2017年08月16日

toujyouka016.jpg 事実に反するコメントに抗議

たまごどんが、自分のブログのコメント欄で、
わたしのブログの運営について、こんなことを言っていますが、
そのような事実はないです。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51936603.html
私は、異なる意見を締め出すと宣言しているところに書き込む気になりません。

(74. たまごどん 2017年07月20日 00:33)

わたしは自分のブログから
「異なる意見を締め出すと宣言」したことはないです。
もちろんブログの運営方針にもしていないです。

 
問題になっている「ヒラリー」を投稿お断わりにした経緯は、
以下のストーリファイにまとめています。

「粘着質な人を投稿お断りにした経緯の記録」

「ヒラリー」のコメントは、
「粘着」「嫌がらせ」「荒らし」「対話にならない態度」
「エントリの主旨と関係ない独演会」
「論旨不明瞭で不必要に長いコメント」
「セクハラ」「差別」「攻撃的態度」であり、
とうてい容認できないものです。

ほかの好意的なコメント欄参加者や読者からも、
「ヒラリー」のこうしたコメントに抗議が来ています。
「ヒラリー」にコメント投稿をさせ続けると、
ほかのかたたちのフラストレーションが
とても大きくなって、見過ごせないことにもなります。

「ヒラリー」を投稿お断わりにしたのはこれらの理由です。
「異なる意見」だから「締め出した」のではないです。
以下のエントリでも述べています。

「批判を受ける覚悟がない?」
「批判を受ける覚悟がない?(2)」


たまごどんも、2015年10月から2016年8月までの
10ヶ月ほどにわたって、従軍慰安婦や性暴力、
性産業などの話題について、わたしのブログで
ずっと「異なる意見」をコメントし続けていました。

「「女性にとって性を売ること」の議論」

これだけ長いあいだ「異なる意見」を書き続けられたのに、
いったいどこが「異なる意見を締め出すと宣言している」と
いうのかと思います。

たまごどんが、わたしのブログにはもうコメントしたくない
というのでしたら、それはそれで結構です。
事実に反することは言わないでいただきたいです。


たまごどんに次のことをもうしあげます。
−−−−
たんぽぽのブログは「異なる意見を締め出すと宣言している」
という事実はないです。
以下のたまごどんのコメントは事実に反するので、
撤回してください

「エントリには取り上げるけどお前は投稿お断りな」
私は、異なる意見を締め出すと宣言しているところに書き込む気になりません。

(74. たまごどん 2017年07月20日 00:33)

事実だと言うのでしたら、いつこのような「宣言」を
わたしがしたのか、根拠をあげて証明してください。

−−−

posted by たんぽぽ at 06:14 | Comment(2) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 事実に反するコメントに抗議 web拍手
この記事へのコメント
たんぽぽさんは異なる意見を締め出すとの宣言はしていません。この点について、撤回してお詫びします。

私の該当コメントにも撤回の旨を追記しておきます。
Posted by たまごどん at 2017年08月16日 08:00
ようこそお越しくださりました。

撤回してくださるのですね。
ありがとうございます。それはなによりです。
Posted by たんぽぽ at 2017年08月16日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。