2013年04月29日

toujyouka016.jpg 福岡市カワイイ区のメモ

3月23日エントリで、福岡市の「カワイイ区」の話題が出ました。
このカワイイ区についての記事がいくつかあるのでご紹介します。
これらをご覧になれば、カワイイ区がいかなるもので、
どんな問題があるのか、篠田麻里子の区長辞任のことも含めて、
わかってくるのではないかと思います。

「AKB48の尻馬に乗ったタレント市長の愚行 ー福岡市「カワイイ区」の問題点ー」
「福岡市カワイイ区篠田麻里子区長 任期を残し早くも辞任・辞職・退任」
「「カワイイ区」について」
「再びカワイイ区、というよりそれを報じる産経の話」

上記の記事をご覧になればじゅうぶんで、付け加えることもないと思いますが、
わたしが思ったことを、いくつか述べておきたいと思います。

 
「カワイイ区」とは福岡市がネット上に作ったバーチャルの区です。
ところが意義や効果や、福岡市民へのメリットははっきりせず、
こちらのエントリを見ても、「なにをやっているのかわからない」
「そもそも意味がわからない」「税金を使ってやることか?」
「高島市長はチャラいことばかりやりたがる」と
市民のあいだでも批判はすくなからずあったようです。

福岡の特徴を「カワイイ」で説明しているのですが、
これがこじつけとしか思えないものだったりします。
福岡市は産業の集積規模が大きくないという、
都市にとって好ましくないことまで、「集積規模が小さくてカワイイ」
などと言って、「カワイイ」で正当化したりしています。

カワイイ区は「NHK東京カワイイ」を真似したそうです。
おそらく「カワイイ区」を設けるという企画が先にあって、
福岡の特徴を「カワイイ」で説明するのは、後付けなのではないかと思います。


「カワイイ区」という企画を持ちかけたのは、
最初の区長になったAKB48の篠田麻里子からのようです。
福岡に眼をつけたのは、もちろん彼女の出身地近くだからでしょう。
おそらく売名目的と考えられます。

AKB48はメンバーどうしの人気取り競争が激しいですし、
人気が出てくると、自前の事務所も持てるようになると言います。
「カワイイ区」はかかる人気取り競争の一貫ではないかと考えられます。
そうだとすると、「カワイイ区」はAKB48的なやりかたに、
福岡の市民たちが巻き添えを食ったと言えるかもしれないです。

今年の2月に「カワイイ区」に対して、福岡市に苦情申立書が4件来ました。
この影響で篠田麻里子は、「カワイイ区」の区長を辞任することになります。
おそらく批判が来たので、区長を続けていると
かえって人気取りにマイナスになると踏んだのかもしれないです。


「カワイイ区」は、篠田麻里子よりも高島宗一郎市長のほうが、
むしろ積極的になっているのではないかと、わたしは思います。
篠田麻里子の事務所が実務を委託した「電通」の作った契約書で
そのまま契約をかわしていますし、また事業自体を「電通」に
丸投げしていたというのも、その現れではないかと思います。
篠田麻里子の好きなようにやらせようというのでしょう。

高島宗一郎はもともとタレントアナ出身だからなのか、
効果や意義は二の次で、目立つことをやるのが好きなのでしょう。
それで篠田麻里子の持ちかけに飛びついたものと思われます。
また市民不在のまま、くだらない事業に税金支出を決めて行く、
というのも、高島市政のいつものことだそうです。

篠田麻里子が区長を辞任したあとも、「カワイイ区」を中止はぜず、
企画を続けるようで、後任の区長を募集してもいます。
発起人が手を引いたあとも、まだ企画を続けようとするあたり、
高島宗一郎は「カワイイ区」がよほど気に入ったのでしょうか、
市長の個人的玩具になっているのかもしれないです。


付記1:
「カワイイ区」は高島宗一郎市長から持ち出したのかと、
わたしは最初思っていたのですが、そうではなかったのでした。

付記2:
「カワイイ区」はもうすこしましな企画かと、わたしは思っていたのですが、
そんなことはぜんぜんなかったです。

謝辞:
3月23日エントリのコメント欄で、
このエントリを紹介してくださったkirikoさま、および、
このエントリを紹介してくださったニャオ樹・ワタナベさま、
ありがとうございます。

posted by たんぽぽ at 11:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 福岡市カワイイ区のメモ web拍手
この記事へのコメント
NHKの「東京カワイイTV」は時々視ていました。東京発のファッション・雑貨等を紹介した番組で、アニメなどと同様、日本の魅力ある商品や産業をアピールしようというものでしょうね。

福岡の「カワイイ区」なるものを聞いた時、これの真似なんだろうけど、福岡はアパレル産業が盛んでもないし、商品の豊富さは東京や横浜にかなわないし、福岡独自のものがあるわけでないし、一体何を宣伝したいんだか、と思いました(博多織や博多人形の宣伝じゃないですしね)。

アピールしたい商品・産業がないから、「福岡の娘は可愛い」以外は意味不明になるわけで。
NHKの番組だって、具体的な商品・コンテンツでなく「東京は北京よりカワイイ(人口が少ないから)」「東京の女の子はカワイイ」とかを発信したなら、アホかと言われると思います。
Posted by kiriko at 2013年04月29日 20:47
篠田麻里子は、2011年からNHKで「麻里子のおりこうさま」なる番組に出演しています。
http://www.nhk.or.jp/marikosama/

番組内容は上記のWebで確認出来ますが、要するに「社会問題についても勉強している、AKB随一の知性派」と言うのが彼女の売りなのでしょう。
「福岡市 カワイイ区 区長」と言う肩書きは、そんな彼女のブランドイメージにピッタリです。「カワイイ区」そのものが、篠田側のブランド戦略の一環として企画立案されたものであることは、間違いないと思います。

彼女は芸能人ですから、当然、売名のための戦略は、持ってしかるべしでしょう。問題はそんな一芸能人の売名戦略を無条件で丸飲みし、1000万円とは言え(福岡市の予算総額約7,700億円に比べれば微々たるものですが)公金を独断で突っ込んでしまったミーハー市長でしょうな。

篠田の区長辞任も、篠田側からの申し出ではないかと言う気がしています。篠田側は篠田のブランドイメージに傷がつく前に逃げようとした、そしてここでもミーハー市長は、納税者への事業の趣旨説明や担当部局への改善指示よりも芸能人提案の丸飲みを優先した、のではないかと。

そして、ブランドレディの居なくなった「福岡市カワイイ区」は、先の見通しも無いまま存続し続けるどころか、相変わらず福岡市の公式Webサイトの左側バナー群の最上段には、PM2.5飛来情報を差し置いて、カワイイ区のシンボルのピンクリボンが、今日も君臨しているのでありました〜

http://www.city.fukuoka.lg.jp/

駄目でしょ、この市長。
Posted by ニャオ樹・ワタナベ@モバイル at 2013年04月30日 20:20
kirikoさま、このエントリにコメントありがとうございます。

>NHKの「東京カワイイTV」は時々視ていました

おお、ご存知なのですね。
わたしはその番組はぜんぜん知らないです。
(もともとテレビを観ないんだけど。)
さすがにテレビ番組だけあって、中身のある放映をしているようですね。

>福岡の「カワイイ区」なるものを聞いた時、これの真似なんだろうけど

真似したかったけど、アピールする産業がなくて真似できなかった、
というところのようですね。
それで「産業の集積規模が小さくてカワイイ」なんて、
産業がないことの正当化に使われたりして、
「カワイイ区」はかえって悪影響ではないかと思います。

>アピールしたい商品・産業がないから、「福岡の娘は可愛い」以外は意味不明になるわけで

企画を立ち上げること自体が、目的になっているようですね。
高島宗一郎市長が気に入ってしまったのだろうと思います。
市長の個人的玩具ということなのでしょう。
Posted by たんぽぽ at 2013年05月04日 16:05
ニャオ樹・ワタナベさま、
このエントリにコメントありがとうございます。

>「麻里子のおりこうさま」なる番組に出演しています。
>http://www.nhk.or.jp/marikosama/

ご紹介ありがとうございます。
篠田麻里子はそういう番組に出ているのね。

>要するに「社会問題についても勉強している、AKB随一の知性派」と言うのが彼女の売り

なるほど、そんなセールスポイントがあったのですね。
「カワイイ区」も、そのイメージに沿ったもので、間違いなさそうですね。


>公金を独断で突っ込んでしまったミーハー市長でしょうな

篠田麻里子以上に、高島宗一郎のほうが、「カワイイ区」の企画を
気に入ってしまったんだと思います。

>篠田の区長辞任も、篠田側からの申し出ではないかと言う気がしています。
>篠田側は篠田のブランドイメージに傷がつく前に逃げようとした、

わたしもそう思いますよ。
批判されたので、区長を続けているとかえってマイナスになると
判断したのだと思います。

>ブランドレディの居なくなった「福岡市カワイイ区」は、
>先の見通しも無いまま存続し続けるどころか

続けることが目的と化しているようですね。
市長の個人的な玩具なのでしょう。


>カワイイ区のシンボルのピンクリボンが、今日も君臨しているのでありました
>http://www.city.fukuoka.lg.jp/

確認しました。あらあら、だわ。
Posted by たんぽぽ at 2013年05月04日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック