2018年03月20日

mar0006.gif性暴力被害者が「亡命」する国

3月16日に国連本部で、「Black Box」の伊藤詩織さん
性被害についての、記者会見がありました。

「セクハラ撲滅 国連で伊藤さん会見「WeToo」運動提唱」
(はてなブックマーク)

自身への性暴力被害を告発したジャーナリスト、
伊藤詩織さん(28)が16日、国連本部で記者会見した。
日本では、性被害を告発した女性に対する反発が「過酷だ」と主張。
米ハリウッドから始まったセクハラ撲滅運動
「MeToo(私も被害者)」の代わりに、
「WeToo(私たちも行動する)」運動を提唱した。

 
この記事で衝撃的なのは以下のことです。
伊藤詩織さんは現在日本ではなく、ロンドンで生活をしています。
自分の受けた性被害を告発したことによって
中傷や脅迫をされるというセカンドレイプがひどくなり、
日本にいることが危険になったからです。

伊藤さん自身、告発後、インターネット上などで激しい中傷や脅迫を受けた。
自宅に戻れなくなり、人権団体の助けで昨秋からロンドンに移住した。

日本の差別主義者は、日本の差別を批判すると
ふたこと目には「嫌なら日本から出て行け」と言います。
伊藤詩織さんは、本当に出て行ったということです。

セクハラ撲滅:国連で伊藤さん会見「WeToo」運動提唱 - 毎日新聞

要は、脅迫を受けて、自分の国から追い出されたのか。最低、最悪の国だな。

2018/03/18 07:46

(選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の中にも
「夫婦同姓の強制が嫌なら別姓が認められている
国へ行け」と言うのが、ときどきいます。)


これは「亡命」と言っていいと思います。
日本はジェンダー差別が激しい人権後進国で、
国際的にもそう認識されていると思います。
ついに性被害を訴えた女性が、国外に亡命する必要が
出てくるまでにいたったことになります。


「日本は治安のいい先進国」というイメージを
信じているであろう「ふつうの日本人」は、
伊藤詩織さんの「亡命」をどう考えるかと思います。
他国へ亡命する人が出てくるなんて、
政情不安定な国か、人権軽視の全体主義国という
イメージもあると思うからです。

亡命したのは性暴力の被害を訴えた女性です。
それくらい日本は性暴力がまかり通る国であり、
ジェンダー差別のひどい国だということです。
これでもまだ「日本は女性が安心して暮らせる
治安のよい国」と考えるでしょうか?



付記:

現在日本に亡命している、フランスの人種差別主義者がいます。
差別主義者にとっては、日本はむしろ「安全」な国のようです。



posted by たんぽぽ at 22:50 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 性暴力被害者が「亡命」する国 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]