2013年06月02日

toujyouka016.jpg 婚外子差別の法案発議

4月26日なのでだいぶ前になりますが、参議院で野党各党が
婚外子差別撤廃の法案を提出していたので、お話しておきます。

「【国会】野党が婚外子差別撤廃の民法改正案を提出 4月26日」

 
記事は短いので全文引用しておきます。
========
【国会】野党が婚外子差別撤廃の民法改正案を提出 4月26日

参議院の民主党・みんなの党・社民党の野党3党は4月26日、
婚外 子相続分差別規定を削除する民法改正案を提出(発議)しました。
ただし、今回は、選択的夫婦別姓制度の導入、再婚禁止期間を100 日に短縮、
婚姻年齢を男女とも18歳とするなどの改正は盛り込まれて いません。
また、みんなの党が初めて発議者、賛成者となった一方で、
これまで 野党で共同提出してきた共産党や、無所属は入っていません。

改正案の発議者と賛成者は次のとおりです。
【発議者】前川清成 高橋千秋 櫻井 充 松野信夫 小川敏夫  真山勇一 吉田忠智

【賛成者】有田芳生 江田五月 谷 博之 那谷屋正義 松浦大悟  小野次郎 水野賢一
     山田太郎 福島みずほ 又市征治  山内徳信
==========


法案の発議があったのは、婚外子差別の撤廃だけです。
選択的夫婦別姓は含まれていないです。
なぜ婚外子だけなのかとも思いますが、3月に違憲性の真理が
最高裁大法廷に回付されることになったので、
それを意識したものなのかもしれないです。

今回の発議は、どういうわけか共産党が外れていますが、
あらたにみんなの党が加わっています。
みんなの党が入ったのはちょっと意外かもしれないです。
婚外子差別の撤廃に対して、みんなの党は
一定の理解があることがわかったのは、収穫と言えるでしょう。


それにしても思うのは、こういう法案の発議は、
野党になって議席が2桁に凋落してからではなく、
300議席以上あった与党のうちにしろよ、ということですね。
自分たちが多数派のときは法案提出をせず、
反対多数で否決されるのが確実なときだけ法案を発議しても、
ポーズだけではないかとも受け取れるからです。

それでも、格好だけでも法案の発議をしないよりは
発議したほうがずっとましなことはたしかですが。

posted by たんぽぽ at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 婚外子差別の法案発議 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック