2017年04月07日

mar0006.gif森友学園・政権への影響

森友学園事件の国政調査が続くことによって、
政権の支持にどれだけ影響したかは気になるところです。

3月中ごろの各メディアの世論調査が出ています。
これを見てみたいと思います。

「内閣支持率と政党支持率の状況」
「産経・FNN世論調査の結果が他の世論調査結果と傾向が違ってる件」

 
内閣支持率

どこのメディアの調査も、安倍政権の支持率は下がり
不支持率は上がっています。
森友学園事件の疑惑解明に、安倍政権が非協力的で
逃げ腰であることが、批判されているとは言えます。

「テレビ朝日。報道ステーション。内閣支持率推移グラフ」

内閣支持率推移グラフ

それでも支持率、不支持率の変化は、変動範囲内と言えます。
森友以前の支持率が高かったこともあって、
ほとんどの世論調査で支持率が50%以上あります。
政権は深刻な打撃を受けているとは言えず、
まだまだじゅうぶん安泰と言えるでしょう。


3月19日エントリで、森友学園問題は、
極端な国粋主義勢力と政権との結びつきが
本質だとする、東洋経済の記事を見ました。
ここに今後の政権への影響が少し述べられています。

「極右と安倍首相の親密関係こそ問題の本質だ」

もしスキャンダルが雪だるま式に大きくなり、
首相の関与度がはるかに大きなものだったことが判明した場合、
「致命傷となり得る」と政治評論家たちは見ているという。
「安倍政権を揺るがしかねない」(元毎日新聞の記者で評論家の板垣英憲氏)。
森友学園問題は地方政治や財政問題であるばかりか、
日本の近隣国との外交問題にも発展しかねないからだ。

この予測はかなり楽観的だとわたしは思います。
「致命傷となり得る」「安倍政権を揺るがしかねない」とは、
とてもならないだろうと思います。
森友のスキャンダルをもってしても、
安倍政権はまだまだ安泰だろうと思います。

なにがあっても、安倍政権が深刻なダメージを
受けることはないのではないかと、わたしは思っています。
森友問題の追求については、今後も長引けば、
じりじりと支持率が下がることはあるかもしれないです。


教育勅語を生徒に教えるような極右勢力と
政権が結びついているという事実は、
外国人にはかなり衝撃的なことだと思います。
外国メディアの評価はその感覚で推し量るのでしょう。

それゆえ日本国内では政権と極右とが結びついても、
さほど問題視されないということを、外国メディアの予測は
じゅうぶん考慮していないのかもしれないです。


それでも森友学園問題は、安倍政権にとって
「最大の危機」であるのは、たしかだろうと思います。
これ以上の危機は、いままではなかったと思います。

安倍首相は首相になってから「最大の危機に瀕している」と
報じているのがワシントンポスト紙アンナ・フィフィールド
東京支局長による記事だ(2月27日付
安倍氏は支持率が60%を超え、与党自民党内部や
最大野党民進党からも大きな挑戦を受けていないが、
このスキャンダルで「衆議院解散と総選挙の時期を
遅らせる可能性もある」と支局長は結論付けている。

安倍政権の政策スタンス「種まき期」と「収穫期」の
サイクルにない予定外の事態ではあるでしょう。
解散・総選挙の時期に、多少の影響は出るかもしれないです。

「安倍政権のふたつの顔」
「安倍政権・種まき期の政策」


「ウォールストリートジャーナル」の社説は、
もっと現実的と思われる予測をしています。

「【社説】失速する日本の安倍首相 政治スキャンダルが安定政権を脅かす」
(はてなブックマーク)

今回のスキャンダルで安倍首相が失脚することはないだろうが、
政治的目標を設定するうえでの力には影響するだろう。

わたしの予想を言うと、安倍政権の政治課題の中で
もっとも警戒する必要があるであろう憲法改正は、
先送りになるのではないかと思います。

森友事件はいましばらく長引きそうですし、
今後もまだ支持率が下がり続けるようなら、
支持率回復のための政策を優先させると思われます。



付記:

安倍政権の支持者やシンパたちは、森友学園事件に
危機感を感じるのか、必死になって安倍政権を擁護したり、
追求側のバッシングをしたりしています。

「野党のせいで追及が長引く?」
「変なおっさんと仲良し問題?」
「イメージ批判で民主主義の危機?」
「自分の色が見えないのはだれか?」

安倍政権は森友のスキャンダルでも、
政策の方向性を修正する程度にとどまりそうです。
政権の支持基盤自体は安泰と思われます。
無理して苦しい政権擁護や追求側叩きをしなくても、
あなたたちは安心していいと思いますよ。

憲法改正など右翼的な政策は遠のくでしょう。
でもあなたたちは、そんな政策を期待してはいないのでしょう?
そもそも実現を期待する政策があるから
安倍政権を支持するのではないのではありませんか?

おそらく安倍政権を維持することが
「はじめにありき」なのではありませんか?
安倍政権の政策を支持するのも、そのためではないですか?
そしてなぜ安倍政権を維持したいかというと、
「野党やリベラル・左翼が嫌いだから」
そうではありませんか?

posted by たんぽぽ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 森友学園・政権への影響 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック