それなりの生活をしています。洗剤とか、生活用品でも手に入りにくいものがちょっとあるけど、とりあえず内陸部は食べるものには ...
Weblog: 七重のまったり日記
Tracked: 2011-04-07 16:27