2007年04月20日

toujyouka016.jpg 長崎市長殺害


posted by たんぽぽ at 01:34 | Comment(6) | TrackBack(7) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 長崎市長殺害 web拍手
この記事へのコメント
このニュースには大変ショックを受けました。
どう考えたって私怨じゃないだろ、と思いますが、闇の中に消えてしまうのでしょうか、そして何年後かに出所?。やりきれません。
事件直後のアベシンゾーのコメントにもあきれましたしな。
Posted by うがんざき at 2007年04月20日 04:38
大変なことですね。背後関係は必ずあると思うのですが、まだわからないことだらけですね…。
Posted by べるの at 2007年04月20日 08:19
うがんざきさま、べるのさま
コメント、どうもありがとうございます。

マスメディアは、ひたすら私怨説という線で、報道しているけれど、
政治的な意図があるはずだと、一部では言われていますね。
動機や状況に、不自然なところがあるし、
その可能性は、じゅうぶんありそうだけど。
(でも、そうだとしたら、真相の解明は、たぶんなされなさそうだな...)

安倍晋三は、例によって、鈍い反応をしてましたねえ...
「だからアベは、事情を知っているはずだ」
なんて言う人も、ときどき見受けられるけど...
そこまでいっていないにしても、都合の悪い人物が、
うまいこと消えたくらいには、思ったのかもね...


なんか、7月の参議院選で、伊藤市長を出馬させる計画があったみたい。
話を進めていたのは、久間氏とあるけれど、防衛相の久間なのかな...?
(そういえば、防衛相の久間も、アベ同様、鈍い反応をしていたが。)
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/senkyo/date/2007/sannin/kiji/2006082601.html
Posted by たんぽぽ at 2007年04月21日 00:55
安倍は、単に鈍感なだけだと思います。
安倍自身もよく把握していないかもしれない、祖父の代からの右翼やホニャララ団と癒着した空気が当たり前だと思ってるから、テロを非難するという、まともな政治家なら普通に身に着けている感覚が全然ないんでしょう。

あのテロが単なる私怨のはずはなくて、日本会議だの「作る会」だのとの絡みが出てきていますが(って私自身もそれを書き立てて世に広めてるんだけど)、自覚があろうがなかろうが、そんなしがらみを持っている政治家が日本の首相なんかやっちゃいけないってことだと思います。
Posted by kojitaken at 2007年04月21日 15:42
またまた民放のカメラマンに呆れました。
倒れているところ、救急車の中で処置受けている市長の様子を丸うつし。

そんなん、命、一刻を争うのに・・・通りがかったから映すなんて酷すぎます。
Posted by みみ at 2007年04月21日 21:19
kojitakenさん、こんにちは。

>安倍は、単に鈍感なだけだと思います。

とどのつまりは、そういうことなんだと、わたしも思いますよ。

ほかにも、なにかというと、裏手回しにおどしたり、
拝み倒そうとしたりするけど、これも、右翼や暴力団のいる雰囲気を、
当たり前のように、思っているからなんでしょうね...
(それで失敗したのが、例の「従軍慰安婦」だけど...)



みみさん、こんにちは。

救急車が呼ばれて、しかるべき処置がなされていたなら、
そういう映像をおさめるのも、必要なことかもしれないですよ。
(そうではなく、必要な処置もせず撮影していたとか、
撮影が処置のじゃまになった、とかいうなら、モンダイだけれど。)

ああ、わたしは、事件現場の様子を把握していないので、
見当違いだったら、ごめんなさいね...
Posted by たんぽぽ at 2007年04月22日 16:47

この記事へのトラックバック

人間は、いったい何をしているのか
Excerpt: モスクワ郊外で極右グループに属するスキンヘッドの若者が、ナチスの敬礼ポーズをとっている。ロシアではこの数年間で人種差別や排外主義が蔓延してきており、アドルフ・ヒトラーの誕生日である4月21日を控えてモ..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2007-04-21 00:40

伊藤一長長崎市長、テロの凶弾を浴び死亡
Excerpt: 17年前の悪夢を思い出した人も多いだろう。 昭和天皇が死の床にあった1988年(昭和63年)12月7日、「天皇に戦争責任はあると思う」と発言した本島等長崎市長(当時)は、それから1年あまり経った..
Weblog: きまぐれな日々
Tracked: 2007-04-21 01:28

言論の自由への重大な挑戦と、それを受け止められない安倍晋三
Excerpt: これは、断じて私怨による犯行などではない。 今回の伊藤一長(いとう・いっちょう)長崎市長へのテロのニュースに接した時、30歳前後以上の人であれば誰しも、1990年1月に起きた本島等長崎市長(当時..
Weblog: きまぐれな日々
Tracked: 2007-04-21 01:29

長崎市長を射殺したテロの「真犯人」
Excerpt: 17日に起きた暴力団員による伊藤一長(いとう・いっちょう)長崎市長射殺事件の謎は、深まる一方だ。 当初からずっと、マスコミは「犯人(山口組系水心会会長代行・城尾哲弥)の個人的恨みによる犯行」だと..
Weblog: きまぐれな日々
Tracked: 2007-04-21 01:29

巨悪の根を引っこ抜きたい
Excerpt:  地中に根を伸ばし、冬の間はゆっくりと眠っていた花や木々が、今次々に花を咲かせています。 薔薇もどんどん花芽を膨らませていますが、この季節、特に見事なのはボタンでしょうか。 あの花を見て香りを嗅げば、..
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2007-04-21 11:19

安倍晋三と従軍慰安婦
Excerpt: 長崎の伊藤一長市長候補殺害事件は、大きな衝撃であった。真相はまだ分からないが、早くも水心会と安晋会の関係が疑われている。 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070421..
Weblog: 懐疑主義者のニュース倉庫・別館
Tracked: 2007-04-21 21:44

継承のために選挙に!
Excerpt: 金曜は父が入院している病院に呼び出され、静岡の出張先からあたふたと戻ってきたりと、長い一日でした。 伊藤市長のあまりにいたましい銃殺に、やはり共犯説が今さらのように発表されています。 異常なほ..
Weblog: Like a rolling bean (new) 出来事録
Tracked: 2007-04-22 00:10