2012年06月29日

toujyouka016.jpg 母性本能の信者がいた

ひさしぶりに、母性が本能だと信じている人を見ました。
つぎのツイートを見ると、かなり典型的だと思います。

https://twitter.com/molichane/status/211114355729776641
母性本能。子供を守ろうとする女性の本能。
これ以上美しいものがあるか?
我が子に母乳を与えるのはそんなに理不尽か?
女は子供を産めるんだよ。こんな素晴らしい権利を捨てて
OLになるのがそんなにいいのか。
こういうバカ女が増えた結果、子供は減りその国は滅びる。
お前ら何がしたいんだ。

 
母性が「本能」だというなら、「(子どもを産まないで)
お前ら何がしたいんだ」などと言わなくても、
自発的に子どもを産みたがると思います。

「お前ら何がしたいんだ」とわざわざ言って、
思想によって子どもを産むべきと思わせようとするのは、
母性が「本能」ではなく、「イデオロギー」であることを
しめしていると言えます。

「これ以上美しいものがあるか?」などと
美化しているのも、イデオロギー的だと言えます。
そしてこのかたには、「子供は減りその国は滅びる」という
はっきりとした政治的意図があるわけです。

ちなみに、わたしは子どもを産めることが
「素晴らしい権利」だなどとは思いません。
妊娠や出産は、とうぜんながら母体に負担がかかります。
また「産む性」であるがゆえに、生きかたに
さまざまな制限を加えられることも多いです。
すこしも権利などではないでしょう。


働く女性に対する、つぎの認識もすさまじいです。
女性だってお仕事がきつくなっても
踏ん張ることくらいいくらでもありますよ。
踏ん張らないはずがないでしょう。

https://twitter.com/molichane/status/211119347031224321
仕事に生きる女に限って、ちょっと行き詰まると
自分探しの旅なんて言ってピューって海外旅行に行っちゃう。
バカなのか。男はどんなにキツくてもそこで踏ん張るんだよ。
どんなに踏まれても上を向くんだよ。
その覚悟はないくせに何がキャリアウーマンだ。
そういうのをおいしいとこ取りっていうんだよ。

妊娠・出産を機にお仕事か家庭かの選択を迫られるし、
そもそもなかば強制的に退職させられることもあります。
女性が働くということは、男性にない「覚悟」が
必要になってくることがあります。

また、女性の給料は男性の7割に満たないですし、
上の職階に上がれる女性もすくないです。
女性のほうが「踏まれている」とも言えます。

そもそも「ぴゅーと海外旅行に行く」人って、どこにいるんですか?
わたしはそんな「働く女性」は知らないですよ。
ちなみに、わたしが「ぴゅーと海外旅行へ行く」と言われて
思い浮かべるのは、ぷくま先生ですよ。
(しょっちゅう海外旅行に行っていると聞くし。)


つぎのツイートを見ると、この人はどうやら、
女性に母親を求める、というのを通り越して、
女はみんな自分のママとおなじでなくては嫌だ、
というタイプのようです。

https://twitter.com/molichane/status/211126316089622528
俺は母親が自分の晩御飯を我慢して
俺に食わせてくれた事を強烈に覚えてる。
だから逆らえない。恩返ししたいと思う。
綺麗事をいう訳じゃないけど親子ってそういうもんだろ。
今でもそういう親子絶対いるよ。
「余裕を持って子育て」ってよく考えたらおかしいわ。

「マザコン」というだけでも、じゅうぶん強烈ですが、
さらにそれを通り越して、すべての女性に、
自分のママとおなじであることを押し付けるのは、
押し付けられる側は被害甚大というものです。


関連資料:
母性本能については、つぎの記事も参考になるでしょう。

「3周年おめでとう!4つ葉へのメッセージ」
「母性神話」
「17. 母性本能という伝説 〜 子どもを愛せない女性たち」

posted by たんぽぽ at 22:48 | Comment(9) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 母性本能の信者がいた web拍手
この記事へのコメント
子育て中の私から正直に言ってみましょう♪

元々余裕が無きゃ、子供産んでも不幸です。「仕事か家庭か」なんて環境の日本でなら、尚更。しかも健康状態は妊娠前のようには戻りません。ホルモンの不安定さが原因で鬱病になるなんて普通にあります。帝王切開で出産したら次の出産も「当然のように」帝王切開です。

どこが美しいんだろう?母子の関係って生々しいだけだと思いますけど…
Posted by mmm at 2012年06月29日 23:20
この人の他のtweetをちょっと見たら、「母性礼賛」の他に、反反原発、従軍慰安婦否定、なども言っているので、ああ、右のテンプレ通りの人かと思いました。
Posted by 御光堂 at 2012年06月30日 06:20
なにをさして「本能」と呼ぶのか、かなり恣意的な主張ができそうではあるけど。「文化」や「伝統」と同じく、「俺の言いたいこと」の言い換えですよね。

>「子供は減りその国は滅びる」

べつに、国を維持するために、子供を産むのではないでしょう。(もちろん、国に人生を捧げる人だって、いるかもしれないけど)
Posted by キンシャチ at 2012年06月30日 08:03
自覚のないマザコンですな。
Posted by D at 2012年06月30日 17:42
mmmさま、コメントありがとうございます

>どこが美しいんだろう?

まったくそうですよね。
母体に負担はかかるし、生きかたに制限がかかるし。
美化できるのは、妊娠や出産なんてしょせん他人ごと、
ということかもしれないですね。



御光堂さま、コメントありがとうございます。

>反反原発、従軍慰安婦否定、なども言っているので、

確認しました。
もともとミギミギしい人でもあるようですね。
Posted by たんぽぽ at 2012年07月01日 22:08
キンシャチさま、コメントありがとうございます。

>なにをさして「本能」と呼ぶのか、

科学ではなく、しょせんイデオロギーですからね。
「本能」の解釈にも恣意性は入ると思います。

>国を維持するために、子供を産むのではないでしょう

お国のために子どもを産んでもらう、というのは、
ファシズムの国によくあることです。
リンクしたツイートのかたは、ミギミギしい人なので、
ファシズム寄りのことを言っていても、
ふしぎはないのでしょうけれど。



Dさま

>自覚のないマザコンですな

わたしも、すごいマザコンだと思ったですよ。
(マザコンは母性を求める、ということなのでしょうかね。)
しかも、すべての女性が自分のママとおなじようで
なければ嫌だというのだから、かなり重度だと思います。
Posted by たんぽぽ at 2012年07月01日 22:10
母性っていわれてもねえ。
それがなんなのか、僕にはわからないです。


自分探しの旅は、僕は男だけど考えたこともあるし。

Posted by SPIRIT(スピリット) at 2012年07月04日 19:15
SPIRIT(スピリット)さま、
コメントありがとうございます。

>母性っていわれてもねえ

ある種の人たちにとっては、女性は自発的に子どもを産みたいとか
育てたいという感情を、持ち合わせているらしく、
それを「母性本能」と言うのだそうです。

また、母親と子どもが接することで、子どもの成長に大切らしい
オカルト的な作用が働くらしく、その作用のことでもあるようです。

>自分探しの旅は、

エントリでリンクした「ぴゅーと海外旅行に行く」という
ぷくま先生も男性ですね。
この先生は、「女は男よりだめだ」とか本気で思っていて、
ツイートの人と考えが近いのではないかと思います。
Posted by たんぽぽ at 2012年07月05日 19:29
ここにちょうどいい記事があった。
「母性」というのは、「「自分が思う母親像と違う相手」を
非難する際、最大のダメージを与えるために有効な言葉」とある。

「「母性」という言葉 」
http://www.lovepiececlub.com/mejirushi/2012/01/post-35.html

エントリでリンクした、母性本能の信者のかたも、
まさに自分の母親像と違う女性を攻撃するために
「母性」という概念を使っていますね。
Posted by たんぽぽ at 2012年07月11日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック