2014年09月09日

toujyouka016.jpg 松島法相・別姓に言及

松島みどり法務大臣が、選択的夫婦別姓の導入というか、
現行の同姓強制を改善したいという意向をしめしています。

「夫婦同姓「働く女性不便」…松島法相、改善検討」

松島みどり氏は、自民党の中では貴重な(?)
選択的夫婦別姓の推進派議員なのですよね。

 
記事を見ると記者に選択別姓のことを訊かれたとあります。
「女性活用」という文脈で訊いたものと思います。
========
松島法相は、5日の閣議後の記者会見で、
夫婦が別々の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓」について問われ、
法改正への言及は避けたものの、「旧姓では銀行口座を開設できないなど、
女性が働く中で不便を感じる人が増えている」と語った。

その上で、「現実的な運用について議論したい」と
改善の方法を検討する意向を示した。
========

自民党はかつてもっと推進派議員の数が多く、
夫婦別姓の議論が盛んだったころであっても、
選択的夫婦別姓の実現にはぜんぜんいたらなかったのでした。

そのころよりもっと状況が不利な現在において、
法務大臣ひとりがなにかしたところで、
民法改正の実現なんてとても無理だろうと思います。
あまり期待しないで見ていたほうがよいのだろうと思います。

もっとも松島みどり氏は民法改正の言及をせず、
「現実的な運用について議論したい」とコメントしているので、
民法改正の実現ではなく、もっと限定的な改善を
考えているのかもしれないです。


わたしはいちいち直接の確認をしていないのですが、
松島みどり氏を「フェミ」認定している人たちが、
さっそくというかしっかりいるらしいのですよ。

https://twitter.com/shirayuki1030/status/508027286684069888
========
松島みどりを「フェミ」って認識してる人々に慄いてる。
========
https://twitter.com/kizury/status/508045624923537408
========
ああ、やっぱ出たか、松島みどりをフェミ扱いする人。
昨日そこまで予想していたけどやっぱ出たか…
========

「松島みどり氏のいったいどこが?」と言いたくなってきますが、
夫婦別姓の推進派ということもあるのかと思います。
「あちら側」の人たちにとっては、夫婦別姓というだけで、
「フェミ」だったり「共産党」だったりするのですよね。

またすでにお話したように、安倍改造内閣の女性閣僚は、
そろいもそろって女性の権利に反対してきた右翼です。
そういうのが「ふつう」だと思っていると、松島みどり氏でも
「フェミ」に見えてくる、ということなのかもしれないです。

posted by たんぽぽ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 松島法相・別姓に言及 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック