2007年03月22日

toujyouka016.jpg 石原巻き返し

石原慎太郎氏が、支持を巻き返していますね。
支持率も、前回の42%から、今回の48%へと上昇しています。
「石原氏が支持拡大 幅広い層に浸透 都知事選・情勢調査」

浅野さんは、出だしはとても好調だったのですが、
このところは支持が伸びないようで、きびしい状況の様子です。
やはり、石原はまだまだ人気がある、ということでしょうか?

 
「石原氏は幅広い層に浸透し、特に女性の支持が伸びた」とあるけれど、
やっぱり、こういうおばばちゃんタイプの人が、目覚めたのでしょうか?
「民主支持層の一部からも支持を得ている」そうですが、
親イシハラ都議が、「造反」に走ったのでしょうか?
無党派層でも、浅野氏は支持が伸びず、石原がリードしています。

15日に主要4候補で公開討論会が行なわれたあと、
各テレビ局でも、立て続けに公開討論会があったのでした。
メディアへの露出が多くなって、イシハラ人気がぶり返したのでしょうか?
それとも、マスコミによる、石原擁護&浅野バッシング的論調に、
ポピュリズムが、なびいてしまったのでしょうか?

posted by たんぽぽ at 00:04 | Comment(6) | TrackBack(3) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 石原巻き返し web拍手
この記事へのコメント
どこまで正しい調査なんだ?とは思うものの、メディアが石原氏を後押ししてるのは間違いないって感じがぷんぷん臭いますね。
前回の選挙でも民主党都議が造反に走ってますから、ちょっと心配ですね。
それにしても、ドクター中松まで立候補したとは・・・
Posted by うがんざき at 2007年03月22日 12:41
うがんざきさま、こんにちは。
コメント、ありがとうです。

>どこまで正しい調査なんだ?とは思うものの、
>メディアが石原氏を後押ししてるのは

わたしも、おんなじことを思いました。
(民主党の親イシハラ都議が、また「造反」しているのかは、
情報が入ってないので、わからないが...)

ゲンダイネットは、例によって「石原真っ青」なんて、書いていますね。
(慎太郎くんが、あせりまくりなのは、たしかそうだ...)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/ishihara/story/22gendainet02031097/


>ドクター中松まで立候補した

あー、そういえば、出ていますね〜。
(「またかい?」って、思ったけど...)
Posted by たんぽぽ at 2007年03月22日 23:21
こんにちは。
朝日新聞の最初の調査で、石原と浅野さんが接戦と報じられたので、え、こんな段階から接戦なの? とビックルを飲んだのですが、どうやら最初に浅野支持者を喜ばせておいてあとでショックを与えるという作戦だったのかもしれません(笑)。

それにしても呆れるのは、当初「民主党は本気を見せろ」と主張していたマスコミが、民主党の推薦を受けているわけでもない浅野氏を、民主党の候補扱いしていることです。北朝鮮による拉致を否定している吉田康彦氏が浅野氏を推薦し、浅野氏が「来る者は拒まず」的な受け答えをしたら「浅野は左翼か」と言われるし、その一方、共産党からは「浅野は石原と一緒だ」と言われるし、本当に候補者は大変だと思いますね。同様に、「石原との対決姿勢が曖昧だから支持を得られないんだ」という人もいれば、「浅野氏のヒステリックなまでの石原批判を見て、有権者が引いてしまうんだろう」という人もいる。外野席は本当にうるさいです。
ま、選挙も告示され、ブログで選挙運動と見なされる記事を書いたら公職選挙法違反容疑でにらまれるらしいから、しばらくは石原批判に徹しますけど。
(落選運動は別にかまわないらしい。変なの。)
Posted by kojitaken at 2007年03月22日 23:56
こんにちは、コメント、どうもです。

マスコミによる、浅野さんへのネガティブキャンペーンが
効いているのかな、なんて思ったりしていますよ。
(共産党が、どのくらい直接の影響を、およぼしているのかわからないけれど、
マスコミやほかの候補者が、共産党情報を利用している感じはしますね。)


>当初「民主党は本気を見せろ」と主張していたマスコミが、
>民主党の推薦を受けているわけでもない浅野氏を、
>民主党の候補扱いしていることです。

なんか、ご都合主義的だよね...
(さすがに「石原対浅野」が、実質的に「自民対民主」だと、
認めざるを得なくなった、ということなんでしょうけれど。)

マスコミの論調が変わったのって、調子に乗って民主党を叩いていたら、
きゅうに空振りしたって感じもするけどね。(笑)
(こういう状況になったのも、浅野さんが、
うまく持っていったことに、負うところが多いんだと思うけど。)

>本当に候補者は大変だと思いますね。
>外野席は本当にうるさいです。

今度で出馬は4回目ですし、ほかの候補支持者のアジその他は、
「ろばを担いだ親子」にならないよう、じょうずなあしらいかたは、
心得ていると思うけれどね...
Posted by たんぽぽ at 2007年03月23日 19:03
というか、宮城県の実態がわかったというのが理由じゃないですか。宮城県財政を悪化させ、財政危機宣言を2度も出し、県の職員の給与をカットし、自分=浅野氏自身は退職金1億5千万も貰い、福祉の水準も都道府県別で低位(42位)をずっと推移してきた、浅野氏の実績が都民にわかってきたというのが理由ですよ。これでは、支持は集まりませんよ。
Posted by ポンタ at 2007年03月27日 00:57
ポンタさま、こんにちは。
はじめてコメントするときは、ご挨拶くらいしてくださいね。

ご指摘の「宮城県の実態」は、共産党情報がもとのようですね。
槍玉に挙げられる、借金が増えたことも、
国策によるものだし、他県と比べてもたいしたことないのに、
さも宮城県だけが、借金を増やしたかのように言うのですから、
アジテーションのそしりは免れないと思います。
http://top2007hp2.exblog.jp/4924080/
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2007/03/post_abe5.html

ほかにも、恣意的なデータの扱いは、いっぱいあるし、
「資格証明書交付」のことを、「国保証取り上げ」と言うに
いたっては、虚偽と言ってもいいでしょう。
選挙期間中だったら、公職選挙法に違反するんじゃないですかね?
(というか、違法にならないために、告示前に、
一気にアジったんだろうと思うけれど...)

このような「宮城県の実態」が知られたので、浅野氏の支持が、
伸び悩んだというのなら、共産党の活躍のおかげかもしれないですね。
Posted by たんぽぽ at 2007年03月29日 00:29

この記事へのトラックバック

『地方が変わる、日本を変える(No.3)』
Excerpt: 京都の立命館大学で行なわれた、全国47都道府県の知事が週替わりで学生に講義する「全国知事リレー講座」。こんなユニークな授業を再録したシリーズの1冊です(全7巻)。 その『地方が変わる、日本を変え..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2007-03-22 21:00

作家の城山三郎さん逝去、11月19日日比谷公会堂の佐高信さんとの対談の録音をご案内しておきます。ご冥福を心よりお祈りします。
Excerpt:  当日集会に参加して録音しました。「ちょっと待った、緊急市民集会行ってきました。
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2007-03-23 01:02

今の東京には政治がない〜3.25勝手連大集会での浅野史郎さん
Excerpt: 本エントリーは,個人的な感想,よく言っても個人的な政治評論に過ぎません.また,以下に要約した浅野史郎さんのコメントは,討議資料としてご覧いただければと思います.ノートに書いたメモから起こしていますので..
Weblog: はじめの一歩
Tracked: 2007-03-28 00:02