2014年05月13日

toujyouka016.jpg 女性たちの貧困のメモ(2)

5月11日エントリの続き。
4月27日の「NHKスペシャル」で放映した女性の貧困についての番組です。

「調査報告 女性たちの貧困〜"新たな連鎖"の衝撃〜」
(はてなブックマーク)

 
「ネットカフェで2年半暮らす母親姉妹にチャンスと詰寄る
NHKスペシャル女性たちの貧困のパラドクス」

(はてなブックマーク)
「ネットカフェで2年半暮らす母親姉妹にチャンスと詰寄る
NHKスペシャル女性たちの貧困のパラドクス」
(トゥゲッター)
(はてなブックマーク)
「尾藤廣喜氏 NHKスペシャル「女性たちの貧困」について」
(はてなブックマーク)
「NHKはなぜ生活保護のことを伝えないのか〜NHKスペシャル「女性たちの貧困」を視て」
(はてなブックマーク)
「女性の貧困」


上述の番組に関する批評の記事の中で、
生活保護について番組は言及していない、という指摘があるのでした。
http://ameblo.jp/tokutake-satoko/entry-11835477480.html

========
私が、あのネットカフェのことを番組で視たとき、
真っ先に考えたのは、そこで生活保護や支援の相談会をすれば、
かなりの反応があるのではないか、ということだった。

母子家庭であれば、児童扶養手当や児童手当の支給も受けているかもしれない。
しかし、たいていの家庭が、生活保護を利用できる所得以下であるように思える。

NHKは、なぜそういうことを伝えないのだろうか。
どういう事情で生活保護を利用していないのかはわからない。
しかし、もし、最低生活費以下で生活しているのなら、
本来は生活保護を利用できるはずだ、
生活保護の利用に至ることなく貧困に陥っていると、
少なくとも、そこまで放送しなければならないんじゃないのか。
========

番組構成の方針が、女性の貧困を自己責任のように見なしていて、
かかる貧困は本来社会や行政の責任であり、政治が解決することである
ということに触れないようにしているらしいですからね。
社会福祉なんて言及するはずもないということなのでしょう。
ましてや風当たりの強い生活保護なんて、なおさら言わないでしょうね。


NHKは前にも、1月27日放映の「クローズアップ現代」で
若年女性の貧困を取り上げたとき、役所の対応が生活保護法に
反していることを、番組中まったく触れなかったのでした。

「若年女性の貧困の深刻(4)」
「NHK「クロ現」に、ひとこと言いたい」

役所が違法なことをしているなんて、適切な情報を送る姿勢があれば
とうぜん言及するであろうことを、だまっているくらいです。
生活保護を利用できる可能性を指摘したり、生活保護を利用したほうがいい
という意見を述べるなど、なおさらないということなのでしょう。
どうも生活保護についての適切な情報やくわしい情報を、
伝えたがらないところがあるもののようですね。

3月25日エントリでもお話しましたが、このあたりは世論一般の
生活保護バッシングに迎合したところが、あるのかもしれないです。
あるいは55年体制時代的な発想がまだ残っていて、
生活保護をもらうのは働かないから「裏切り」である
みたいな感覚もあるのかもしれないです。

posted by たんぽぽ at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 女性たちの貧困のメモ(2) web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック