2012年08月05日

toujyouka016.jpg 警察官の集団セクハラ

すこし前に話題になった事件。
神奈川県警の男性警察官4人が、後輩の女性警察官に対して
集団でセクハラをした、ということがあったのでした。

新聞記事は全部「セクハラ」「性的いやがらせ」と書いていますが、
セクハラというレベルを通り越すくらいひどくて、
準強姦か強姦未遂と言っていいと思います。
(つぎの読売の記事には、「セクハラ」とは具体的になにをしたか
書いてあるのですが、気持ち悪くてつぶさに読む気がしないです。)

「女性警官に集団セクハラ、先輩4人が服脱がせ…」

 
神奈川県警は最初、「刑事事件としては
立件できないと判断した」などと言っていたのでした。
おそらく親告罪なので、被害女性本人が、
被害届けを出さないかぎり立件できない、
ということではないかと思います。

そのあと、県警は方針が変わって、立件することを
視野に入れるようになったのでした。
おそらく、抗議や批判がたくさん寄せられたので、
動かざるを得なくなったのかもしれないです。

「警官集団セクハラ、立件視野に捜査へ…判断撤回」
「警察官集団セクハラ「立件の可否を検討」 神奈川県警」


4人の男性警察官ですが、「女性警察官が希望する部署への
配属を示唆するような発言をした」とあります。
そして、被害者の女性警察官も「希望の配属が決まり、
新しい職場での影響を考えて逆らえなかった」と話しています。

「男性警官4人、女性警官に集団セクハラ 神奈川・大和署」
「セクハラ先輩警官、異動先上司の名を挙げて誘う」

やはり、職場の地位を利用した脅しがあったようで、
女性警察官が被害届けを出すのをためらったのも、
このような事情によるのではないかと思います。


この事件をご覧になって、警察がこんな調子では
だれを信用したらよいのかわからないと
おっしゃるかたも、いるのではないかと思います。
ところが警察というのは、多分に男社会なのですよね。
わたしに言わせれば、今度の集団セクハラも、
起きるべくして起きたという感想です。

警察は、女性の起用が遅れているところで、
つい先日もようやく「女性の力を活かす」なんて、
前時代っぽいことをやっていたのでした。
今度の事件に関しても、「長年、警察は男性ばかりの組織で
女性を対等のパートナーとみる意識が低かった」なんて
警察自らが語っているくらいです。

じつは、これくらいのセクハラは、
警察では日常茶飯事に起きている、というご指摘もあります。
これが本当なら、とても怖いことですね。
(わたしは、ありえるお話だと思いますよ。)
https://twitter.com/yuzulin/status/229794531112009728
========
警察内ではこれ位は日常茶飯事と元愛媛県警の仙波敏郎氏が言ってた。
========

おそらく、いつもはこうしたセクハラが起きても、
表ざたにならないよう、もみ消してしまうのでしょう。
今回の集団セクハラ事件は、ある意味「運が悪かった」わけで、
内輪でもみ消せなかったなんらかの事情があった、
ということだと思います。

posted by たんぽぽ at 17:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 警察官の集団セクハラ web拍手
この記事へのコメント
いったいなぜこういうことが起きるのかと考えると、たんぽぽさんの「セクハラは相手を侮辱するためにやる」という説とは少しはずれるのですが、もちろん女性を軽く見ているということもあるでしょうが、たぶんこれ、やった方は懇親のつもりで、これによって被害にあった女性も含めてみんなの仲間意識が強まると思っていたのではないかと思うんですよ。
つまり相手を侮辱したいという単なる悪意だけではないのではないでしょうか。そうした間違った善意は只の悪意よりももっと始末が悪いと思います。
Posted by 御光堂 at 2012年08月05日 20:33
このエントリにコメント、ありがとうございます。

>たぶんこれ、やった方は懇親のつもりで、
>これによって被害にあった女性も含めてみんなの仲間意識が強まると
>思っていたのではないかと思うんですよ

やった側に加害の意識がとぼしいことは、あるかもしれないですね。
セクハラの言いわけとして、「コミュニケーションのつもりだった」
というのは、よくあることですし。

こういうのを「コミュニケーション」と心得ること自体、
女性を対等のパートナーとして見ていない証拠なんだけれど。
Posted by たんぽぽ at 2012年08月06日 22:34
まず一言言えるのが「一般と認識がズレている人たちがエリートとして扱われている」。

これが研究職とか、カイシャとか、警察とか、ありとあらゆる場面で露呈するだけのことかと。エリートは「自分らは一般とは違う」と思っていますが、「そうではない」と認識を改める機会が無ければ根本的な解決は無理そうだなと感想を抱いています。
Posted by mmm at 2012年08月07日 22:29
いっぱいコメントありがとうございます。

>エリートは「自分らは一般とは違う」と思っていますが、

警察というのは自分たちを「聖職」と考えている
というのを、むかしの本ですが、読んだことがあります。
そこらへんの会社員や公務員と、自分たちとは違うのだそうです。
新人研修のときとかに、そういう「聖職」意識を
教えたりもしています。

どんな職業でも、「聖職」を自称するようになったら、
堕落するのは、とうぜんだろうと思います。
Posted by たんぽぽ at 2012年08月08日 19:08
私が単純に思うこと・・・・
「日本人の男は ただ単に むっつり」

だから・・・・
こういう事件問題が おこりやすいのでは?
っと思いますね。
「制服」などを着ての行為・「上下関係」{先生&生徒}などなど・・。。
これはさかのぼると、「サムライ精神」が すりこまれて」いるのでは。っと思います。

してはいけないからこそ したくなる。。この精神が 強いのでは ないのでしょうか・・??

DVDや マンガの影響も大きいと思いますが。
 
Posted by sazae at 2012年09月12日 10:37
sazaeさま、こちらにもコメントありがとうございます。
わたしのお返事が遅くなって、もうしわけないです。
(寝落ちとかしてしまったもので。)

セクハラのような性犯罪は、相手をいやしめ辱め、
威圧したいという意識があるからだと言われています。

警察関係者のコメントに「長年、警察は男性ばかりの組織で
女性を対等のパートナーとみる意識が低かった」と
いうのがあるけれど、もともと女性を対等な人間と思わず
見下していたりすると、セクハラに走りやすいということです。

このエントリですこし書いたので、ご覧いただけたらと思います。
http://taraxacum.seesaa.net/article/170322648.html
Posted by たんぽぽ at 2012年09月15日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック