2019年06月13日

mar0006.gif慰安婦問題を語るエントリ

わたしは最近、こちらでコメントしています。
見ればわかりますが、たまごどんがコメント欄で、
慰安婦問題について語るエントリです。

「なぜたまごどんはネトウヨと呼ばれるリスクを背負って慰安婦問題に首を突っ込んでいったのか」

 
ここはジャジーさんの隔離場所にしたいし、
たまごどんがなぜにこの問題に首を突っ込んでいったのか
という語りの場にもしたい。

まあ、こういうのは立ち上げてから
流れに身を任せるってもんだろう。
何なりとお聞きください。

「何なりとお聞きください」とあるので、
読者からの質問も、コメント欄で受けるということです。
ようは「たまごどんにインタビューして、
お答えを聞かせてもらう」ということでしょう。

それでたまごどんが慰安婦問題に関心を
持つようになった経緯その他について、
わたしはコメント欄でお尋ねしているわけです。

「慰安婦問題について議論できるほど
くわしくないが、たまごどんがなぜ
慰安婦問題についてそう考えるように
なったかを知りたい」というかたは、
この機会にコメント欄で質問なさるとよい思います。


このエントリはあの「ジャジー」
対話するためでもあったようです。
その「ジャジー」がほとんどコメントを
しなかったので、たまごどんが慰安婦問題に
関わるようになったことについて、
ほとんど語らずに終わっています。

「慰安婦問題に関わった経緯を語る予定だったらしい」

「ジャジーがコメントしなくても、
独りごとになってもいいから、たまごどんは
語ればいいのに」と、わたしは思っていました。



そうしたらミクシーでたまごどんから
「質問があるならどうぞ」という主旨の
お返事をいただいていました。

ブログ休止中はもちろん、
更新を再開してからも、わたしはずっと
ミクシーにログインしていませんでした。
それでたまごどんからお返事が
来ていることに、気がつかずにいました。

6月になって復帰後はじめて
ミクシーにログインしました。
そのときようやくたまごどんからの
返事を確認したしだいです。

それで、いまからでも質問をうけたまわる
というのならと、わたしはコメントで
いろいろとお尋ねすることにしたしだいです。

posted by たんぽぽ at 06:21 | Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 慰安婦問題を語るエントリ web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]