2013年08月31日

mar0006.gif弱者男性の思い過ごし

すさまじいツイートを見つけたのでご紹介します。
こんなことをまじめに考える人もいるのですね、わたしは「いや〜」と思ったです。
女性専用車両に乗ることを考えていることからも察しがつくように、
「男性差別」などと言っている男性です。

https://twitter.com/anti_women_only/statuses/370443087236960256
なんか、被害妄想かもしれないけど、私が女性専用車に乗っていたとして、
それまで「キモい」という目で見ていた女どもが非常事態
(例えば、電車の脱線等)が起こった途端、私を見る目が
「男性様、頼りにしてます」視線に変わりそうで、何かゾッとするんだよね。
思い過ごしならいいんだけどね。

 
この男はいざというとき、自分が女性から頼られると思っているのですが、
女性専用車両に乗り込む男なんて、女性から警戒されると思います。
女性専用車両が認められないなんて、世間的には矮小な人間に思われそうですし、
他人が頼りたくなるとは、思えないのですよね。

「男性差別」などと言っている男は、たいていは本来の相手である
男社会や強者男性にものもうせないので、女性に絡むような人です。
ようするに強いものに立ち向かえないので、
もっと弱いと自分が思う人を見つけて攻撃する人ということです。
そんな意気地のない人が、いざというとき他人から頼られるような
働きができるとは、わたしにはとても思えないです。


だいたい電車の脱線のような事故が起きた場合、
とくに男性に頼らなくても、女性だけでも対処できることだと思います。
実際、鉄道で事故が起きたとき、女性客が自分で対応できないので、
男性客に助けてもらったというお話は、聞かないと思います。

「非常事態になったら女は男に頼る」という考えも思い込みということです。
中学や高校だと、女の子のほうが男の子よりリーダーシップを発揮した、
なんてことも、めずらしくなくあるのではないかと思います。


戦国時代の本多忠勝に興味深いエピソードがあります。
戦場では女のほうが男よりも冷静かつ勇敢に戦ったというのです。
これも「いざとなると女は男のように働けなくなる」ということに
根拠がないことを、しめしていると言えるでしょう。

「本多忠勝「俺の若い頃は女だって」」
「俺の若い頃は、人手不足になると女だって戦場に駆り出されたものだ。
男の中には血の匂いを嗅いだだけで参る奴もいるのに、
女は普段から血を見慣れているからいざとなった時は度胸が据わっていた。
攻め込まれた時真っ先に突っ込んでいくのも女だった。
天正、慶長の武士よりもよっぽど勇ましかった。」


ようするに、最初のツイートは、
「自分は頼れる人間だ」という根拠のないうぬぼれと、
「女はいざとなったらなにもできない」という女性蔑視の組み合わせです。
「すごい思い上がり」だというかたがいても、無理もないと思います。


女性から頼りにされる男性がいるとしたら、ほかの男性でしょう。
最初のツイートの男なんか頼りにされないと思います。
「被害妄想」にして「思い過ごし」なので、安心してだいじょうぶですよ。(笑)


プロフィールを見ると、「10代の頃から、性別/男性差別について考え続け、
いつの間にか40代(げげっ)になってしまいました」と書いています。
かれこれ30年間もミソジニーをこじらせ続け、
こんなひずんだ妄想にふけり続けているみたいですね。
それで非現実的なことをまじめに考えるようになったと想像します。

これはいわば、中学か高校のときにネトウヨに染まったけれど、
そこから抜け出せないままいい歳したおとなになっても
ネトウヨを続けているというのと、おなじようなものではないかと思います。

posted by たんぽぽ at 10:08 | Comment(10) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 弱者男性の思い過ごし web拍手
この記事へのコメント
はい、思い過ごしです。
 しっかし、面白いことを考える人が居るもんですね。
「自分(男性)が女性専用車両に乗り込んだ時、脱線事故等の非常事態が起きたら?」
という仮定も、あり得なくは無いですがなかなかそこまで考えられないし、そもそも、そうなった時は、みんなパニックになるだけじゃないでしょうか?
>「男性様、頼りにしてます」
 いやいや、その人が救援活動に来た消防官とか鉄道警察官でもなきゃ、頼りにしないってば^^;

Posted by イカフライ at 2013年09月01日 23:12
こちらのエントリにコメント、ありがとうございます。

>「自分(男性)が女性専用車両に乗り込んだ時、脱線事故等の非常事態が起きたら?」
>という仮定も、あり得なくは無いですがなかなかそこまで考えられないし、

考えてみれば、その仮定自体もご都合主義的ですね。
30年もひずんだ妄想にふけっていると、そういう自分の都合のいいことを
まじめに考えるようになるのかもしれないですね。

この人、もうすこし自分を客観視すればいいのにと思うのですが、
それができるくらいなら、とっくにミソジニーから脱却しているのかもしれないです。
リアルにいるまわりの人とかで、それを指摘する人もいないのかとも思いますが。

>そうなった時は、みんなパニックになるだけじゃないでしょうか?

女性客がパニックになるくらいの事故が起きたら、
男性客もパニックになっていて、男女差なんて関係なくなっていそうですね。

>その人が救援活動に来た消防官とか鉄道警察官でもなきゃ、頼りにしないってば

救助目的で来た人ではない一般の乗客に頼るというのも、ふつうないことですね。
Posted by たんぽぽ at 2013年09月02日 07:16
>男社会や強者男性にものもうせないので、女性に絡むような人です。


違います。この人はあなたと同じだとなぜ理解できないのですか?

この男性は男VS女で戦争をしているのです

自分の性別を擁護して相手の性別を叩きます

あなたが女性を擁護して男性ばかり批判するのと「全く同じ」です

どちらか一方の性別に責任をなすりつけようとする姿勢では何も解決しません
Posted by 清川 at 2013年09月15日 15:19
清川さま

こちらのエントリでもコメントしたけれど、くわしい自己紹介をお願いします。
あなたが「sakaeru=ureakas」さんでないことを、全力で証明してくださいね。
http://taraxacum.seesaa.net/article/372983865.html#comment
Posted by たんぽぽ at 2013年09月16日 19:38
平等を望む男性で清川と申します

それ以上の自己紹介は個人情報になります


>あなたが「sakaeru=ureakas」さんでないことを、全力で証明してくださいね。

その人で無いことの証明はどうやってすればいいのですか?普通はその人であることの証明が求められかと思いますが

色々な人の言説を重荷ネットで読み性差別に付いて考えています、私の主張が誰かに似ていたり共通していたりすることも普通に有り得ます


あなたは反論できない詭弁を使い続けて人を害するのを止めないということですか?
Posted by 清川 at 2013年09月17日 16:49
あなたと「sakaeru」さんは、わたしのブログに投稿したときの
リモートホストやブラウザ情報、クッキー情報が一致しています。
あなたと「sakaeru」さんは、おなじ端末から投稿しているということです。

つまりあなたと「sakaeru」さんは、PCを共有する間柄になります。
おなじ屋根の下に住んでいるのでもないかぎり、なかなかありえないことですね。

よってあなたが「sakaeru」さんと別人だとおっしゃるのでしたら、
なぜにPCを共有できるのか、あなたと「sakaeru」さんとは
いったいどういう関係にあるのかを、くわしく釈明する必要があります。
Posted by たんぽぽ at 2013年09月18日 20:37
>リモートホストやブラウザ情報、クッキー情報

それではなぜ書き込めるのでしょうか?出禁になったのでは?
Posted by 清川 at 2013年09月18日 20:56
リモートホストを使って技術的な規制をしたのではない、というだけです。

「sakaeru」さんと同一人物でないことを、しめしていただきたいです。
「コメント投稿できるから別人だ」なんて、まさか言ったりはしないですよね。
Posted by たんぽぽ at 2013年09月19日 00:21
>「コメント投稿できるから別人だ」なんて、まさか言ったりはしないですよね。

そもそもIPやそれに伴うリモートホストは固定では無いはずですが?
Posted by 清川 at 2013年09月19日 14:02
「sakaeru」さんと同一人物でないことを、証明しないのですね。
ということは、あなたはやはり「sakaeru」さんご本人であり、
それゆえ別人であることが証明できないと考えることにします。

以前出入り禁止にしたかたが、なんら釈明もなくハンドルを変えて
別人を装ってコメント投稿することは、とうぜん容認できないです。
コメント投稿をお断わりといたします。
Posted by たんぽぽ at 2013年09月19日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373536135

この記事へのトラックバック