2018年01月12日

mar0006.gif夫婦別姓訴訟・青野慶久らが提訴

こないだから話題になっていることですが、
選択的夫婦別姓の実現を求める訴えを、
サイボウズの青野慶久社長らが1月9日に起こしました。
ついに始まりました。

「夫婦別姓選べず「戸籍法は違憲」サイボウズ社長が提訴」

「こんなにある改姓の不便 夫婦別姓を選べるよう、国を提訴」
(はてなブックマーク)
「夫婦別姓「選べないのは違憲」 サイボウズ社長ら国提訴」
(はてなブックマーク)

「【イラストでわかる!】サイボウズ社長 青野慶久さんが提訴した選択的夫婦別姓裁判とは?!」」

 
夫婦別姓を選べる法制度がないのは法の下の平等を保障した
憲法に違反しているとして、結婚で妻の姓となった男性ら4人が
9日、国を相手取り、計220万円の損害賠償を求める
訴えを東京地裁に起こした。



訴えの内容は、戸籍法に注目したもので、
日本人と外国人との結婚は夫婦別姓が選択できるが、
日本人同士の結婚は夫婦別姓が選択できないのは、
法の下の平等に反するというものです。

今回の訴訟では、原告側は民法ではなく戸籍法に着目。
日本人と外国人の結婚の際には夫婦で別の姓を選べるのに、
日本人同士の結婚だけ別の姓を選べないのは憲法違反だと訴え、
立法措置をとらずに放置した国の違法性を問うている。

「夫婦別姓はだめ?もう一度法廷へ」

現在の法制度で同姓か別姓か選べる?

日本の国内法なのに、外国人より日本人のほうが
権利が制限されるのは、めずらしいことかもしれないです。
通常は外国人のほうが権利が制限されがちです。

posted by たんぽぽ at 23:44 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 夫婦別姓訴訟・青野慶久らが提訴 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]