2018年10月09日

mar0006.gif都道府県別の子どもの人数

9月29日のふたつのエントリの続き。

「子どもの数が37年連続減少」
「各国における子どもの割合」

総務省が発表している子どもの人数の調査です。
今回は都道府県別のデータを見てみたいと思います。

「「こどもの日」にちなんで- (「人口推計」から)都道府県」

 
掲載されているのは、2017年10月1日のデータです。
前回の調査(2016年10月1日)と比べて、
子どもの数が増えているのは東京都だけです。
前年と比べると0.7万人増えています。

都道府県別こどもの数及び割合(平成29年10月1日現在)

都道府県別こどもの割合(平成29年10月1日現在)

東京都は都市部ゆえに保育所が不足するなど、
保育環境が悪く、出生率も全国で最低となっています。
よって東京都の子どもの数が増加したのは、
他県からの流入によると考えられます。

周辺の県は神奈川県(-1.3万人)、千葉県(-0.7万人)、
埼玉県(-0.8万人)と減少幅が大きいところが多いので、
これらの県から東京都へ移動する子どもが多いと思われます。

東京都の子どもの人数の増加は、
2014年は+1.4万人、2015年は+1.5万人、
2016年は+1.2万人で、3年連続で1万人以上でした。
今回の2017年の増加は+0.7万人で1万人を下回り、
増え幅が減ったことになります。

「都道府県別の子どもの割合」


東京以外に子どもの人数が増えた道府県はないです。
沖縄県は2013年は+0.1万人、2014-16年は
1000人以下の四捨五入で増減はゼロでした。
今回の2017年は-0.1万人で、ついに減少に転じたことになります。

福岡県も2013年から16年までのあいだ、
1000人以下の四捨五入で増減はゼロが続いていました。
今回の2017年は-0.2万人で、大きく減少を始めています。


1万人以上子どもが減少したところは、
北海道(-1.2万人)、神奈川(-1.3万人)、大阪(-1.4万人)、
兵庫(-1.0万人)と4府県あります。

2016年の調査で1万人以上子どもが減ったところは、
神奈川と大阪の2府県だけでした。
2015年と2014年は、大阪府だけでした。
減り幅が大きい道府県も増えたことになります。


今後、東京以外で子どもの数が増加する道府県は、
おそらくないだろうと思います。
変動範囲内で、沖縄の子どもの数が増加することは、
もしかしたらあるかもしれないです。

東京で子どもの数が増加するのは
いつまで続くかということもあるでしょう。
また減少数が1万人以上の、減り幅の大きい道府県は
今後どれだけ増えるかということもあるでしょう。

posted by たんぽぽ at 06:15 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 都道府県別の子どもの人数 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。