2011年05月21日

toujyouka016.jpg メインサイト7周年

メインサイト7周年です。
わたしのつたないサイトをご愛読してくださる、
貴重なみなさまがた、まことにありがとうございます。
ここに感謝するしだいです。

 
こういう内容で、これだけサイトを長くやっていると、
心ない人にも、かなりの数遭遇することになります。
(それともわたしだけ、特別にエンカウント率が高いんだって?)

攻撃的な議論をしてくる人も多いほうだと思います。
露骨に荒らされたこともありますし、通報したこともあります。
それでも、はじめから敵対心を持って近づく人は、
相応の心構えで対応するので、たいていはなんとかなります。


対応がいつもできないのは、それまでずっと信頼していた人が、
意見対立から気に入らなくなったとか、
トラブルの責任を取りたくない保身などから、
きゅうに背信的な態度を取ったときです。

わたしは、この憂き目にあう頻度も、高いように思います。
これは第一には、心ない人に責任があるのでしょうけれど、
ここではあえて、わたしの資質を考えてみます。

となるとやはり、サイトやブログで書いている内容が
おもしろくないからではないかと思います。
もうひとつは、わたしの人望がないからで、
わたしは、とりたてて人格高潔でもないし、
インテリでもない、どこの馬の骨かわからん人物です。
会話してもおもしろくないでしょう。

となれば、わたしとの関係が気まずくなれば、
理不尽であっても筋を通そうとか、無理して交流しようなんて思わず、
さっさと遠ざけたくもなるだろうと思います。

posted by たんぽぽ at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(1) | たんぽぽのなみだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - メインサイト7周年 web拍手
この記事へのコメント
「偽科学」的なテーマでいけば、震災や原発事故を受け科学技術への信頼が揺らぎ、「偽科学」が盛り返すのか、原子力こそ「正しい科学技術」ではない、となるのか、あるいはまた、いくつかの流れに収斂するのか、文明史的テーマですね。
Posted by pulin at 2011年05月22日 05:56
コメントありがとうです。

>文明史的テーマですね

そういうことも、研究されているんじゃないかな。

今回の大震災に関して、わたしの印象だけど、
もともと「とんでも」にはまっていた人は、
ますます磨きがかかっている感じだけど、
そうでない人たちにまで「とんでも」が蔓延するほど、
科学不信を招いていはいないと思われます。
Posted by たんぽぽ at 2011年05月22日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

自然エネルギーの固定価格買い取り法案(177閣法51号)の成立を呼びかけよう! 【追記あり】
Excerpt:  同郷の俳優・児玉清さんがおととい16日、亡くなりました。心からご冥福をお祈りいたします。 ◇ 日本は間接民主制デモクラシーですから、有権者が選挙で議員を選び、その議員が代理人として法律をつくります。..
Weblog: 国会傍聴記by下町の太陽
Tracked: 2011-05-22 13:03