2012年07月29日

toujyouka016.jpg 「嫁」になりたくない

いわゆる「嫁」になりたくなかったので、事実婚という
結婚のかたちを選んだ女性のことを書いた記事があります。
ここに出て来る「嫁になりたくない」という気持ちは、
「理解できる」というかたは、これをご覧の中には、
たくさんいらっしゃるだろうと思います。

「“嫁”になりたくなかった女性が選んだ結婚のカタチ」

========
「○○家の嫁」ではなく、彼のパートナーとして、
人間として対等でありたい。
家同士のつながりではなく、個々のつながりを大切にしたい。
その結果として選んだのが事実婚だった。
========

 
記事にあるつぎのくだりを見ると、「嫁」という概念は
まだまだ健在なのだなと、あらためて思わされます。
こんな現実を見たら、「嫁になりたくない」と思ったり、
さらには結婚自体に懐疑するかたが
たくさん出て来ても、ふしぎはないと思います。

========
また「嫁」になった途端、姑だけでなく、義姉にまで
暴言を吐かれるなどのイジメに合い、うなだれてしまう人もいた。
結婚前はバリバリのキャリアウーマンだったのに、
夫の家に入った途端、しいたげられてしまう人も。
「『家族』だからといって、何をしてもいいのか?」と
強い怒りが沸いてきた。
========
========
嫁のことを良く言っている姑は皆無と言っていい。
姑の実子、親戚が集まれば、決まったように嫁の悪口大会が始まる。
何の疑いもなく、実子や親戚は姑の言っていることを信じるので、
閉鎖されたコミュニティの中で嫁は孤立し、どんどん悪者になってゆく。
世話になっていることなんてお構いなし。
ある意味、陰湿なイジメとさえ私は思う。
========

前のエントリで、既存の結婚のスタイルは、
女性に不利なことが多いので、事実婚や夫婦別姓に対して
女性のほうが許容度が高くなるのではないか、
といったことをお話したのでした。
このような「嫁扱い」は、まさに既存の結婚のスタイルで、
女性が不利になるひとつの典型だと思います。

実際、結婚して苗字が変わったことで、「嫁」になったと
夫の家族から思われることも、すくなくないです。
「結婚しても嫁にならない」ための方策として、
事実婚というスタイルを選ぶことは、
合理性があるということになります。


>事実婚は離婚しやすいという思い込み

記事で紹介されている、「嫁になりたくない」ので
事実婚を選んだという、Hさんというかたですが、
事実婚をはじめたころは、双方の両親から反対があり、
「子どもが生まれた後、男が逃げたらどうするんだ?」とまで
言われたとあります。

事実婚に対するよくある思い込みとして、
「離婚しやすい」というものがあるのですよね。
(もちろん、実際にはそんなことは決まっていなくて、
事実婚が法律婚より離婚しやすい事実はないのですが。)

日本は婚姻届けを出すのが正式な結婚、という意識が強いですから、
婚姻届けを出していないと同棲の延長のようで、
結びつきが緩いかのような気がしてくるのかもしれないです。


>別姓夫婦の子ども

日本では事実婚を選択すると、必然的に夫婦別姓になります。
Hさんご夫婦のお子さんたちは、自分たちが、
別姓の家族であることに対して「他の家はお父さんと
お母さんの名字が同じで驚いた」と言っていたそうです。
つまり夫婦同姓のほうを、異様なものと思っていたわけです。

こちらのツイートにも、おなじようなお話がありますが、
産まれたときから父母の苗字が違っているので、
別姓家族の子は、それが当たり前と思うようになるわけです。

夫婦別姓の反対論者たちは、「別姓夫婦の子は、
親の苗字が異なることに違和感を持つ」などとよく言います
ところがこれは、反対派のあまたの中で作り上げられた
思い込みにすぎないことを、示していることになります。


>事実婚で不利になること

記事では、事実婚にもいくつかの不利になることや、
デメリットがあることも、紹介されています。
住宅ローンの審査では、Hさんご夫婦は正社員だったので、
スムーズにクリアしたのですが、フリーランスや非正規雇用のかただと、
なかなかそうはいかないようです。

========
住宅ローンを組む際、銀行から「入籍していないと審査が通らない」
と言われ、不本意ながら慌てて入籍した経緯がある。
購入物件の約半分の頭金を準備していたのに、
よほど信用がなかったのか、挙句の果てには
結婚式の写真や自著まで提出させられた。
私の周辺でも、同様の理由で入籍した人は少なくない。
========

事実婚もだいぶ認知されてきたのではないかという気が、
わたしはしていたのですが、こんな例を見ていると、
世間的にはまだまだ認知されていないところが
あるのだなと、あらためて実感するのでした。


>ライフスタイルの多様性に対応しない現行法

それから記事では、現在の民法は55年体制時代のままで、
結婚のスタイルに多様性を認めていないから、
ライフスタイルの多様化した現状に対応できず、
結婚や出産を思いとどまる人が出て来ることに触れています。
このあたりは、よく言われるところですね。

========
日本はまだ“結婚=男性が家計を担う”という
考えから抜けられていない。
非正規雇用の若い世代が増え、ライフスタイルもこれだけ多様化
しているのですから、結婚のスタイルだって色々あっていい。
結婚スタイルを自由に選択できる世の中になれば、
婚姻率、出生率も上がると思うんですけどね
========

ちなみに、記事では「法律は明治時代のまま」とありますが、
実際には「55年体制時代のまま」だと思います。
「結婚=男性が家計を担う」というのも、
高度経済成長期に理想とされた家族のありかたですね。

posted by たんぽぽ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 「嫁」になりたくない web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック