2012年10月12日

toujyouka016.jpg 滋賀の痴漢等多発警報

滋賀県は痴漢などのわいせつ事件が、多発しているそうです。
「『なくそう犯罪』滋賀安全なまちづくり実践県民会議」
という団体が、「痴漢等多発警報」を発令しているくらいです。

「「全国一スカートが短い」から? 滋賀“痴漢多発警報”の理由」

滋賀県のわいせつ事件の被害は、実際深刻だそうですが、
他県と比べて多いのかどうかは、資料がないのでわからないです。
滋賀県は知事が女性なので、わいせつ事件の対処に
力が入っている(さきの県民会議の会長も県知事)ので、
「警報」を出したりするのも、あるのかもしれないです。

 
滋賀県警の捜査関係者によると、わいせつ事件の
被害にあいやすいタイプはつぎのようだとあります。
========
わいせつ事件の被害者は、制服姿のほか、
ミニスカート、ショートパンツといった
肌の露出が大きい服装である場合も多いという。
========

痴漢にあいやすいタイプについては、前にお話したことがあります
制服姿が痴漢にあいやすいというのはたしかです。
やはり高校生だと、露骨にわかるのが大きいでしょう。
痴漢に狙われやすいタイプである
「まじめでおとなしくて、抵抗や通報をしなさそう」
というイメージもあるのかもしれないです。

さらに県警の捜査関係者によると、高校生を狙った
わいせつ事件は「学校の新学期が始まる4、5月と、
9、10月に増加する傾向にある」とあります。
長期休暇が終わって学校がはじまると、
高校生たちは制服を着るようになるので、
痴漢が狙いやすくなる、ということにほかならないでしょう。

わいせつ事件の被害を減らしたいなら、
いっそのこと県から条例を出して、中学と高校の制服を
廃止にしてみてはどうかと思います。
それだけでも結構効果はあるようなに、わたしは思います。


もうひとつの「ミニスカート、ショートパンツといった
肌の露出が大きい服装」が、わいせつ被害にあいやすい、
という部分には、わたしには「?」だったりします。

肌の露出が多いいでたちだと痴漢被害にあいやすい、
という調査結果はなく、思い込みにすぎないことです。
実際、スカートの丈が短いほうが痴漢にはあいにくく、
痴漢対策のために、スカートを短くする子もいるくらいです。

ミニスカートやショートパンツだと被害にあいやすい、
捜査関係者のコメントは、なにを根拠にしているのかと思います。
記事をよく見ると「わいせつ事件の被害者」と
なっているのですが、痴漢以外の「わいせつ事件」
なのでしょうか?(たとえば盗撮とか。)


記事の真ん中を見ると、「滋賀県の女子高生は
「日本一、制服のスカート丈が短い」」といううわさが、
ネットで流れているらしく、これを聞いて盗撮マニアが、
滋賀に集まるようになったそうです。
盗撮はミニスカートを着ていると、
狙われやすいのは、たしかなのかもしれないです。

(ついでですが、新聞記事で「スカート丈が短い」と書くと、
これが「紹介」になって、また盗撮マニアがやってきたり
するのではないかという心配が、すこしあります。)


記事の最後の節を見ると「何よりも重要なのは、
女性自らが自衛策をとること」なんて、県警の捜査関係者が
強調をしていたりして、嫌な気持ちになってしまいます。
こういうのを見ると、悪いのは加害者なのに、
被害者に責任をかぶせる「被害者落ち度論」に
通じるものを感じるからです。

女性にばかりあれこれ要求しないで、
もっと痴漢の加害者を批判したり要求したり
取り締まったりしろと思ったかたも、
すくなからずいっしゃるのではないかと思います。

それとも、「加害者が悪いのはわかっているけど、
女性のほうでも対処してくれないと防ぎきれない」
という現実的なことなのでしょうか?
そうだというのでしたら、それくらいわいせつ事件が多いことを
ゆゆしく思いつつ、被害女性に負担をかけなくてもすむ
社会になることを、願いたいと思います。


(なんかいろいろとすっきりしない記事であった。)


関連資料:

滋賀県の「痴漢等多発警報」の記事を受けたエントリです。
「肌の露出の多い服装をしていると痴漢にあいやすい」
という言説への懐疑と、「被害者落ち度論」の批判を
中心に書いてあります。

「「セカンド痴漢」言説を問う。ミニスカートは本当に痴漢犯罪を増やすのか。」

posted by たんぽぽ at 22:31 | Comment(10) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 滋賀の痴漢等多発警報 web拍手
この記事へのコメント
制服をなくそうと努力して…たのが例のイジメの学校です(^_^;)
あと、風俗街も少なかったり遊び場も少ないのと、人通りの少ない場所が多いのもあるかもです。
Posted by たけちよ at 2012年10月12日 22:36
スカートの長さ短さと言うより、目立つ格好をしていれば痴漢に遭いづらいということかもしれませんね。
犯罪者の心理として目立つことを嫌うと思われるので、ターゲットが目立つということも避けるのではないかと思われます。
Posted by 御光堂 at 2012年10月13日 08:42
たけちよさま、
このエントリにコメント、ありがとうございます。

>制服をなくそうと努力して…たのが例のイジメの学校

あらあら、そうだったのね。
べつに痴漢対策のために、制服をなくそうとしていた
わけではないのだろうとは思いますが。
制服をなくすこと自体はこのましいことですし、
それがいじめの原因ということはないと思います。

>風俗街も少なかったり遊び場も少ないのと、人通りの少ない場所が多いのもあるかも

風俗街がわいせつ事件の抑制に、
どのくらい役立つのかはわからないけれど、
人通りのすくない場所が多いのは、このましくないですね。
Posted by たんぽぽ at 2012年10月13日 12:07
御光堂さま
このエントリにコメント、ありがとうございます。

>犯罪者の心理として目立つことを嫌うと思われるので、

そうなんですよね。
女性が目立ついでたちをしていると、かえって痴漢が避けられる
ということは本当にあるのですよね。

こんな記事があります。
http://allabout.co.jp/gm/gc/45614/
Posted by たんぽぽ at 2012年10月13日 12:08
ちょうど昨夜、妻と「男は、外でシャツを着替えられて便利だ。女は無理」という話をしました。

あと、盗 撮について、ちょっと思うことがあります。

先日、高校の文化祭で、チア ダンスをしていた女子高校生を撮っていた人が逮捕されました。どんな態度でどういう撮り方だったのか分かりませんが、逮捕は行き過ぎにも思える。
http://ceron.jp/url/headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20120910-00000003-ann-soci

性犯罪は、境界があいまいだったり、調査方法の違いで数も変わるから、「滋賀は性犯罪が多い」というのは、滋賀では性犯罪対策に力を入れている、ということかもしれないですね。

まとまりのない文章ですいません。
Posted by キンシャチ at 2012年10月14日 09:15
キンチャチさま、
このエントリにコメントありがとうございます。

>「男は、外でシャツを着替えられて便利だ。女は無理」

そうですよね。

>高校の文化祭で、チア ダンスをしていた女子高校生を撮っていた人が逮捕されました。
>http://ceron.jp/url/headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20120910-00000003-ann-soci

どういう状況かにもよるのかもしれないけれど、
逮捕するのは理不尽のように、わたしも思います。
ご紹介の記事を見たところ、写真に撮ったのは、
太もものところとか、もともと外に見せている部分で、
スカートの中を覗くように写したのではなさそうですしね。

>「滋賀は性犯罪が多い」というのは、滋賀では性犯罪対策に力を入れている、

なるほど。
その可能性はありますね。
「スウェーデンは日本よりずっと性犯罪が多い」というのと
おなじような状況ですね。

>まとまりのない文章ですいません

ああ、いえいえ。
遠慮なくコメントをいただけたらと思います。
Posted by たんぽぽ at 2012年10月14日 16:42
>わいせつ事件の被害を減らしたいなら、
>いっそのこと県から条例を出して、中学と高校の制服を
>廃止にしてみてはどうかと思います。
>それだけでも結構効果はあるようなに、わたしは思います。

かつての学園紛争のころには、制服が廃止された学校もかなりあったようですが、そのとき「制服廃止」を叫んだいたような若者たちが着たのはジーンズ。しかし今や、世界中老若男女みんなジーンズを着て、これほど没個性な服があるかと思いたくなりますが。このとき私服化した学校も、制服導入でむしろ学校の雰囲気が良くなり志願者数も増えたところもあるようですね。
むしろ女子高生の制服ファッションは、世界でも人気を呼んでいるではないですか。『世界カワイイ革命』(櫻井孝昌著、PHP新書)によると、スペインのバルセロナで開催された日本のマンガを紹介するイベントに参加した女子は「日本の女子高生の制服は自由の象徴です」と発言したとか。
もちろん、「私は制服なんか着るのはいやだから私服投稿のできる学校に行く」と思うのは自由だし、そのような学校だってあってもいいとは思います。しかし県で一律に制服廃止をしたら、かえって生徒から反撥を買いそうですね。
Posted by いもらす1号 at 2012年10月14日 22:22
>いもらす1号様
1980年代以降制服の意味合が転換しましたからね。
1980年代の半ば頃に女子高生ブームが起きて、ダサくて不自由なものとされていた制服が、一転かわいいものされるようにとなりました。制服がおしゃれだという認識に変わっていきました、そしてスカート丈も短くなっていきました。
引きずる程スカートを長くする「スケバンスタイル」も絶滅しました。
男子の制服も野暮ったい学ランからブレザーに変わっていきました。変形学生服も流行らなくなりました。
そして管理教育の象徴として制服を糾弾する動きも下火になりました。
それを狙って仕掛けられたブームだったとするのはうがち過ぎでしょうがそれほどの転換でしたよ。
Posted by 御光堂 at 2012年10月15日 07:00
いもらす1号さま

ここでの論点は、痴漢を減らすための制服廃止、ということです。
制服の個性とか管理教育との関連とか、そういったことを
お話しているのではありません。

痴漢対策だと言えば、女子生徒は納得しそうに思いますよ。
どうしてもというなら、着たい人だけ制服を着ても
よいことにすればいいだけだと思います。
Posted by たんぽぽ at 2012年10月16日 23:15
御光堂さま、このエントリにコメントありがとうございます。

いろいろとくわしいですね。

制服の歴史については、わたしはくわしくないので、
コメントできないです。
恐縮だけれど、お任せします。
Posted by たんぽぽ at 2012年10月16日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック