2013年03月27日

toujyouka016.jpg 通称使用の拡大を検討

すこし前に話題になったニュースですが、自民党が旧姓を通称として
使えるようにする法改正を、検討することになりましたよ。

「夫婦別姓:高市氏「通称併記で」 自民党内の論議開始へ」
「自民 旧姓使用の拡大検討へ」
(はてなブックマーク)

自民党はご存知のように選択的夫婦別姓は反対です。
それでも仕事の都合などで、結婚後も旧姓を使いたい人の希望は
無視できなくなったのでしょう、それで選択別姓を認める代わりに、
通称使用を拡大することで対処しよう、ということです。
あの高市早苗が中心になって、議論を進めています。

 
「通称使用なんて中途半端なものが認められても
たいして役に立たない」と考えるか、それとも「通称使用だけでも
認められるだけまし」「選択別姓が認められるための中間ステップ」
と考えるかは、人によって意見がわかれそうです。
このあたりは、通称使用で自分の抱えている名前の問題が、
どの程度解決するかにもよるだろうと思います。

選択別姓の非共存派たちは、これまでは「通称使用でじゅうぶんだ」と
ただ言うだけで、実際に通称使用が認められるよう、
具体的なアクションをしないのが相場でした。
それを考えると、こうして具体的に実現させようとして
動いているだけでも、ましと言えるかもしれないです。

わたしは、自民党政権になったので、夫婦別姓はなおさらですが、
通称使用のことも、すっかり忘れ去られると思っていました。
こうして通称使用の実現という不完全なものでも、
それに向けて議論をするのは、むしろ意外にさえ思っています。


そうは言っても、通称が使用できる範囲が拡大されても、
当事者の不都合をすっかり解決するとは限らないのは、
これまでにも再三指摘されていることです。
また法律面からも、いくつも問題があることが指摘されています。

「通称使用という発想の無謀さ」
「通称使用法定案の問題点」

またNHKの報道を見ると、自民党内には「旧姓の使用を拡大しすぎると、
家族の絆が薄れかねない」などと、根拠のないことを言う人が、
相変わらずがんばっていることがわかります。

通称使用の法制化は、技術的な限界に突き当たるのと、
自民党内の頑迷極まりない反対派にはばまれるのとで、
結局つぶれる可能性が結構高いのではないかと、わたしは見ています。


付記:
通称使用でさえ、自民党内には「家族の絆が薄れかねない」などと
言う人たちがいるというのは、あきれるばかりです。
こうした人は、高市早苗や山谷えり子や橋本聖子たちが、
旧姓を通称使用していることは、どう考えているのかと思います。

議員活動のために通称使用をするのは、家族のきずなは
薄れないからだいじょうぶと言いたいのでしょうか?
そうだとしたら、家族のきずなが薄れる通称使用の範囲は、
どのように決まるのか、教えていただきたいものです。

posted by たんぽぽ at 22:09 | Comment(5) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 通称使用の拡大を検討 web拍手
この記事へのコメント
通称利用の拡大は拡大で(たとえ選択的別姓が導入された後でも)それを希望する人がいるでしょうから、やるべきだと思います。
まぁ、これまでの経緯からして、まぁ何もしないのだろうとは思いますし、万が一やるにしても、きっとほんの少しやって、「やりました」実績も作りたい(民主党はそれすらしなかった)ってところなのでしょうね。

しかし、反対派はよく「通称で十分」とかいいますが、たとえ通称利用拡大が導入されても「通称で十分」などという詭弁はおかしいですよね。他人の気持ちを慮らずに自分勝手に「通称で十分」などと言う傲慢な表現には、正直に言って、本当に深い怒りを感じます。
Posted by 魚 at 2013年03月28日 18:28
私はこんな小手先議論なんぞ全くの無駄だと思います。山本早苗が自身の通称「高市早苗」の正当性を高めたいだけなんじゃないですか、これって?

中途半端に通称使用の法制化が進むと、かえって問題が大きくなりそうに思います。パスポートの名義とクレジットカードの名義とが違ったら、海外でのトラブル発生率は確実に上がるんじゃないですか?

どうしても「通称使用の法制化」をしたいのなら、「範囲無制限」とすべきでしょう。私的・法的を問わず、全ての名義について、結婚その他による改姓前の苗字の使用を合法とする、と。勿論、パスポートもね。変わるのは戸籍上の苗字だけ。

ってか戸籍の書式上は、筆頭者以外は苗字が無いのだから、今現在も戸籍筆頭者以外は通称使用みたいなもんですけどね。
Posted by ニャオ樹・ワタナベ@モバイル at 2013年03月29日 10:16
ニャオ樹・ワタナベさんのご意見にまったく賛同いたします。

戸籍以外は「すべて」通称のみでOK、戸籍のみ併記、というのならばなんとか評価できるのだと思います。

今のパスポートでの併記にしても、いろいろ面倒なので、通称のみの記載でもOKにするべきところですね。住民票も免許証も保険証も公文書署名も登記もクレジットカードも銀行口座も、通称「のみ」を可能とするべきと思います。「併記」なんてのはミドルネームみたいで、それこそ、反対派のいう「日本の伝統」じゃないように思います。

もちろん、併記も選択できれば、選択が増える分にはいいのだと思いますが。

ただ、やはり、本元の「選択的夫婦別姓」の制度が導入されない限りは、決して「十分」などとは言えないと思います。

Posted by 魚 at 2013年03月29日 12:14
魚さま、こちらにもコメントありがとうございます。

>通称利用の拡大は拡大で(たとえ選択的別姓が導入された後でも)
>それを希望する人がいるでしょうから

わたしもそれは思います。
選択別姓が導入されても、通称を使いたい人はいるでしょうし、
かれらのためになんらかの制度の整備はあってよいと思います。

問題なのは、自民党の通称使用案が、通称を使いたい人一般の
ニーズに対応できるかどうか、なのですよね。

>これまでの経緯からして、まぁ何もしないのだろうとは思いますし、

たぶんそうなると思います。
自民党内には、通称使用でさえ「家族のキズナ」がどうたらと
言って反対する人がいますからね。
こういう人たちにはばまれて、結局なくなるのではないかと、
わたしは予想していますよ。

民主党も、議論や準備くらいはだいぶ進めていました。
なので、この程度の議論をしたくらいでは、「民主党以下」ですね。

>他人の気持ちを慮らずに自分勝手に「通称で十分」などと言う
>傲慢な表現には、正直に言って、本当に深い怒りを感じます

そうそう。
他人には自分と違った都合や考えがあるのに、なんでそれを無視して、
外から勝手に「じゅうぶん」とか決めつけるのかと思います。
Posted by たんぽぽ at 2013年04月01日 22:42
ニャオ樹・ワタナベさま、
こちらにコメントありがとうございます。

>私はこんな小手先議論なんぞ全くの無駄だと思います

通称使用の法制化の評価は、人によってわかれそうですね。
「なにも認められないよりはまし」という人もいるでしょうけれど、
「通称使用だけ認められても役に立たない」というかたも、
すくなからずいらっしゃると思います。

>中途半端に通称使用の法制化が進むと、かえって問題が大きくなりそうに思います

認められかたが中途半端だと、通称が使えるところと
使えないところが出て来て、名寄せがむずかしくなる、
ということはありそうですね。


>どうしても「通称使用の法制化」をしたいのなら、「範囲無制限」とすべきでしょう

多くの人のニーズに答えるなら、無制限とするよりないですね。
自民党内には、通称使用を認める範囲を広げすぎると、
「家族のキズナ」がどうたら、という人たちがいるので、
無制限にはおそらくならないのでしょうけれど。

>戸籍の書式上は、筆頭者以外は苗字が無いのだから、

じつは戸籍は、選択的夫婦別姓が認められることを見越して
フォーマットを変えているのですよね。
すでに戸籍は選択別姓を受け入れる準備をしているのですね。
Posted by たんぽぽ at 2013年04月01日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック