2015年04月02日

mar0006.gif少子化社会対策大綱

2020年までの少子化対策の指針となる
「少子化社会対策大綱」なるものが、3月20日に閣議決定されました。
前回は2010年に策定されていて、5年ぶりに改定ということです。

「少子化対策:原案…男性の産休取得率20年までに80%に」
(はてなブックマーク)

「男性の出産後休暇80%目指す 少子化社会対策大綱決定」
「少子化対策大網を閣議決定 出産後有給、男性の8割目標」(全文)
(はてなブックマーク)

「男性育休取得8割が目標 政府が新少子化大綱、20日に決定」
「男性育休取得 8割目標 政府 新少子化大網、あす決定」(1/2)
「男性育休取得 8割目標 政府 新少子化大網、あす決定」(2/2)

内容は大きく5項目あって、150ほどの施策が挙げられています。
2020年までの5年間を「集中取り組み期間」としていて、
人口問題にかなり力を入れようとしていることはたしかでしょう。

 
注目したいのは「男女の働き方改革」という項目の中に、
男性のライフスタイルに関する施策があることです。
旧式の「少子化問題=女性問題」から脱却して、
男性の問題を解決する必要があることを認識したのでしょう。
これはとても結構なことだと思います。

具体的には
1. 男性の産休(配偶者が出産した直後の休暇)の取得率を80%以上にする
2. 2020年までに男性の育児休業取得率を13%にする。
3. 6歳未満の子どもを持つ男性の家事・育児の時間を1日2.5時間とする
ということがあります。


>1. 男性の産休取得率80%

8割なんてそんな高率は可能なのか?と思ったのですが、
出産後2ヶ月以内に半日から1日以上とのことなので、
この程度でどれだけ実効性があるのかという疑問はありますが、
実現は可能だろうと思います。

配偶者の出産後2カ月以内に半日から1日以上、
有給休暇や特別休暇、育児休業などを8割の男性が取得する


>2. 男性の育児休暇取得率13%

3月28日エントリでも触れましたが、
現在の日本の男性の育児休暇の取得率は2%前後です。
2007年にはじめて1%を超え、それから6年後の2013年は2.03%です。
これまでの上昇率を考えても、残り5年で13%なんて
6倍以上に引き上げることは、実現できるのか?と思います。

「男性の育児休暇の取得率」

男女の育児休暇取得率 男性の育児休暇取得率はなかなか上がらない

男性の育児休暇取得率(%)


>3. 男性の家事時間2.5時間

毎日の記事を見ると、2011年の6歳以下の子どもがいる
男性の家事・育児時間は、67分となっています。
データの出典がわからないのですが、前に補助ブログで紹介した、
総務省の『社会生活基本調査』(2011年度版)によると、
6歳以下の子どもがいる共稼ぎ世帯の男性の家事時間は75分です。
数字が近いので『社会生活基本調査』を見てもだいじょうぶでしょう。

「家事をしない日本の男」



日本の男性の家事・育児時間は、欧米の民主主義国の
男性とくらべると、きわめて短いのですよね。
大綱の目標値の2.5時間(150分)は、欧米の民主主義国とくらべて、
遜色のない長さの時間と言えます。

問題は5年後までに、男性の家事・育児時間を
欧米の民主主義国並みにできるかということだと思います。
日本人男性の家事・育児時間が短い理由には、
「長時間労働」に代表される、男性中心の労働習慣があります。
企業のありかたが抜本的に変わる必要があります。

「女性管理職が少ない理由」

家事・育児は本来「女の仕事」という、日本人男性の意識もあります。
これも5年で変わるには、むずかしいのではないかと思います。

「本当は怖い?日本の男性」


「男性政策」に注目するようになったのは、
とてもよいことなのですが、あげた目標は実現可能かと言われると、
かなりむずかしいのではないかと、わたしは思ったりします。

posted by たんぽぽ at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 少子化社会対策大綱 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック