2015年06月21日

mar0006.gif民法改正法案6年ぶり提出

6月12日に民法改正法案が、野党から参議院に提出されました。
民主、共産、社民と無所属の議員の共同提出です。

「夫婦別姓法案を提出=野党3党」

「民法の一部を改正する法律案(選択的夫婦別姓)を参院に提出」
「【国会1】野党が民法改正案を提出 6月12日」

 
この法案提出は、2月に選択的夫婦別姓と再婚禁止期間が
最高裁大法廷回付されたので、それを意識してのものです。
違憲判決が出る前に、国会が主体的に立法で解決するべきという判断です。
大法廷回付が国会に多少影響を及ぼしたことになります。

「民法改正を大法廷回付」

法案の内容はこれまで提出していたものと同じようです。
選択的夫婦別姓法案における子どもの名字は、
出生の毎に父母のいずれかの名字に決めるというものです。
再婚禁止期間は100日に短縮で、全廃では残念ながらないです。


短いので、mネットと時事通信の記事を全文引用します。
【国会1】野党が民法改正案を提出 6月12日

参議院の民主・共産・社民と無所属の議員が6月12日、
民法改正案 を発議(提出)しました。
改正の主な内容は、選択的夫婦別姓制度の導入、再婚禁止期間を100日に短縮、
婚姻最低年齢を男女とも18歳とするなどです。
選択的夫婦別姓制度導入の民法改正案が提出されるのは、
2009年 の通常国会以来6年ぶりとなります。

提出後の記者会見では、筆頭発議者である民主党の小川敏夫議員が、
「最高裁で大法廷に回付され、判断が出るということもあるが、
やはり国会で主体的にこの問題については立法解決すべきでないか
ということで一致した」と、提出の経緯を説明しました。
夫婦別姓法案を提出=野党3党

民主、共産、社民の野党3党と無所属の参院議員が12日、
選択的夫婦別姓を認める民法改正案を参院に共同提出した。
最高裁が今年2月、夫婦別姓を認めない民法の規定が違憲かどうかをめぐる
訴訟の審理を大法廷に回付、憲法判断が示されることを見据えた対応。
社民党の福島瑞穂副党首は提出後に記者会見し、
「違憲判断が出る前に国会が責任を果たすべきだ」と狙いを説明した。

同改正案は、女性が結婚できる年齢を男性と同じく
18歳以上に引き上げることや、女性の再婚禁止期間を
現行の6カ月から100日に短縮することも盛り込んだ。

民法改正法案が国会に提出されるのは、2009年以来6年ぶりですよ。
長年民法改正を公約にしてきた民主党が、政権を取ってから
法案提出されなくなるという、皮肉な事態になったのでした。

「民法改正いまだ成らず」

民主党政権が一度も民法改正法案の提出をできなかったのは、
連立政権に参加していた、国民新党が反対していて
閣議決定に応じなかったことが大きいです。

「また亀井静香か」
「国民新党の正体」


政権を取る以前の民主党は、ほぼ毎年法案を提出していました。
ずっと与党だった自民党は、民法改正法案なんて
審議さえしたくないので、提出されても放置してきました。

当時の野党各党による民法改正法案の提出は、
格好だけの「行事」と化していたところがあります。
それでも毎年4月に提出するのが相場だったので、
まともに審議する時間を確保する前提ではあったのでした。

今回の法案提出は6月ですから、審議する時間はないですよ。
なおさら「格好だけ」の提出ということになりそうです。
もっと早く提出したところで、自民党は彼らが信奉する
「家族思想」のもと、民法改正に長年反対し続けてきたのであり、
審議に応じるはずなく、だれも期待していないと思います。


生活の党と維新の党は、共同提出者に入っていないです。
2014年12月の衆院選の前に、各政党・候補者のスタンスを
見てきましたが、生活の党は民法改正問題には
あまり熱心ではなさそうではあります。
ジェンダー問題に関する蓄積があまりないのかもしれないです。
維新の党にいたっては、公約で民法改正反対を掲げていたくらいです。

「夫婦別姓・政党アンケート」
「政党・候補者のスタンス一覧」

posted by たんぽぽ at 09:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 民法改正法案6年ぶり提出 web拍手
この記事へのコメント
たんぽぽさん。
夫婦別姓は公明党の山口代表も賛成ですね。
それで亀井静香というのは極端な死刑廃止論者なので右からも嫌われています。

それにしても皮肉なことにブログのコメント欄が静かになりました。
まあ、たんぽぽさんがぜんそくで体調がよろしくない状態なのでちょうどいいかもしれません。
意外と視神経の疲労も鼻や呼吸器に影響がありますからね。
Posted by ヒラリー at 2015年06月21日 14:37
>夫婦別姓は公明党の山口代表も賛成ですね

公明党もむかしからずっと民法改正には賛成していて、
党内の議論もかなり蓄積があるほうだと思います。

自民党との連立政権にずっと参加し続けていながら、
民法改正法案の成立に目立つ貢献があったことは、
一度もないのではありますが。
Posted by たんぽぽ at 2015年06月21日 17:43
これら前後の私の書き込みを改めて読んでみると、改めて私はマトモで常識的で身体の気づかいにまで触れ、なんら荒し要素のないコメンテーターだったんだなと思いますね。
だってそうでしょう。そう思いませんか?
Posted by 常識人 at 2019年01月06日 01:32
新たな年を迎えたことですし、また私のコメントを承認して盛り上がって行こうよ(^_^)/
この当時はイカフライさんなども張り切ってましたね。

逆に言えば、私がマトモなこと、少なくとも彼女らから見ても特におかしなことを書いていないから反発もありません。

開かれた政治、そしてたんぽぽさんのブログには開かれたコメント欄が求められています。
また常連さんつくったり元常連さん戻ってきて盛り上がるブログにしようよ。
まとめて編集して紙の冊子みたいにするのも面白いと思うね。
2019  あけましておめでとう(^_^)
新たなと言うより、以前の開かれた場に戻ることを期待しています(^_^)/
Posted by 常識人 at 2019年01月06日 01:48
あなた、だれ?
Posted by たんぽぽ at 2019年01月06日 21:47

この記事へのトラックバック