2013年11月13日

toujyouka016.jpg 胸を触らせてと2時間半

とてもえげつないものがあるのでご紹介しますよ。
男子中学生が女子中学生に「胸を触らせて」と2時間半も懇願を続けたのですよ。
以下のまとめですが、ツイートした人の家の裏でやっていて、
まわりに丸聞こえだったと言います。

「男子中学生「おっぱい触らして」と懇願すること1時間」
(はてなブックマーク)

 
========
僕の家の裏で、男子中学生が女子中学生に「おっぱい触らして」と懇願している。
かれこれ1時間。 まだ触らしてくれない模様。 気になって気になって稽古どころちゃうわ!

「おっぱい続報」。 男子中学生の2時間半にわたる懇願の結果、
土曜日におっぱいを触らしてもらう事になった模様。
なんで土曜日やねん! 思春期の会話っておもろいなぁ〜。
ちなみにこの二人の会話、近所に丸聞こえで、
おっぱい触りたい男子中学生は町内で話題になっております。
========

これは立派に性暴力ですね。
2時間半も胸を触らせろとせがまれ続けた、女の子の心中はどんなだったかと思います。
「家の裏」で言われたとあるので、一種の軟禁状態だったのかもしれないです。
最後は胸を触らせることにしたのだそうですが、
首を縦に振らなければ帰れない状況だったのだろうと思います。
(ツイートの時間から夜の9時ごろであると考えられます。)

しかも「近所に丸聞こえ」で「町内で話題になった」と言います。
女子中学生のことも、きっとうわさされたでしょう。
性的ないやがらせをされたことを町中の人たちに知られて、
それだけで女の子にとって二次被害だったのではないかと思います。
願わくば話題になったのを聞きつけて問題視して、
くだんの男子中学生を取り押さえる人がいたことを祈ります。


なによりえげつないのは、このまとめを作った人もリプライした人も、
かかる男子中学生のわいせつ行為を、「若いっていいなぁ」とか「羨ましい」とか
「ええ話や」とか言って、「ほほえましい美談」と考えていることです。
コメント欄でも男子中学生を「応援」する人もいたりします。

性的搾取の対象とされた女子中学生の立場や気持ちを、
これらの人たちはまったく考えていないということです。
いかにこの社会が、男が性欲を発散することに対して「寛容」か
ということが、端的かつ無防備に現れたと思います。

ツイートの人は、自分の家の裏で性暴力が行なわれているのだから、
止めに入らなかったのかと思うところです。
「思春期の会話っておもろいなぁ〜」などとのんきにつぶやいていますし、
「醜い性暴力」とは露ほどにも思わなかったのでしょう。


コメント欄も途中から、これは性暴力だと批判するかたも出て来ます。
ところが問題点を批判されると、「無粋だ」などと言ったり、
ひどいのになると「これが許されないなら、プロポーズも
セックスの同意も取り付けられない」などと言う人も出てくるのでした。

乱暴をしておいて、どこがプロポーズだの同意だのと思います。
そういった乱暴なやりかたで、信頼されるパートナーが得られると、
本気で思っているのが異常だと思います。
太田誠一の「レイプは元気」の発想とおなじと言えますね。

そして「嫌ならすぐに断わればいいのだから、
2時間半もいっしょにいたのは嫌だったのではない」とか
「最後は合意したのだから性暴力ではない」などと言って、
女子中学生の被害を矮小化する発言が出てくるのでした。

「被害者落ち度論」や「正しい被害者論」とまったくおなじですね。
つまり「被害者落ち度論」は男の性欲への寛容と表裏一体ということです。
これらの人たちはこの女の子が被害を訴えたら、実際におなじことを言って、
二次加害をするのではないかと、わたしは想像しますよ。


このまとめは5月23日に作られたものです。
なぜか半年経った最近またすこし注目されて、それでわたしは知ったのでした。
男子中学生の性暴力を美談扱いしたり、女子中学生の性被害を
矮小化する人がこんなにもたくさんいて、この社会はまだまだ女性にとって
怖いところなのだと、あらためて思いましたよ。

女子中学生は本当に不本意で、これは性暴力だったのか?とか、
ほかの可能性はないのか?ということは、議論の余地はあると思います。
でも「女の子はじつは嫌ではなかったのだ」と考えて、
その仮定に沿ったコメントすることは、控えたほうがいいと思います。
本当に深刻な被害だったとき、セカンドレイプになる可能性があるからです。
ここは「性暴力があった」と考えておくのがいちばん無難です。

posted by たんぽぽ at 18:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 胸を触らせてと2時間半 web拍手
この記事へのコメント
これだけだと、中学生たちがどの程度の仲なのかとか、どういう風な言い方をしていたのかとか、状況が分らなすぎですが、嫌だったら断るチャンスがあったようにも思えないこともないですね。
これを書いた人がずっと聞きっぱなしだったのか、危ない感じだったら注意または通報できたのではないかとか、よく分らないことが多くて、判断しづらい話ではあります。
Posted by 御光堂 at 2013年11月16日 14:48
御光堂さま、このエントリにコメントありがとうございます。

「まとめ」のツイートだけでは実際の状況がわからない、
というのは、たしかにそうではあるのですよね。
なのでべつの可能性が考えられないということはないでしょう。

でも「女子中学生は嫌がってなかった」と仮定して、
それに沿った発言をするのは、あまりしないほうがいいと思いますよ。
エントリにも書いたように、実際が深刻な被害だったとき
二次加害になる恐れがあるからだけど。


実際の状況はどうであっても、ツイートの人が通報するべきことと
思わなかったのは、「思春期の会話っておもろいなぁ〜」と
つぶやいていることから、あきらかだと思います。
Posted by たんぽぽ at 2013年11月16日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック