2018年11月03日

mar0006.gifまたにせ科学批判の右傾化問題(3)

11月2日エントリの続き。

にせ科学批判がネトウヨと関連づけられて見られる
問題についての匿名記事ですが、にせ科学批判に
かかわっているかたで、記事の指摘を真摯に
受け止めたかたもいることはいます。

「ニセ科学批判とネトウヨが結び付けられるようになったことについて」
(はてなブックマーク)

 

これらはツイートの文言から察することもできますが、
かねてから匿名記事と同じような問題意識を抱いていて、
匿名記事を読んであらためてそれを確認した、
という感じのかたたちだろうと思います。
匿名記事で自分のことを言われたとは、
たぶん思っていないのではないかと想像します。

自分の位置付けが匿名記事の中でどうなっているか、
気になるかたもいらっしゃります。
匿名記事を書いたかたも、批判対象のにせ科学批判の人の中には
入れていないだろうと、わたしは想像します。



匿名記事が批判対象として念頭に置いている
にせ科学批判の人、とくに右寄りの人や右側に親和性の
ある人たちで、現在自分がおちいっている問題点に
気付かされたとして、自分をかえりみた人は、
11月2日エントリでお話したようにいないようです。

「またにせ科学批判の右傾化問題」

このような「自分をかえりみる」というのは、
公開の場ではっきりとは言いにくいことではあります。
それゆえ自身を見直しあらためようとしているけれど、
公開ではなにも言っていないかたも、いるのかもしれないです。

それでも匿名記事の批判対象に該当する
にせ科学批判のかたで、記事の指摘を真摯に受け止めて
みずからをかえりみた人は、はっきりと確認できるかたちでは
どこにも見当たらないようです。


「聞く耳を持つ人は、聞く必要がない人」
「聞く必要がある人は、聞く耳を持たない人」という、
一般則はここでも成り立っているようです。

posted by たんぽぽ at 22:53 | Comment(0) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - またにせ科学批判の右傾化問題(3) web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。