2006年12月08日

toujyouka016.jpg 造反議員復党

すこし遅くなったけれど、郵政造反議員11人の復党が、
12月4日に、正式に決まりました。
(郵政民営化反対を続けている平沼赳夫氏は、認められませんでしたが。)
まさしく、「再チャレンジ」と言えそうです。(笑)
「<自民党>郵政造反11人の復党正式決定 党紀委で満場一致」

自民党としても、政党交付金をもらいたいし
(年内に党員にさせておかないと、受け取れない)、
造反議員も、復党しないと、企業献金が受け取れないという、
台所事情の都合もあるようです。
「<自民復党>造反組に配慮 政党交付金、企業献金などで」

これで、衆議院の自民党の議席は、305になりました。
定員の3分の2(憲法改正もできます)に、手が届きそうです。

 
すこし前まで、安倍晋三が、落選議員の復党は、
衆院選まで見合わせと、言っていたと思ったら、
こちらも早そうに、年内の復党を検討しはじめたり
さらには、参院の造反議員への処分解除をはじめたり
なりふりかまわなくなっているようです。
来年の参院選に、それだけ切羽詰まったものを、感じているようです。

復党議員もうれしくて、安倍首相を、命の恩人と礼讃したり
郵政民営化に、はじめから本気で、反対していなかったと言い出したり
こちらも無節操さをあらわにしております。
党執行部に対する強制力が強く、また党のバックアップがないと、
基盤が保てない、自民党の中央集権体質を見たと思いました。

刺客と復党組みとで、選挙区が重なるので、
支部長や、つぎの選挙の公認を、
どちらがなるかなどで、はげしい対立が予想されます。
「小泉チルドレン」は、抵抗姿勢を続けているものの、
ほとんど影響力はなく、改組した議連も、2日で消滅させています。
後ろ楯をなくした、当選回数の浅い議員の、
基盤の脆弱さを、あらためて見たと思いました。

あと、こんなのも、おもしろいですよ。
「亀井静香議員 復党騒動 メッタ斬り」
「復党問題 ネットでは中川幹事長が圧勝」


そして、わたしが、とても興味があるのが、こちらです。
野田氏は、佐藤氏と協力したいと言うのですが、
佐藤氏は、立場が追われそうな危機を感じて、信用できないようすです。
「野田聖子議員『ともに汗をかきたい』…女の戦いヒートアップ」
「佐藤ゆかり議員『にわかに信じがたい』…どうなる岐阜1区」

佐藤ゆかり氏は、もともと選択別姓に反対でしたが、
最近はっきりと、反対声明をやりだしたのでした。
これも、野田聖子氏を意識しての、対抗なのでしょうか?
選択別姓に反対する議員は、落選傾向にあるので、
かえって逆効果になってしまいそうです。

わたしの希望を言えば、こんどの岐阜1区は、
民主党に、民法改正に熱心な候補者を、立ててほしいと思います。
政策内容はもちろんですが、容姿のほうでも、
野田と佐藤の両方に対抗できる、女性がいいでしょうね。
「民法改正は、自民党政権下では、絶対実現しません」と、
「自民党法務部会の実態」を、アピールしていただきます。
ようするに、野田と佐藤の共倒れをねらう、というわけです。

そうした場合、どうなるかの予想ですが、
野田聖子は、基盤が堅いですから、じゅうぶん当選しそうです。
佐藤ゆかりは、あぶないかもしれないです。
民主党の候補は、比例復活で残れば御の字、というところでしょうか。
(小沢さん、どうですか、↑このアイディア、検討してみませんか?(笑))

posted by たんぽぽ at 00:07 | Comment(3) | TrackBack(1) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 造反議員復党 web拍手
この記事へのコメント
ご無沙汰です。
既知かと存じますが情報提供です。

・やっぱりあった、安倍統一教会祝電の記事は本当だ!!
http://se-lifestyle.at.webry.info/200612/article_13.html
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/004/974/03/1/116550790915823272.gif

・住基ネットに憲法違反判決を出した大阪高裁の裁判官
http://se-lifestyle.at.webry.info/200612/article_12.html
Posted by どーも at 2006年12月08日 12:13
これも既知かも知れませんが…

安倍晋三と工藤会と住吉会と「救う会」と「統一協会」 [再掲載]
http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/e/1930b12ac8b1c351f2ab58f7f3aefef8

お髭のお兄様は壷売り教団の下部組織構成員との噂。
世界規模で飛び回る愛情溢れるお母様はユダヤ教系新興宗教信者との噂。
これらはネットや他のメディアでも見聞きした事です。

闇が濃すぎて混乱しますね…
Posted by どーも at 2006年12月08日 12:42
こんにちは、情報ありがとうです。

祝電の新聞記事は、そのとき、わたしも確認しましたよ。
でもって、それ1回きりなんですよね...
(しかも、祝電そのものを、メインにしたのではなく、
弁護士会が、公開質問状を送ったことを、記事にしたという、
スタンスになっているし...)

住基ネットも、お話には聞いていますよ。
(そのあと、違憲判決を出した裁判官が、「自殺」だそうだけど...)
Posted by たんぽぽ at 2006年12月09日 00:39

この記事へのトラックバック

道路特定財源の一般財源化 やっぱりおかしい!
Excerpt:  道路特定財源の一般財源化が、道路公団の民営化や郵政民営化の時と同じように、まるで「国民のための改革」のような取り扱いを受けていることに納得いきません。<道路特定財源>官房長官「田中元首相の仕組み変え..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2006-12-08 13:00