2018年07月31日

mar0006.gif池上彰・夫婦同姓の問題点を語る

テレビ朝日系の『池上彰のニュースそうだったのか!!』の
7月21日放送で、選択的夫婦別姓が取り上げられました。

「池上彰、夫婦同姓の問題点を熱く語る『そうだったのか!!』P裏話」

「日本の常識は世界の非常識!?」スペシャルです。
選択的夫婦別姓が認められず、夫婦同姓が強制されるのは、
世界中で日本だけ、ということで取り上げられたのでしょう。

 
番組を見てエントリを書くといいのでしょうが、
残念ながら、わたしは番組を観ていないです。
(家にテレビを置いていないからです。)
そこで番組について触れた記事を参照しながら、
このエントリを書くことにします。


最初は夫婦同姓が強制されるのはほぼ日本だけ、
世界のほとんどの国は夫婦別姓が選択できるという指摘です。
日本の夫婦同姓の強制は「日本の常識は世界の非常識」
という主旨に、とてもよく合っていると思います。

その中でも池上氏がイチ押しするネタは「夫婦同姓」だ。
日本では120年前の民法の規定により、
「夫婦は同姓」と決められており、世界でも日本だけのシステム。

「世界の夫婦別姓」
「夫婦別姓・世界各国の状況は?」

夫婦の姓を巡る各国の状況


日本で夫婦同姓が定められたのは1898年、
ヨーロッパの家族法にならって、イエ制度にもとづき
妻が改姓して夫婦同姓となることを定めたのでした。

これは欧米諸国とのあいだの不平等条約撤廃のために、
欧米風の法整備が必要となったからです。
そのために日本の伝統を積極的に破りました。

「夫婦同姓は日本の伝統?」
「日本で夫婦同姓になった起源」



その後、20世紀の後半に入ってから、
世界のさまざまな国で、ジェンダー平等の見地から
家族法を改正するようになっていきました。


日本の夫婦同姓の輸入元であるヨーロッパでは、
1970年代から結婚後の苗字の選択の幅を広げていきます。
選択的夫婦別姓を認めるという問題は、欧米の民主主義国では、
20世紀のうちに終わっていると言えます。

21世紀に入ると、アジアの国でもジェンダー平等的に
家族法が改正され、夫婦同姓が強制されていた国でも、
結婚後の苗字の選択の幅が広がり、
夫婦別姓が選択できるようになります。

かくして2018年の現在、夫婦同姓が強制され、
選択的夫婦別姓が認められないのは、
世界でもほとんど日本だけという状況になったのでした。
ジェンダー平等を推し進める世界の動きから、
日本は完全に取り残されたことになります。


日本の夫婦同姓強制は、欧米の民主主義国の人から見ると、
時代遅れのジェンダー差別に見えるという指摘があります。

さらに「日本では当たり前、と思っているこの夫婦同姓も
欧米の人から見れば時代遅れの男女差別に映るようです。

これはごもっともなことだと思います。
欧米の民主主義国では、20年以上前に終わった課題です。
そんな彼らから見れば、日本はまだこの程度のことが
認められないのかと思っても、当然だと思います。
(欧米の民主主義国での目下の課題は同性結婚です。)

日本で選択的夫婦別姓が認められないことは、
外国メディアでも取り上げられることがあります。
2015年12月の、原告が敗訴となった
最高裁大法廷回付のときも、ジェンダー差別的で
時代遅れだと、人権擁護団体から懸念されるくらいです。

「夫婦別姓禁止・外国で報道」



さらに国連女子差別撤廃委員会から、
選択的夫婦別姓を認めるようにと、
日本は勧告を受けていることにも言及があります。

実際に日本は国連から改善勧告も受けています。
日本ならではの素晴らしいこともたくさん紹介しましたが、
こういった問題点についても番組をきっかけに
考えていただければ」と話したとのことだ。

記事では勧告の回数に触れていないですが
(番組では言った?)、選択的夫婦別姓はすでに4回です。

「民法改正・国連の勧告の歴史」


いつも同じような主旨の勧告を受けます。
毎回なにもしていないくて、夫婦同姓を強制する現行法を
そのままにしていますから、無理もないことです。
最後の女子差別撤廃委員からの勧告は2016年3月です。

「CEDAW日本審査・民法改正」


このようなていたらくには、日本政府や日本社会は、
条約締結国は委員会の勧告にしたがって、
国内状況を改善するという本来の主旨を
理解していないことが大きいと言えます。

日本政府は、国連の審査というのは、
日本の現状をいかにして言いわけするかの場だと
思っているらしいということです。

「国連人権委員会・日本審査(2)」

posted by たんぽぽ at 23:05 | Comment(3) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 池上彰・夫婦同姓の問題点を語る web拍手
この記事へのコメント
ちなみに日本では明治の途中まで、妻は実家の姓を名乗るよう内務省から通達があったそうですが、これは、女性が苗字を替えなくていい権利を守るためではなく、出自を明らかにするためといっていいでしょうか?

(士農工商の身分制度から建前上は四民平等となった明治の世で、例えば、身分の低い女性が身分の高い男性と結婚した場合、妻はあまり身分が高くない出身であることを示してほしいと思う勢力が存在したとか。
あくまで私の推測ですが)



>日本の夫婦同姓の輸入元であるヨーロッパでは、
1970年代から結婚後の苗字の選択の幅を広げていきます。
選択的夫婦別姓を認めるという問題は、欧米の民主主義国では、
20世紀のうちに終わっていると言えます。

>21世紀に入ると、アジアの国でもジェンダー平等的に
家族法が改正され、夫婦同性が強制されていた国でも、
結婚後の苗字の選択の幅が広がり、
夫婦別姓が選択できるようになります。


ちなみに、夫婦別姓かつ子は父親の苗字を名乗るのが当たり前の国の場合、20世紀から21世紀にかけて、夫婦同性も認められたり、子が母親の苗字を名乗ることもできるようにといった、夫婦同性が当たり前の国とは少し違った形で選択の幅が広げられたのでしょうか?
Posted by アイス at 2018年08月03日 22:22
誤・夫婦同性
正・夫婦同姓

失礼しました。
Posted by アイス at 2018年08月03日 23:09
アイスさま、こちらにコメントありがとうございます。

>妻は実家の姓を名乗るよう内務省から通達があったそうですが、

そうなのですよね。
「苗字は出自を表す」というのが、日本政府の公式見解でした。
明治のはじめに近代的な家族制度を整備したときは、
結婚改姓という考えがなかったのだろうと思います。

この「苗字は出自」というのは、儒教の影響を受けた
東アジアの習慣によるものだろうと思います。
東アジアで夫婦別姓の国が多いのは、
「苗字は出自」と考えていたからです。

明治政府が「苗字は出自」という見解を示したとき、
妻の出身身分がわかるようにするためだったかどうかは、
わたしにもなんとも言えないです。
女性が苗字を変えなくていい権利を守るためではない、
ということは、はっきり言えますが。


>夫婦別姓かつ子は父親の苗字を名乗るのが当たり前の国の場合、

そうです。
中国も韓国も婚姻法の改正で、夫婦別姓だけだったものを
夫婦同姓も選択できるようになっています。

また中国も韓国も、かつては子どもの苗字は
父親の苗字と決まっていたものを、
父母のどちらからも選べるようになっています。
https://twitter.com/nana77rey1/status/1008377527163744257

このあたりは、それこそ「国によってジェンダー問題の
事情が異なるから、ジェンダー平等のための施策も
異なってくる」ということになるでしょう。
Posted by たんぽぽ at 2018年08月04日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。