2013年05月29日

mar0006.gif投稿お断りのお知らせ(2)

わたしのブログで長いことコメントを続けていた「D」氏を
コメント投稿お断わりとしたいと思います。
このウェブログと、補助ブログ(「たんぽぽの礼拝堂」)の両方です。

「D」氏はつぎのふたつの警告を受けていたのですが、
これらに対してなんら真摯な対応をせず、あたかもなにごとも
なかったかのように、いままでとおなじ調子でコメントを続け、
ほかのコメント欄参加者にも粘着をするからです。
このようなことはこれ以上容認できないです。

「運営方針の誹謗に抗議」
「ハラスメントに警告」

 
「D」氏のこれまでの議論態度については、以前つぎの指摘がありました。
(1)提示されたURLにまともに目を通さず
(2)コメント本文すら誤読し
(3)指摘されても改める様子もなく
(4)本人は自分がまともに読んでいないURLを「論拠」として提示し
(5)しかもURLの中身のほとんどは日本人が普通に読める言語では書かれておらず
(6)読める言語で書かれていた「論拠」においても、
自論とのつながりの分かりにくさが指摘された際には
「手法としてわざと説明していないだけ」と開き直り
(7)挙句の果てに相手のコメントを適当に切り貼りしてつなげる

おまけに
・現実の問題は程度問題であることを理解出来ない
という、現実社会の問題を議論する上で致命的な能力の不足が懸念されるわけでして。
(2013年04月05日 01:10)

さらに、つぎのようなコメントもいただいています。
自分の発言の根拠を問われた時に「もう言った」と答え
どこにあるか?と聞かれれば「自分で探せ」と言い出す人たちを
真面目に相手してあげるのはたんぽぽさんくらいです。
(2013年05月28日 01:37)
自分の主張を要約すらできずURLだけコピペして
飛んでもどこを指しているのかさっぱりわからない…
当該語句を検索しても何も引っかからない…みたいなリンクしか張れない人は
他人のブログのコメント欄で論争を挑んだりするのはやめた方がいいと思う。
(2013年05月29日 11:14)
最近は、頭のタガの外れた変質者のコメントが多いようで、
管理人のご苦労もいかばかりかと存じます。
変質者がどのような思考をするのかの実例を見るにはもってこいではありますが。。。
ぜひ、めげずに頑張ってください!応援しています!>管理人さま
(2013年05月28日 17:16)


ほかにも(本当に適切に理解できていないのかもしれないですが)、
「D」氏は微妙にお話をすり替えることもよくあります。
また肝心なことになると、無視したりとぼけたりもします。

「D」氏はコメント投稿の頻度が高く、ほかのコメント投稿者に
内容のないコメントや誹謗中傷を投稿して、粘着することもあります。
エントリの主旨や、それまでのコメントの流れと
どう関係があるのかわからないことも、よく書いてきます。
「D」氏のコメントはほとんど「ノイズ」と言ってよいでしょう。

また、「D」氏はわたしのブログに不満なようなのですか、
「それならよそへ行けばいい」と言っても、かたくなに拒んで、
わたしのブログでの投稿を続けるのでした。
「D」氏の投稿は、嫌がらせに近いと言えるだろうと思います。

こうした傾向は最近とくに激しいと思います。
こういうかたとの建設的な対話や議論は、ほとんど望めないでしょう。
これ以上「D」氏にコメントをさせていると、ほかのコメント欄参加者や、
ブログの読者にとっても、不快になると思います。


ついでながら「D」氏には、このような女性差別の思想が
あるとは思わなかったです。
男ってのは現実にそういうもんだから侮辱にはならない。
違うっていうんなら違うって事を証明してみなはれwww
女性に媚びる目的でおかしな宗教的価値観を押し付けられる方はたまりませんわ。
(2013年05月23日 12:44)

ちょっと前にもこういうことを言われていました。
Dさんの考えは「米軍兵士も風俗へ行けば良い」を推奨ということですね。
Dさんも女性の人権に興味がありそうには見えません。
(2013年05月19日 01:32)

「D」氏はわたしのブログへは、かなり長いことコメント投稿を
続けていたのですが、ジェンダーに関することで
トラブルを起こすことはなかったのでした。
それで、ジェンダーに関してはとりたてて差別意識や問題思想は
ないものと思っていたのですが、じつはそうではなく、
いままでずーっと猫をかぶっていたのでしょうかねえ?

posted by たんぽぽ at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | たんぽぽのなみだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 投稿お断りのお知らせ(2) web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック