2018年10月11日

mar0006.gifあのにせ科学批判のかたの党派性

あのにせ科学批判のかたが、こんなことを言っています。
EM菌を批判するのもいいけれど、
同様におしどりマコの批判もしてほしい、だそうです。

ついにここまであからさまなことを
言うようになったかと思います。
なにが「あからさま」だと言いたいのかというと、
「党派性」をあらわにしているところです。

 


「EM菌」というのは、第4次安倍改造内閣で
科学技術担当相として入閣した平井卓也が、
EM菌議連の幹事長を勤めていたことを指します。

「安倍内閣 初入閣・平井科技担当相は「EM菌議連」幹事長」
(はてなブックマーク)

初入閣の平井卓也・科学技術担当相は3日の記者会見で、
科学的裏付けのない有用微生物群(EM菌)の利用を目指す超党派の
「有用微生物利活用推進議員連盟」幹事長を務めていると明らかにし、
「EM菌を使っている方がたくさんいるので
幹事長を引き受けた。中身はよく知らない」と釈明した。

「EM(有用微生物群)」は、水域に投入することで、
汚染された水質が浄化されると言われています。
実際にはEMが水質を浄化させる科学的根拠はなく、
むしろ環境負荷を高めることさえあります。

「なぜEM(EM菌)はインチキでニセ科学と言われるのか」
(はてなブックマーク)
「EMなどのニセ科学とどう向き合うか」
(はてなブックマーク)

科学技術担当大臣が、こんな「にせ科学」推進議連の
幹事長をしているというのは、とんでもないことです。


「おしどりマコ」というのは、立憲民主党が2019年の
参院選の比例区におしどりマコ氏を
公認候補に擁立したことを指しています。
吉本の芸人にしてジャーナリストのかたです。

「立憲、参院選候補者4人を公認 現職の川田氏ら」
(はてなブックマーク)

立憲民主党は29日、持ち回りの常任幹事会で、
来年夏の参院選比例区に現職の川田龍平氏(42)と、
原発取材を続けるジャーナリスト兼芸人で新顔のおしどりマコ氏(43)、
女性支援団体共同代表で新顔の佐藤香氏(50)の公認を決めた。
また、参院選埼玉選挙区(改選数4)に
さいたま市議で新顔の熊谷裕人氏(56)の公認も決めた。

おしどりマコ氏は放射線や原子力関係で
「とんでも」な主張を展開し続けてきた、筋金入りのかたです。
立憲民主党もとんでもない人物を公認したと思います。
(おしどりマコ氏をよく知っているかたのあいだでは、
すでに衝撃が走っているようです。)

「正しい放射能情報を【見つけるため】のサイト 報道:おしどりマコ」


最初のにせ科学批判のかたの言いたいことですが、
自分もさんざん批判してきたにせ科学を、安倍政権の閣僚が
信奉していることが、おもしろくないのでしょう。
それでも平井卓也がEM菌議連の幹事長という事実は、
擁護のしようがないと思ったものと思います。

そこへちょうど立憲民主党の公認候補に
「にせ科学づけ」の人がいるというので、
あのにせ科学批判のかたは、批判の矛先を与党・安倍政権から
野党・立憲民主党に振り向けようというのだと思います。


あのにせ科学批判のかたは、以前から自民党・安倍政権に
擦り寄っているので、批判されるのが不愉快なのでしょう。
そして安倍政権に敵対的な勢力、とくに野党・立憲民主党は
遠慮なく叩く、というか積極的に叩きたいのでしょう。
それで「安倍政権より立憲民主党を叩け」です。

わかりやすいまでの「党派性」「イデオロギー」だと思います。
「こっちじゃなくてあっちを叩け」とはっきり言うなんて、
よくよくの党派性に凝り固まった人でも、
なかなかしないのではないかと思います。

kikumaco(10/29ベアーズ)さんのツイート: "EMが叩かれるのはいいんだけど、同じくらいの勢いでおしどりマコも叩いていただきたい"

EM菌大臣は別に自分ら興味ないけど、ともかく野党候補に少しでも叩ける要素を見つけたら政府よりそっちに集中しろ…というわかり易い党派性。普通は重大性として全く逆だろうけど。

2018/10/05 20:19

菊池誠氏に党派性やイデオロギーがあることくらい、
ずいぶん前からわかっていることだと言えます。
それでもこれくらいあからさまな言いかたをするのは、
さすがに珍しいかもしれないです。

これでも菊池誠氏や菊池誠氏を信頼している
まわりにいる人たちは「にせ科学批判者に党派性はない」とか、
「にせ科学批判はイデオロギーフリー」とか、
「きれいごと」をうそぶくのだろうかと思います。

posted by たんぽぽ at 23:33 | Comment(0) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - あのにせ科学批判のかたの党派性 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。