2012年06月01日

toujyouka016.jpg 政治改革批判に思う

山口二郎氏という政治学者が書いた、
『政治改革』(岩波新書)という本があります。
ところが、「世に倦む日日」氏というかたが、
この本をかなり曲解して、政治改革批判をやっているのです。
以下に書いているので、ご覧いただけたらと思います。

「世に倦む日日の政治改革評」
「小選挙区を主張したか?」
「政権交代でなにがよくなるか?」
「政治改革は失敗したか?」
「世に倦む日日の政治改革評(2)」

 
「世に倦む日日」氏が政治改革批判をしている
ツイートを以下にしめしておきます。
(トゥゲッターにまとめようと思ったのですが、
どういうわけか、わたしはこのかたに
ブロックされていて、まとめを作れないので、
ツイートのURLを並べることにします。)

https://twitter.com/yoniumuhibi/status/193997766450614274
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194000271557406720
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194001704612659200
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194044797600792576
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194046237232734208
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194048179375837184
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194050412268093440
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194053687331663872
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194054723412824065
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194057966461255681
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194079516166078465
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/194084718571028480


わたしが思ったのは、まず「世に倦む日日」氏は、
多分にいい加減なことを言う、ということです。
それから、「世に倦む日日」氏の言うことを
信用している人も結構多いようで、それが気になるということです。

政治改革に対して、「世に倦む日日」氏と
おなじようなことを考えている人は、
すくなからずいるのではないかと思います。
それゆえ、「世に倦む日日」氏の政治改革批判を
ひとつの代表的意見と見て、検討を加えることは、
じゅうぶん意義があるだろうと思います。

posted by たんぽぽ at 21:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 政治改革批判に思う web拍手
この記事へのコメント
政治家なんて所詮はユダヤ商人の手先 政治なんて全て茶番
Posted by 大衆ゴイム at 2012年06月04日 03:51
あら、コシミズの信者かしら?
Posted by たんぽぽ at 2012年06月05日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック