2018年09月23日

mar0006.gif高齢者人口・国際比較から見た日本

9月22日エントリの続き。

今回は国際比較を見てみることにします。
高齢者人口の割合についての総務省の調査です。

「70歳以上が人口の2割超、高齢化率28% 総務省推計」
「人口推計 70歳以上が2割超 高齢者割合、世界で突出」
「70歳以上、初の2割超え 働く高齢者も最多」

「統計トピックスNo.113 統計からみた我が国の高齢者−「敬老の日」にちなんで−」

 
世界各国の総人口に占める65歳以上の割合を見ると、
日本は28.1%で世界第1位です。
2位はイタリアの23.3%、3位は22%以下で並んでいます。
日本は世界でも飛び抜けて高齢者の多い国になります。

高齢者人口の割合(上位10か国)(2018年)

日本で65歳以上の割合が2割を超えたのは2005年です。
よって日本がこのような高齢者大国となったのは、
最近の10年ほどの現象ということになります。

2位のイタリアと4位のドイツは、家族やジェンダーに関して
因襲的な規範が幅を利かせているところです。
それゆえこのような高齢者大国となるのでしょう。

3位はポルトガルですが、南ヨーロッパはおしなべて
ヨーロッパの他の地域より家族やジェンダーに
関して因襲的ですから、それが高齢化をもたらす
要因になっていると思われます。


65-74歳と75歳以上にわけて割合を示した図を見てみます。
日本、イタリア、ドイツの3国だけが「65-74歳<75歳以上」です。

主要国における高齢者人口の割合の比較(2018年)

「65-74歳」と「75歳以上」の比に関しては、
人口構成のほかに、平均寿命の長さもあるだろうと思います。
高齢化社会の進んでいる、日本、イタリア、ドイツは
平均寿命も世界的に見て長いということです。

中国は「75歳以上」の割合は3.7%で、
「65-74歳」の割合7.5%の半分以下です。
中国は平均寿命がまだ短いことが考えられ、
これが高齢者人口の割合を低くしていることが考えられます。


世界各国の高齢者人口の割合の年次推移を見てみます。
このグラフは1950年から始まっていて、
2065年までの将来についての推計も載せてあります。

主要国における高齢者人口の割合の推移(1950〜2065年)

すさまじいのはやはり日本です。
1950年は世界平均とほぼ同程度だったのですが、
1990年代に高齢者人口の割合はどんどん増えて、
諸外国を追い越し、2005年以降トップとなっています。

その後も日本は高齢者人口の割合が世界1位を維持、
「世界一悲惨な国になる」と予想される2050年
もちろん世界1位を維持しています。
こんな図を見ても、日本の高齢化社会の進行ぶりが
急速であることが、よくわかるだろうと思います。


総務省の図には、2050年以降の推計も少しあるのですが、
高齢者人口の割合は鈍化しますが増加していて、
2065年までは世界1位を維持し続けます。


2050年の高齢者人口率と年少人口率を
2次元にプロットした図があります。
日本は高齢者人口率は世界1位であり、
年少人口率は世界最低ではないですが最低水準です。

「2050年の世界の少子高齢化」


高齢者が多く、高齢者福祉の負担に苦しむのに、
労働者人口が少なく、将来を担う子どもも少ないという
「世界一悲惨な国」になる様子が伺えます。

posted by たんぽぽ at 21:43 | Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 高齢者人口・国際比較から見た日本 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。