2011年10月31日

toujyouka016.jpg ふたたびミスコンの議論

ICUのミスコン中止の情報が入ると、ツイッターでは、
ミスコンテストの話題が、ふたたび活発になったのでした。
その中でもとりわけ注目されているのが、小倉秀夫弁護士です。
この人は、ミスコン擁護・肯定の立場で論陣を張り、
多くの人たちから、批判や反論を受けているのです。

「ミスコンと差別と階層性」
「フェミが反貧困に無関心であるという事実誤認について」
「男女間賃金格差問題の基本のき」

 
上のリンクさきをご覧になればわかるように、
話題はミスコンの是非にとどまらず、フェミニズム論や、
女性の賃金や雇用問題といったことにまで発展しています。
これらでも、小倉弁護士はナイーブな認識や、
女性差別に対する無理解を露呈していたりします。

小倉弁護士は、ツイッターでは、ネトウヨや国士さまを
斬りまくることで、もともと有名な人だったのでした。
リベラルな人だと思われていたので、
ここまで女性差別に無自覚なのは、意外でもありました。
男性識者の限界なるものを、わたしは感じています。


小倉弁護士の議論は眼に余ると、わたしも思うので、
末席からながらすこしだけ、議論のお手合わせをしたのでした。
それをご紹介したいと思います。

「小倉弁護士とミスコンの議論をすこしした」

ミスコンテストの本質は、女性を美醜によって
序列をつけたいという、男性の欲望の現れだろうと思います。
ミスコンの議論が活発になりやすい理由のひとつは、
この男性の欲望の根幹に関わることが、
「差別的」と言われるからだろうと思います。

一般にミスコンは、容姿の「美しさ」以外にも、
年齢制限があって未婚者にかぎられるし、そのほか男性にとって
「好ましい女性」とされる条件が、いくつも課されます。
この「男性のより好み」によって女性を選別するのが
差別的だったのであり、それをコンテストのかたちで
おおやけにやることが、ミスコンの問題なのだと思います。


そうしたら、小倉弁護士は、「男達は所得水準やら
社会的地位やらで差別を受けてきた」と言ってきましたよ
所得や社会的地位のある男性のほうが、女性に選ばれやすい、
女性がそういうより好みをするから、より高い所得や社会的地位を
得るべく男性に負担がかかる、と言いたいのでしょう。


ところが、所得水準や社会的地位が高いほうがエラい、
というヒエラルキーは、男性が作った男社会のものです。
この男社会のヒエラルキーにしたがって、
女性は男性を選んでいるだけとも言えます。

女性が男性を選んでいて、女性主体のようですが、
女性は男性間に配分される「資源」と考えることもできます。
所得水準や社会的地位の高いほうが、「資源」を容易に
獲得しやすいよう、男たちは社会のヒエラルキーを
作ってきたとも言えるでしょう。

posted by たんぽぽ at 07:01 | Comment(14) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - ふたたびミスコンの議論 web拍手
この記事へのコメント
小倉弁護士は司法試験を突破して弁護士の仕事をしているわけですが、容姿もそれとまったく同様の世に出ることができる能力の一つととらえているようで、それがなぜいけないのかということで、大学でミスコンをやることの是非についてはどうでも良くなっているように思われます。
Posted by pulin at 2011年10月31日 17:56
ええー、twitterで議論…140文字で議論?(苦笑)

まあ、それも呆れた理由のひとつですが、学校に性的な話題(やそれに繋がりやすいもの)を持ち込まない方がよいといった常識が通じていないところに驚きました。この方は、すべての芸能活動を禁じている学校があることをどのように捉えてらっしゃるんでしょうね。

私は2000年代に日本の「外国人の多い大学」を卒業したのですが、内部では「教員も職員も学生も、恋人・夫婦以外はできるだけ性的なものを避けましょう」といった方向でした。ミスコンのミの字もありませんでしたし、例えば、研究室に行って授業の質問をする、といった場面でも「ドアを開けたままにしておく」という規則がありました。うちの大学の提携している姉妹校では既に常識化しているこういう規則、ない大学もあるんでしょうか。私は自分の卒業した大学と留学先の大学の2校しか知りません。もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

>女性が男性を選んでいて
>所得水準や社会的地位が高いほうがエラい
それらはやはり父親が娘の結婚相手を決めていた頃の思考に従っていると言えるでしょう。
Posted by mmm at 2011年10月31日 21:43
pulinさま、
このエントリにコメントありがとうございます。

>容姿もそれとまったく同様の世に出ることができる能力の
>一つととらえているようで

そうなんですよね。
それについても、批判はいくつも出ているけれど。
わたしも、「女氏なくして玉の輿」なんて、
いまどきどこにあるのかと思います。

それから、大学でミスコンをやることの是非も、
あの様子だとこだわっていると、わたしは思いますよ。
Posted by たんぽぽ at 2011年11月01日 23:07
mmmさま、
このエントリにコメントありがとうございます。

>ええー、twitterで議論…140文字で議論?(苦笑)

そうなんですよ。
もう1ヶ月くらい、ミスコンとそこから派生した議論を
ツイッターで延々続けていますよ。

>学校に性的な話題(やそれに繋がりやすいもの)を
>持ち込まない方がよいといった常識が通じていないところに

ことジェンダーに関しては、こちらの常識は、
ほとんど通じないと思ったほうがよさそうですよ。


>うちの大学の提携している姉妹校では
>既に常識化しているこういう規則、ない大学もあるんでしょうか

ミスコンをやっている大学はほかにもあると思うけど、
大学全体の中で多いのかすくないのかは、わからないです。

研究室へ行って質問をするとき、ドアを開けたままにしておくのは、
神経質なほうではないかと思います。
わたしの大学・学科ではドアを開けたままにはしなかったです。
といっても、それで問題が起きなかったからであって、
性的なものを避けなかったからではないのですが。
Posted by たんぽぽ at 2011年11月01日 23:08
>ことジェンダーに関しては、こちらの常識は、
>ほとんど通じないと思ったほうがよさそうですよ。
そうなんですねー。でも、そういったものを拒否する学校に要求を呑めと言ってモンスターペアレント化しなければいいんですが。

>研究室へ行って質問をするとき、
>ドアを開けたままにしておくのは、
>神経質なほうではないかと思います。
>わたしの大学・学科では
>ドアを開けたままにはしなかったです。
>といっても、それで問題が起きなかったからであって、
>性的なものを避けなかったからではないのですが。
もちろん、自分の母校でそういった規則を設けたのも「問題が起きたから」ではありません。

ちょっと詳しく書きますね。性的トラブルは意図的に起こされる場合があるんです。日本ではどうしても今の時代でも男性教員が多いですよね。「スキャンダルを作り上げて他の教員を引きずり下ろし、研究費を自分のものにするために」そういう噂を流したりという教員間のトラブルや、生徒が教員を中傷するために「私はあの教師からセクハラを受けた」といったでっち上げまで存在することを(国公立でも、私立でも、広い範囲から色々聞いています)耳にしたことがあります。

はっきりした「政治的な目的」の例を言うと、中国にとって都合の悪い国・地域を「支援」している教員を中国人留学生たちが騒ぎを起こし、辞めさせた例が卑近にありました。ここで挙げている「でっち上げ」も一つの手段でしょう。中国にとって都合の悪い、とはどこなのか、お分かりですよね?これは日本の大学で起こったことです。残念ですが、本当にこういうことはあるんです。さすがに近すぎるので学校名や教員名は伏せます。理系大学でも、研究費予算の奪い合いはあるでしょうね。もっと恐ろしいだろうと思います。

つまり、「異性の生徒と二人きりにならない」は教員を守るための規則なんです。トラブルが起きる前に手を打つ、というのは学校にとって最善の策であり、これ以上のことはできません。
Posted by mmm at 2011年11月02日 19:44
紹介リンクは全て興味深く読ませていただきましたよ。
ミスコンの是非についてはどうともいいがたいものはあるけれど、その周辺議論で激しくなったり本質がみえたりで面白いっちゃおもしろいんだけどw、一般の人にはなんの議論なのかわかりにくいかもいしれませんね。

それにしても、ミスコンをなくして欲しくないという願望に、なんとか理由つけて正当化したいのにボロでちゃった、オッサン〜〜!って感じですね。たんぽぽさんいうところの男性の欲望の根幹か、なるほど。
で、女性の雇用状況はどうなってるかの反論あり、弁護士さん、こんな認識でいいのかねえ。労働問題では法廷で争えないんじゃ。

ともあれ、いまのミスコンの実態というのはよくわかりませんが。
応募者が少ない、とか質が上がらない?人が集まらない、とか色々あるんでしょうか。
容姿によって経済的地位達成する機会、になりうるとはとうていおもえないんですが、ミスユニバースと勘違いしてないですかね。






Posted by うがんざき at 2011年11月03日 07:21
mmmさま

>ちょっと詳しく書きますね。

わかってますよ。
意図的にスキャンダルを「作る」ことで、ライバルを蹴落とそうとする
教員がいる大学がある、というのは、わたしも聞いています。

わたしのいた大学・学科は、意図的にスキャンダルを「作る」、
といったことをする人たちがいなかったので、
その予防も必要なかった、ということです。
Posted by たんぽぽ at 2011年11月03日 22:56
うがんざきさま、
このエントリにコメントありがとうございます。

>紹介リンクは全て興味深く読ませていただきましたよ

ご覧いただき、まことにありがとうございます。

>その周辺議論で激しくなったり本質がみえたりで
>面白いっちゃおもしろいんだけど

男性識者の限界と言うか、ジェンダーを語ると
「正体」が見える男性というのは、ときどきいらっしゃりますね。

>ミスコンをなくして欲しくないという願望に、
>なんとか理由つけて正当化したいのにボロでちゃった

しつこく議論を続けるほど、ぼろが出て来ると、
わたしも思うんだけどね。
ご本人はこんなところでやられたくないと
思っているのかもしれないです。


>女性の雇用状況はどうなってるかの反論あり、
>弁護士さん、こんな認識でいいのかねえ

ゆゆしきことに、小倉弁護士に同調する同業者が
結構いるんですよね...
(ジェンダーに関係する問題では、依頼ができないですね。)

>いまのミスコンの実態というのはよくわかりませんが

わたしもよくわからないです。
大学ではそれなりにお盛んにやられているらしいですが。

>容姿によって経済的地位達成する機会、になりうるとは
>とうていおもえないんですが

わたしも同じく、とうてい思えないんだけど、
小倉弁護士はいったいなにを指して言っているのかと思います。
Posted by たんぽぽ at 2011年11月03日 22:57
その後良くブログを読んだら六月にミスコンについて議論が活発にかわされっていたんですね。
ミスコンはすたれてなんていないんですね、失礼失礼??
検索したら、ミスコンのポータルサイト、ミスコレというのを発見、色々びっくりですよ。首都圏のいろんな大学のミスコン候補者の紹介及びブログ(ポータルサイト内)があり、ここでコンテストの投票もできる。ほんと?と思わずボタン押してしまいました、私の一票が。。。
で、プロフィールみると、アナウンサー志望が多いのですね。やっぱり登龍門なのか。
ミスコン候補にスカウトされること自体悪い気はしないでしょうね。商品として消費されていく感じは痛々しいですが。
ミスコンの非対称性が嫌なんだよな、と思ってたら、ポータルサイトに、なんとミスターコンも発見。やってるんですね、一応。スカウトとプロデュース能力がイマイチですが。選考基準が女目線とはおもえないけど。果たして?
以上、くだらないけどご報告でした。
Posted by うがんざき at 2011年11月06日 04:00
ミスター××と冠するのはボディビルのコンテストだけだと思っていましたが。大学のミスコンと同じようなミスターコンテストもあるんですね。
その、ミスコレというサイトをみると、ミスターコンテストに出ている男子はみんな中性的なタイプで雄の臭いを感じさせないような、ボディビルのミスターコンテストとは対局にあるような子ばかりなのが、男性の女性化なのかもしれません。
Posted by pulin at 2011年11月06日 14:05
うがんざきさま、
またまたコメントありがとうです。

>その後良くブログを読んだら六月にミスコンについて
>議論が活発にかわされっていたんですね

6月にICUでミスコンが企画されて、そのとき議論になったのでした。
10月に中止が決まって、また議論になったわけです。

>ミスコレというのを発見

見つけました。これですね。
http://www.camcolle.jp/miss/

>プロフィールみると、アナウンサー志望が多いのですね

アナウンサーはライバルを差をつけるために、
履歴書にミスコンのタイトルを書くことがある、
というのは、わたしも聞いたことがあります。
本当だったわけですね。

>なんとミスターコンも発見。やってるんですね、一応

ありますね。
http://camcolle.wondernotes.jp/mr/
非対称性を批判されてはじめたんでしょうか。
くわしいことは、わたしにはわからないけれど。

>以上、くだらないけどご報告でした

ああ、いえいえ、くだらなくはないですよ。
情報どうもありがとうです。
Posted by たんぽぽ at 2011年11月08日 23:27
pulinさま
またまたコメントありがとうです。

>ミスコレというサイトをみると、ミスターコンテストに出ている男子は

わたしもよくわからないけど、
世間的な(?)基準でのイケメンじゃないかな?
(中性的というわけではないように思うけど...)

ボディビルに出るようなタイプとは、たしかに違うけど、
ボディビル・タイプだけが、「美男子」とされるのではないから、
それはそれでおかしくないと、わたしは思いますよ。
Posted by たんぽぽ at 2011年11月08日 23:29
こんにちは。基本的に、学校を含む公的な場に性的な話題を持ち込むことは良くないと思います。あくまでも、セクハラにつながるような、あるいは連想させるような性的な話題に限りますが。性教育とか、性病の予防とか、女性の健康についてとか、そういうのは別ですよ。
実は個人的な経験ですが、私の勤務している病院の院長が、産婦人科医なのに下ネタがすごいんです。例えば普通に仕事中、事務の女性とすれ違うと「チンチン」と言ったり、宴会では看護師にお触りしまくったり。産婦人科医が下ネタをいうのは許せないので、別の医師を通じて苦情を申し入れてもらったのですが、あんなの下ネタじゃない、と気にとめないようです。私は結構怒っていて、新聞社にたれこみたいくらいの気分なのですが。医師不足で有名な病院でして、医師不足に関しては結構新聞ネタになってます。
世の中が常識的な人々ばかりなら、ミスコンくらい構わないと思います。でも、常識をわきまえない人がいる以上、公的な場では性的な話題を控えるべきだと思います。
Posted by しまあじ at 2011年11月09日 21:10
しまあじさま、
このエントリにコメントありがとうございます。

>基本的に、学校を含む公的な場に性的な話題を持ち込むことは良くない

そうお考えのかた、結構いらっしゃるようですね。
すくなくとも「常識的な人びと」ばかりでないのは、たしかですね。

>性教育とか、性病の予防とか、女性の健康についてとか、
>そういうのは別ですよ。

性的と言っても、権利や保護にかかわることはべつですね。


>実は個人的な経験ですが、

なるほどひどいですね。
宴会で看護師に触るのは、もはやセクハラですしね。

新聞社にたれこむ前に、ブログやツイッターなどに書いて、
たたき台にするのも一案かもしれないです。
Posted by たんぽぽ at 2011年11月10日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック