2018年02月16日

toujyouka016.jpg 別姓夫婦の子はいじめられる? (2)

1月17日エントリの続き。

「夫婦別姓の家庭の子どもはいじめられる」という
選択的夫婦別姓の反対派の主張を見てみたいと思います。



 
すでに何度もお話していますが、夫婦別姓の家庭の子どもが
いじめられるという報告は、ぜんぜんないです。
この反対派の主張は虚構と言わざるをえないです。

「子どもがかわいそう?」

「夫婦別姓の家庭の子どもはいじめられる」と
考える反対派は、その反対派ご自身が夫婦別姓に対して
偏見や差別意識を持っているのではないかと思います。
自分と同じ偏見が子どもたちにもあるだろうと、
子どもに投影しているということです。

夫婦別姓の家庭の子どもがいじめられるとしたら、
この反対派のような人が、ご自分の偏見や差別意識を
子どもたちに吹き込んだ場合だと思います。
その子どもたちは、夫婦別姓に対する偏見や差別意識を
持つようになり、本当に夫婦別姓の家庭の子どもを
いじめるかも知れないです。


そうしたらさきの反対派(非共存派)は、
「反論に窮すると差別偏見を持ち出す」と言ってきました。
「差別」「偏見」と言われたことがお気に召さないようです。


「夫婦別姓を希望するのは単なるわがまま」とか
「選択的夫婦別姓を導入すると秩序が乱れる」とか、
「脱税や不正が増える」
とか、この反対派は夫婦別姓に対する
偏見や差別意識をひたすら露呈しています。

わたしは「反論に窮して」もいませんよ?
反論に窮しているのは、夫婦別姓の子どもが実際に
いじめられている事例を出せず、「親が隠している」とか
「親が気づいていない」とか、反証不可能なことを言い出した、
この反対派のことだろうと思います。




いじめというのは本来いじめるほうが悪いです。
かりに夫婦別姓の家庭の子どもがいじめられたとして、
なぜ夫婦別姓の家庭の責任になるのかと思います。

さきの反対派は「夫婦別姓の家庭の子どもが
いじめられるのなら、夫婦別姓の家庭で責任を取れ」
という主旨のことを言ってきました。
「いじめられるほうが悪い」です。


この反対派は、苗字と関係ない一般的な
いじめ問題については、どう考えているのかと思います。
一般的な場合でも「いじめられるほうに問題があるから、
いじめられる側で対処しろ」と言っているなら、
(是非はともかく)筋は通っています。

一般的ないじめ問題では「いじめる側に責任がある」なんて、
正論をもっともらしく言っていたら、
夫婦別姓の家庭の子どもがいじめらたときだけ、
いじめられる側の責任になるのは、
どういうことなのかと思います。


そもそもこの反対派は、いじめ問題について
ふだんどれだけ語っているのかと思います。
2012年7月に起きた、滋賀県大津のいじめ自殺は、
教員や学校関係者、教育委員会の醜悪な保身が目立ちましたが、
これをどれだけ問題視したでしょうか?

2015年8月にはふたりの自民党議員が、
むかし自分がやったいじめを武勇伝のように
書いていたことが問題になり、ネットで炎上しましたが、
これはどれだけ問題視したでしょうか?

ふだんはいじめ問題についてなにも語らないのに、
選択的夫婦別姓が話題になったときだけ
「夫婦別姓の家庭の子どもがいじめられる!」と
声高だかに主張するのなら、選択的夫婦別姓に反対するために
いじめ問題を利用している可能性があります。


ここで「夫婦別姓の家庭の子どもがいじめられるなら、
だれがいじめるのか」というお話になります。
可能性が高いのは、この反対派ご自身でしょう。



この反対派は、夫婦別姓に対して偏見や
差別意識があるので、夫婦別姓の家庭の子どもを
いじめるモチベーションはあります。


そうしたら「コナン」は「勝手に決め付けて
個人の侮辱を始める」などと言ってきました。
なにをきゅうに被害者づらを始めるのかと思います。


「勝手に決め付けて個人の侮辱」をしたのは、
「夫婦別姓の親は子どもがいじめられていることを
隠している
」とか「子どもがいじめられていることに
気づいていない
」などと言った「コナン」です。

根拠もないのに人聞きの悪いことを言って、
自説が正しいことにしようとするのなら、
「自己成就的に夫婦別姓の家庭の子どもを
いじめることもやりかねない」と思われても、
無理もないと言うものです。

「コナン」は夫婦別姓の家庭の子どもについて
主観的で独善的な妄想的主張をさんざん展開していながら、
「制度の話を客観的にしてる」などと言うのも、
なにをかいわんやだと思います。



posted by たんぽぽ at 07:43 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 別姓夫婦の子はいじめられる? (2) web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]