2007年03月09日

toujyouka016.jpg 転換期の家族法

こんな文章を見つけた。
「転換期にある日本家族法」
http://www.kclc.or.jp/humboldt/tokotanj.htm

日本の家族法の問題点について述べたもので、
大阪大学で、政策研究をなさっているかたが、書かれています。
選択別姓、別居離婚、非嫡出子の相続差別について
述べられていて、ごくまともでふつうの内容です。
(なんて、わたしごときが、えらそうな言いかただな。)

「精神科学の意義における日独コロキウム」の、第4分科会「法と社会」で、
行なわれた講演の内容のようですが、1996年3月とありますよ。
(最近のものかと思ったら、10年以上経っていたのね...)
さらに、リンクを上にたどっていくと、「比較法研究センター」の、
「フンボルトクラブ」とあるけれど、これはなんなのかな...?

posted by たんぽぽ at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 転換期の家族法 web拍手
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック