2014年10月11日

mar0006.gif歴史修正主義とにせ科学

補助ブログで延々と書いていた、「歴史修正主義をスルーしておいて
疑似科学を批判しても無意味」発言と、それにともなう一連の議論について、
一通り完結したのでリンクを並べておきます。

https://twitter.com/apesnotmonkeys/status/508274488417349632
(はてなブックマーク)

お時間と興味のあるかたは、ご覧いただけたらと思います。
(たいしたものではないけれど。)

 
「歴史修正主義批判の中心主義」
「歴史修正主義というにせ科学」
「歴史修正主義批判の中心主義(2)」
「歴史修正主義批判の中心主義(3)」
「権威主義や大衆蔑視を伴う?」
「甘やかされるにせ科学?」
「ある歴史修正主義の議論」
「愛が感じられない批判」
「皮肉で琴線に響かせる?」

はなはだ残念なのは、このようなできごとを通して、
歴史修正主義批判のかたと、にせ科学批判のかたとのあいだの
溝が深くなりかねないことだと思います。
(わたしがせっせとこれらのエントリを書くのも、
溝を深める方向に寄与しそうなのではあるが。)

にせ科学を信奉する人が、歴史修正主義に陥るのはよくあることです。
歴史修正主義もにせ科学の一種と言えますし、
それぞれの信奉者は精神・思考構造もよく似ているところがあります。
歴史修正主義批判のかたと、にせ科学批判のかたは
本来ならおたがいの蓄積を利用し合えるでしょうし、
協力できる関係にあるはずなのですよね。

posted by たんぽぽ at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 歴史修正主義とにせ科学 web拍手
この記事へのコメント
歴史に詳しい人が、科学にも詳しいとは限りませんから、歴史修正批判と疑似科学批判を同一人物に期待するのは、酷でしょう。各自が自分にできることをすればいいんですよ。

ところで僕は、疑似科学批判、歴史修正批判の中に、トンデモさんを嘲笑するひとがいることを、気にしています。僕が疑似科学批判を控えているのは、嘲笑する人と同じになりたくないからなのです。
Posted by キンシャチ at 2014年10月12日 17:23
このエントリにコメントをくださり、まことにありがとうございます。

>各自が自分にできることをすればいいんですよ

わたしもおなじ意見ですよ。
多くのかたはそう考えると思います。
ところがどういうわけかネットの歴史修正主義批判のかたたちは、
それが不満のようなのですよね。


>トンデモさんを嘲笑するひとがいることを、気にしています

残念ながら、みょうに選民意識や愚民思想に陥った人たちも、
一部にいらっしゃるのですよね。
自分もくわしくない分野であれば、「とんでも」に騙されうるという
謙虚さがたりないのかもしれないです。

>僕が疑似科学批判を控えているのは、嘲笑する人と同じになりたくないから

かくいうわたしもおなじような理由で、
批判に加わりたくないと思うことはありますよ。
その気持ち、ちょっとわかります。

わたしはときどきにせ科学批判をすることがあるし、
こないだもこのブログで派手に議論になったのですが、
にせ科学批判によって「嘲笑している」という印象を与えないよう、
じゅうじゅう注意したいと思います。
Posted by たんぽぽ at 2014年10月12日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック