2017年09月23日

toujyouka016.jpg 待機児童・3年連続増加

少し前のニュース。
待機児童が3年連続増加したと、厚生労働省が9月1日に発表です。

「待機児童 3年連続で増加 「育休中」含め2万6081人」

厚生労働省は1日、認可保育所などに申し込んでも利用できない
待機児童の数が、今年4月1日時点で2万6081人
(昨年比2528人増)と3年連続で増加したと発表した。

 
グラフを見ると、2015年から急激に待機児童が増えています。

保育所などの定員数と待機児童数の推移


増えた原因は記事を見ると、ひとつは待機児童の定義が変わって、
待機児童とされる範囲が広がったことを挙げています。

申込者の増加に加え、今年度から待機児童の定義を見直し、
保護者が育児休業中の場合も一部を待機児童に
含めるようになったことも増加の一因とみられる。

待機児童としてカウントされる範囲が狭いことは
かねてから批判されていたので、待機児童の定義を変えたことで
待機児童が増えたのは、いままでは待機児童と
見なさない人たちが多かったことになるでしょう。

「『保育所は増加・待機児童も増加』という怪奇現象の理由 〜 政府にとって好都合な数字ではダメ」


もうひとつは働く女性が増えたので、
保育所の利用申し込みが増えたとしています。

保育所などの総定員数は約274万人と昨年より10万人増えたが、
働く女性の増加で利用申込者も約265万人と、約9万人増えた。
希望が集中する地域で施設整備が追いついていないことから、
利用する児童数は8万8000人増の約255万人だった。

これは以前、25-44歳の女性にかぎると就労者数は減っている、
よって働く女性が増えたことで保育園の申し込みが
増えたのではないだろう、という指摘がありました。
「保育園落ちた」で注目される前の山尾志桜里議員の指摘です。

「待機児童と女性就労者数」

25-44歳の女性の就業者数の年次推移(万人)

「待機児童が増えたのは、アベノミクスで働く女性が
増えたからで、うれしい悲鳴だ」なんて、
官僚が作ったと思われる作文を、安倍首相がとうとうと
読み上げるものだから、データをあげて反証したのでした。


最新のデータも見てみましたが、
25-44歳の女性就労者の人数は、2015年は1131万人、
2016年は1124万人で、さらに減っています。
待機児童が3年連続で増加した原因に
「働く女性が増えた」ことはおそらくないだろうと思います。

「労働力調査 長期時系列データ」
「年齢階級(5歳階級)別就業者数及び就業率(エクセル:133KB)」

年齢階級別就労者数(女性)



待機児童が増える理由として、保育園自体よりも
保育士が不足するからだ、ということを
あげる必要があるのではないかと思います。
保育士は賃金が少なく待遇が悪いので、免許を持っていても、
なりたがらない人が多いことによります。

「保育所が増えない理由」
「保育士が不足する理由」

「いくら稼げる? 129職業の年収ランキング」

職業別の月収分布

ここには「専門知識の必要な教育者」という認識が
社会にとぼしく、「子どもと遊ぶだけで、
特別な知識もいらない」くらいに思われていることと、
保育が「女の仕事だから低賃金でかまわない」と
思われていることがあります。

「保育士の給与が低い理由」


以前のエントリでわたしは、待機児童が増えた理由として、
それまで要求がありながら入園を申し込まなかったかたが、
申し込むようになったからではないかと考えていたのでした。

「待機児童が増えた理由」
2015年に保育園への入園を申し込むかたが増えたのは、
それまでは入園要求がありながらあえて申し込まなかったようなかたが、
申し込むようになったということではないかと考えられます。

「待機児童・2年連続増加」
待機児童問題に詳しい猪熊弘子・東京都市大学客員准教授は、
「新たな保育施設ができると、入所を諦めていた
保護者の申し込みが増えるという状況が続いている。
国と自治体が潜在的な需要にも目を向けて
必要な量を整備しなければ問題は解消しない」と指摘する。

2017年4月の時点で待機児童がまた増えたのも、
それまでは希望がありながら入園を申し込まなかったが、
入園を申し込むようになったかたが相変わらず
増えているからではないかと、わたしは想像します。

posted by たんぽぽ at 23:13 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 待機児童・3年連続増加 web拍手
この記事へのコメント